アルバム感想『LOVE ENHANCED single collection』/ 安室奈美恵

LOVE ENHANCED - single collection
『LOVE ENHANCED single collection』/ 安室奈美恵
2002.3.13
★★★★★★★★★☆

01.Say the word (※) ★★★★★★★★★☆
02.RESPECT the POWER of LOVE (◇) ★★★★★★★★☆☆
03.NEVER END (◎) ★★★★★★★★★☆
04.LOVE 2000 (◇) ★★★★★★★★☆☆
05.PLEASE SMILE AGAIN (◇) ★★★★★★★★★☆
06.think of me (◎) ★★★★★★★★☆☆
07.SOMETHING ‘BOUT THE KISS (◎) ★★★★★★★★☆☆
08.lovin’ it (安室奈美恵&VERBAL) ★★★★★★★★☆☆
09.I HAVE NEVER SEEN (※) ★★★★★★★★★☆
10.HimAWArI (◎) ★★★★★★★★☆☆
11.no more tears (◇) ★★★★★★★★☆☆
12.I WILL (◇) ★★★★★★★★☆☆

※→new arrangement
◇→new mix
◎→new vocal

 

 


 

 結果的には 出産以降~離婚手前の活動を総括するカタチになった、2枚目のベスト盤。『lovin’ it』以外の収録曲すべてにおいて 歌い直しやリアレンジ、新たなミックスのいずれかが施されているのがポイント。

 

 新たに手を加えたことによって、原型より良くなったもの、原型とは異なる魅力を引き出したもの、中には大して変化していないものもあります。でも、あからさまに劣化していたり 苦手意識を覚えるようになったものはなかったですね。

 

 リアレンジされているのが、Jeanette Debbのカバーである『Say the word』と復帰シングル『I HAVE NEVER SEEN』

 前者は原型よりも音がソリッドになっていて、特に間奏がかなり変わってます。カッコいいけど、私的には断然原型のほうが好みなんで「余計なことしやがって」って感じ。原型テイクなら★×10…っていうか、本作でいちばん好きな曲なんですけど。

 後者は アンニュイなボーカルと、幻想性を新たに纏い ドリーミーな聴き心地を獲得したアレンジによって、大きな変貌を遂げていて超くりびつてんぎょう。これはいいですね。単に仕上がりが上々なだけでなく、原型との優劣づけを促さない、別物として聴けるという意味でも良いリアレンジ。

 

 歌い直しモノだと、意外にもインターバルが1年ほどしか開いてない『think of me』『HimAWArI』が特に大きく変わってます。なんというか、本当の意味での「歌い直し(やり直し)」に挑んだって感じがします。歌唱力アップと心の余裕・落ち着きが窺える仕上がり。

 

 原型からの変化を楽しむのもアリだし、安室ちゃんのディスコグラフィーをサクッと押さえておきたいという人が聴いてもなんら問題ありません。過渡期のベストだからって 1枚目と3枚目のベストより質が落ちてるってわけじゃないし、そんなマニアックなことをやってるってわけでもないですからね。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です