アルバム感想『Are You Happy?(通常盤)』/ 嵐

Are You Happy?(通常盤)
『Are You Happy?(通常盤)』/ 嵐
2016.10.26
★★★★★★★★★☆

01. DRIVE ★★★★★★★★★☆
02. I seek ★★★★★★★★☆☆
03. Ups and Downs ★★★★★★★★★☆
04. 青春ブギ ★★★★★★★★★☆
05. Sunshine ★★★★★★★★☆☆
06. 復活LOVE ★★★★★★★★☆☆
07. Amore ★★★★★★★★★☆
08. Bad boy ★★★★★★★★★☆
09. WONDER-LOVE ★★★★★★★☆☆☆
10. また今日と同じ明日が来る ★★★★★★★★☆☆
11. Daylight ★★★★★★★☆☆☆
12. 愛を叫べ ★★★★★★★★☆☆
13. Baby blue ★★★★★★★★☆☆
14. Miles away ★★★★★★★☆☆☆
15. To my homies ★★★★★★★☆☆☆
16. Don’t You Get It ★★★★★★★★☆☆
17. TWO TO TANGO (Bonus Track) ★★★★★★★☆☆☆

 

 

 約1年ぶりとなる15thアルバム。
 前2作のような明確なコンセプトは設けられてませんが、嵐お得意のディスコやファンクをはじめ、豪華布陣を据えてトレンドからレトロからスタンダードまで様々なタイプのダンスミュージック・ブラックミュージックをやってます。また今作では、すっかりお馴染みである5人のソロ曲に加えて、それぞれが楽曲を監修するという新たな試みに着手しており、それもまた本作の注目ポイントかなと。

 

 まず、冒頭3曲のディスコ・ファンクナンバーがいきなりハイライトといってもいいくらいにカッコよすぎ。

 オープニングの『DRIVE』はアーバンな香り漂うファンクナンバーで、それこそイントロからドキ胸ワクワクに駆られること必至。そしてこれが前述のメンバー監修ナンバーで、マツジュンが担当しているそうな。いわゆるコテコテのジャニーズポップスに着地させずオシャレに仕上げてきたトコがよかったし、それが過去作『How’s it, going?』との違い。やるぜMJ。

 生音をふんだんに取り込んだディスコティックアップ『I seek』、途中でビッグバンド風に転じる変化球的な展開が面白いファンクナンバー『Ups and Downs』も最高っす。このノリたまらん…!

 

 んで5人のソロ楽曲。
 サクラップソロの『Sunshine』はタイトルが示すその通りの明るく爽快なアップナンバー。生演奏が織りなす躍動感も相俟って聴いてて気持ちが良い一曲。

 アイバちゃんソロ『Amore』はサンバのリズムを敷いた80sアイドル歌謡。前々作『Disco Star』→前作『Mr.FUNK』と来て今回はアモーレ!タイトルがもう既に強烈なインパクトを放ってますが、それに相応しいアイバちゃんならではのキャラクター性を有したゴキゲンでチャーミングな伝統のジャニーズ歌謡に仕上がっておりば。はあアイバちゃんくっそ萌え。

 大野ソロ『Bad boy』はまさかのバキバキEDMナンバー。日本にEDMが定着して久しいですが、このタイミングでそれをやるのかと。まんまBIGBANGって感じの楽曲ですが、『THE DIGITALIAN』のどの収録曲よりもデジタルアプローチが強力で、しっかりデジタルとヒューマンの融合が図れていることもあり、これは文句なしにカッコいい仕上がり。

 二宮ソロ『また今日と同じ明日が来る』はザ・2010年代って感じがする、閉鎖空間から開放へと向かうイメージのエレクトロポップ。もっとざっくり言うとボカロっぽい曲。衝動に駆られて想いを吐き出すかの如くメロディに言葉を詰め込みまくる手口とかまさにボカロ系って感じで。彼のボーカルも曲に嵌まってるし これもまたキャラ立ちしていて面白い曲だし、今回の二宮ソロはなかなか良いです。

 マツジュンソロ『Baby blue』はリゾート感溢れるグルーヴィーなポップス。サクラップソロもだけど、アルバムタイトルに対して素直に「Yes.」と答えるような楽曲ですな。程よく肩の力が抜けたマツジュンのボーカルが楽曲の雰囲気に違和感なく溶け込んでいて心地よい響き。

 

 そして、今回新たに導入されたメンバー監修ナンバー。マツジュン監修曲『DRIVE』は先ほど触れたので割愛。

 アイバちゃん監修の『青春ブギ』はこれまた80sアイドル歌謡で、こっちはなんだかスポ根っぽい雰囲気が。冒頭3曲のスタイリッシュな洗練ぶりからのこの曲というズッコケ必至の展開に持ってっちゃうトコがやっぱりアイバちゃん。間奏では「ソイヤッ!」なんて掛け声が入ってるし。一世風靡セピアかっていう。ソロ曲と併せてアイバちゃん独自のキャラクター性が惜しげもなく発揮された楽曲であります。

 二宮監修の『WONDER-LOVE』はエレクトロコーティングされたフューチャリスティックなR&Bナンバー。大野ソロに続きコレもまた『THE DIGITALIAN』収録曲以上にガッツリとデジタルアプローチが施されていて、クールでカッコいい仕上がり。めっちゃいいじゃん!『THE DIGITALIAN』でもこれくらいアレンジ頑張ってくれたらよかったのに。

 大野監修の『Miles away』は果てしない道を歩む的なしっとり壮大バラード。いつもとは異なるこの曲の歌割を考えたのが彼だそうで、5人のボーカルに焦点をあてているのがポイント。サクラップやアイバちゃんのフェイクとか響きが新鮮。嵐では珍しく「歌」で勝負に挑んできた楽曲であります。こう言っちゃアレだけど案外いい曲。

 そしてサクラップ監修の『To my homies』では久々にガッツリとヒップホップに着手してます。韻シストによる演奏が生み出すゆったりとしたグルーヴとメンバーのソフトなボーカル+ラップが心地よい温かみのあるナンバーですね。

 

 その他、山下達郎、竹内まりや夫妻提供の煌びやかなブラックコンテンポラリー『復活LOVE』、本作ではイレギュラーにあたる普通のJ-POPなミドルナンバー『Daylight』、賑やかな中にも仄かな切なさが含有されている極上のポップナンバー『愛を叫べ』、冒頭3曲と同様にイカしてるゴージャスなディスコナンバー『Don’t You Get It』、何故ラストやねんと言いたくなる タンゴ+ヒップホップをミュージカルタッチに仕上げた妖しげナンバー『TWO TO TANGO』と、全17曲ボリューミーながら いらない子など何処にも存在しない贅沢なラインナップであります。

 多数の楽曲で腕利きのミュージシャンをバックに据えたり、メンバーのこだわりや趣味嗜好が各曲にしっかり反映されていたりと、ひとえにポップなアルバムと片づけられない、近年の嵐のオリアルの中でもコレはかなりの力作。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です