アルバム感想『GENIUS 2000』/ 安室奈美恵

GENIUS 2000
『GENIUS 2000』/ 安室奈美恵
2000.1.26
★★★★★★★★☆☆

01. Make the connection complete
02. LOVE 2000 ★★★★★★★★☆☆
03. RESPECT the POWER of LOVE ★★★★★★★★☆☆
04. LEAVIN’ for LAS VEGAS ★★★★★★★★☆☆
05. SOMETHING ‘BOUT THE KISS ★★★★★★★★☆☆
06. I HAVE NEVER SEEN ★★★★★★★★☆☆
07. STILL IN LOVE ★★★★★★★★☆☆
08. MI CORAZON(TE’AMOUR) ★★★★★★★☆☆☆
09. YOU ARE THE ONE featuring IMAJIN ★★★★★★★★★★
10. KISS-AND-RIDE ★★★★★★★★☆☆
11. THINGS I COLLECTED ★★★★★★★★★☆
12. NEXT TO YOU ★★★★★★★★★☆
13. ASKING WHY ★★★★★★★★★☆
14. GIVE IT A TRY ★★★★★★★★☆☆
15. LOG OFF

 

 


 

 オリジナルとしては結婚&出産後初のリリースとなる4thアルバム。

 TLCの楽曲でお馴染みのダラス・オースティンと小室先生が共同プロデュースしたシングル『SOMETHING ‘BOUT THE KISS』に続き、こちらもその二人の共同プロデュースによる作品です。配分としては小室先生提供ナンバーのほうがやや多めではありますが、アルバムの中核を担っているのはダラス提供ナンバーのほうで、これまでの安室ちゃんのアルバムとは趣が異なる アダルティな魅力を打ち出すR&Bナンバーを中心としたラインナップになっておりば。

 


 

 安室ちゃんのローヴォイスが新鮮かつクールすぎて超カッケえ ミルク砂糖なしのブラックなR&Bナンバー『LEAVIN’ for LAS VEGAS』、デキるキャリアウーマンが時折覗かせる茶目っ気的 軽快なミドルアップ『STILL IN LOVE』、『SWEET 19 BLUES』を通過して遂に安室ちゃんが女になったことを実証した アンニュイな魅力を放つミドルR&B『SOMETHING ‘BOUT THE KISS』、これまた安室ちゃんのクールな側面がクローズアップされた 超傑作ともいうべきアーバンライクなダンスナンバー『NEXT TO YOU』と、ダラス提供の楽曲はいずれも強力で、安室ちゃんの新たな魅力を引き出すことにも成功しています。

 



 

 一方小室先生サイドの楽曲は、スリリングなダンスナンバー『LOVE 2000』、”POWER OF LOVE”は安室ちゃんを救った的感涙モノの一曲『RESPECT the POWER of LOVE』、至る所で小室っぽさが散乱している妖艶ミドルナンバー『I HAVE NEVER SEEN』、ラテンフレーバーを塗した歌謡ダンスナンバー『MI CORAZON(TE’AMOUR)』、気だるい歌唱とエフェクトとの相乗効果で心地よい微睡み感を演出している『KISS-AND-RIDE』、小室必殺のメロディに悶絶しまくれるミドルスロー『ASKING WHY』、安眠ソング『GIVE IT A TRY』と、お馴染みの小室節が炸裂していながらもR&B側に歩み寄った楽曲を多々振舞っていて、こちらもなかなかの出来。

 

 あと、改めて過去作を順番通りに聴いて思ったけど、前作『Concentration 20』から今作にかけて より一層 歌上手くなってますね。切なさと優しさが込められた歌唱が魅力の ダラス提供バラード『THINGS I COLLECTED』とか、安室ちゃんの強さと優しさを兼備した歌唱とハートフルで厚みのあるコーラスでさらに深みを増した『YOU ARE THE ONE featuring IMAJIN』でそれがハッキリと窺えます。

 

 大人の女になった安室ちゃんの魅力が早くも表出しはじめた名盤であります。小室先生の楽曲もいいけど、わたしはダラス提供の楽曲をもっと聴いてみたいなと思った。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です