アルバム感想『THE JSB LEGACY』/ 三代目J Soul Brothers

THE JSB LEGACY(CD+DVD2枚組)(初回生産限定盤)
『THE JSB LEGACY』/ 三代目J Soul Brothers
2016.3.31
★★★★★★★★☆☆

01. Feel So Alive ★★★★★★★★★☆
02. STORM RIDERS feat.SLASH ★★★★★★★★☆☆
03. Summer Madness feat.Afrojack ★★★★★★★★★★
04. Share The Love ★★★★★★★★★★
05. BREAK OF DAWN ★★★★★★★☆☆☆
06. Unfair World ★★★★★★★★☆☆
07. Dream Girl ★★★★★★★★☆☆
08. Over & Over ★★★★★★★★☆☆
09. Beautiful Life ★★★★★★★☆☆☆
10. starting over ★★★★★★☆☆☆☆
11. J.S.B. DREAM ★★★★★★★★☆☆
12. Born in the EXILE ★★★★★★☆☆☆☆
13. 銀河鉄道999 (三代目 J Soul Brothers Ver.) ★★★★★☆☆☆☆☆

 

 

 約1年2ヵ月ぶりとなる6thアルバム。
 三代目JSBの決定盤ともいうべきアルバムで、EXILE的に言えば「三代目JSB ENTERTAINMENT」とも表現できる内容。それをわざわざ「LEGACY」(遺産、受け継いだもの)なんつー大仰なフレーズを宛がっちゃうんですからね。なんちゃら大賞の買収然り、ここのプロジェクトは考えることがいちいちぶっ飛んでます。

 

 倉夫妻が制作に携わった 水を得た魚の如く溌溂としたヒップホップナンバー『Feel So Alive』、わざわざ元Guns N’RosesのSLASHをフィーチャーした意味や意義があまり感じられないもののヒリヒリしたギターはカッコいい MADMAX意識バリバリの『STORM RIDERS feat.SLASH』、夏の煌きを纏ったクールで儚げなトラックと上昇気流を体現した的なEDMサウンドがくそカッコいい超傑作『Summer Madness feat.Afrojack』、いわゆるエグキャッチーとはまた違ったポップでファニーなダンスナンバー『Share The Love』、どこか近未来的で中二病感が窺えるアップナンバー『BREAK OF DAWN』と、当時の彼らの飛ぶ鳥落とす勢いを象徴するかのように 序盤からかっ飛ばしてます。得意分野により一層の磨きをかけたものや今まで着手してなかった類のもの、予定調和のものと。

 

 音数を絞ってのアプローチが絡み合う男と女の二人だけの封絶感を演出する艶っぽいR&B『Dream Girl』、THE夜もヒッパレのステージで白のタキシードを纏って歌い踊る姿を何故か想像してしまう チャーミー今市ソロの華やかなポップナンバー『Over & Over』、冒頭の「違くて」を耳にすれば日本語崩壊の音がする 足取り軽やかなフレンドシップソング『Beautiful Life』といった 男の熱いインサイドを覗かせる後半の楽曲もいいし、『Unfair World』『starting over』『Born in the EXILE』といったバラード群も、前作のクソつまんなかったバラード曲達と比べればまあまあな感じだし、STYプロデュースのエッジーなダンスナンバー『J.S.B. DREAM』も安心安定の仕上がり。

 

 楽曲の質といい アルバムを始終楽しんで聴けるテンションの緩急具合といい、本当によく出来たアルバムだなという感じがしますが、ぶっちゃけ飽きやすいっすね。前述通りバラードは悪くないけど まだまだ改善の余地があるというか正直ここに関してはまだまだ振れ幅が狭いし、ここが変わるだけで全体の印象もより良くなる気がするんだけど。ただ曲数を3曲に絞ったのはいい判断。あと銀河鉄道カバーはいらんわ。そんな何遍もLDH内でカバーせんで よかとって。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です