アルバム感想『Recreation 2』 / Acid Black Cherry

Recreation 2(DVD付)(ジャケットA)
『Recreation 2』 / Acid Black Cherry
2010.6.30
★★★★★★☆☆☆☆

01. 天使のウィンク(松田聖子) ★★★★★★☆☆☆☆
02. ジュリアに傷心(チェッカーズ) ★★★★★★★★☆☆
03. 会いたい(沢田知可子) ★★★★★★★★☆☆
04. セーラー服と機関銃(薬師丸ひろ子) ★★★★★☆☆☆☆☆
05. ラヴ・イズ・オーヴァー(欧陽菲菲) ★★★★★★☆☆☆☆
06. ハーシー(Fish&Chips) ★★★★★★★★★★
07. かもめが翔んだ日(渡辺真知子) ★★★★★★★★★☆
08. シルエット・ロマンス(大橋純子) ★★★★★★☆☆☆☆
09. GLAMOROUS SKY(中島美嘉) ★★★★★★★☆☆☆
10. 愛のバカ!(京極) ★★★★★☆☆☆☆☆
11. 大都会(クリスタルキング) ★★★★★★★☆☆☆
12. ラストダンスは私に(越路吹雪) ★★★★★★☆☆☆☆

 

 

 カバーアルバム第二弾。

 今回も昭和のヒット曲が多めに選曲されてますが、『ハーシー』『愛のバカ!』といった知る人ぞ知るバンドの楽曲や、HYDEが中島美嘉に提供した『GLAMOROUS SKY』が収録されていたりして、昭和歌謡とか懐メロとかそういう選曲の縛りがなくなったっぽい。その影響もあり、全体的に昭和っぽさが薄れてます。っていうか もはや まとまりがなくなってるし、そもそも一曲一曲の仕上がりがどうも微妙。『GLAMOROUS SKY』とか悪かないけど妙に爽やかだし。コレってこんなに陽性オーラの強い曲だったっけ?メタリックなアプローチで原曲よりもゴリゴリに仕上げたほうが絶対カッコいいのに。

 

 今回のハイライトはなんといっても『かもめが翔んだ日』でしょ。私の中では柳沢慎吾でお馴染みの曲なんですけど まあそれはさておき、アシッド軍団の我が強く出たハードロックなプレーがより一層の飛翔感を引き出していて単純に気持ちがいいし、歌謡感を孕んだyasuのボーカルが実に艶やか。

 『会いたい』もいいっすね。特別そんな気に入ってる曲ってわけでもないけど、原曲に寄り添ったアプローチで臨んだ いい意味で予想通りの仕上がり。保徳の歌声が濡れております。別にエロいとか感じちゃってるとかって意味ではないけども。

 

 そして『ハーシー』。無論、HERSHEY’S CHOCOLATEとは何の関係もありません。あのチョコはゲロ以下のナンチャラが鼻にきて ぶっちゃけ くっそまずいんだけど、このカバーはいいっすよ。従来のアシッドの楽曲ではまず耳にすることがないマーガレット風情のキュートなミドルポップス。色気だの濡れるだの色々言ってましたけど、ここのyasuのボーカルに関しては「萌え」です。萌えよドラゴン!みたいな。ちなみに私は原曲聴いたことないし、そもそもFish&Chipsってアーティストが全然わかんないっす。

 

 てな感じで、好きなカバーはあるっちゃあるんですけどね。DAIGOとコラボった『大都会』とか。やっぱりアルバムとして出すんであればコンセプトというか まとまりがあったほうがいいと思うのよ。懐メロ、知る人ぞ知る曲、どちらか一方でまとめるとか。それか、いっそのこと 時間軸もジャンルもバラッバラで仕上がりにある程度統一感を持たせるか。そんな感じで、これはあんまり嵌まれませんでした。

 

スポンサーリンク




アルバム感想『Recreation 2』 / Acid Black Cherry」への1件のフィードバック

  1. ryoma

    セーラー服と機関銃は曲そのものがあんまり好きじゃないんでイマイチです。
    今作の聴きどころは、ハーシー→かもめが翔んだ日のギャップの差じゃないかなと。
    ちづるさんの評価は高くないですが、シルエット・ロマンスも前曲との落差含め個人的には好きです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です