アルバム感想『All the BEST! 1999-2009』 / 嵐

All the BEST! 1999-2009(通常盤)(CD2枚組)
『All the BEST! 1999-2009』 / 嵐
2009.8.19
★★★★★★★★★★

[DISC-1]
01. A・RA・SHI ★★★★★★★★★★
02. SUNRISE日本 ★★★★★★★☆☆☆
03. HORIZON ★★★★★★★☆☆☆
04. 台風ジェネレーション -Typhoon Generation- ★★★★★☆☆☆☆☆
05. 感謝カンゲキ雨嵐 ★★★★★★★☆☆☆
06. 君のために僕がいる ★★★★★★★★☆☆
07. 時代 ★★★★★★★★★★
08. a Day in Our Life ★★★★★★★★★★
09. ナイスな心意気 ★★★★☆☆☆☆☆☆
10. PIKA☆NCHI ★★★★★★★★★★
11. とまどいながら ★★★★★★★★★☆
12. ハダシの未来 ★★★★★★★★☆☆
13. 言葉より大切なもの ★★★★★★★☆☆☆
14. PIKA☆☆NCHI DOUBLE ★★★★★★★★☆☆
15. 瞳の中のGalaxy ★★★★★★★★★☆
16. Hero ★★★★★★★☆☆☆

[DISC-2]
01. サクラ咲ケ ★★★★★★★★★☆
02. WISH ★★★★★★☆☆☆☆
03. きっと大丈夫 ★★★★★★★★★★
04. アオゾラペダル ★★★★★★★★★☆
05. Love so sweet ★★★★★★★☆☆☆
06. We can make it! ★★★★★★★★★☆
07. Happiness ★★★★★★★★★☆
08. Step and Go ★★★★★★★★★☆
09. One Love ★★★★★★★★★★
10. truth ★★★★★★★★☆☆
11. 風の向こうへ ★★★★★★★☆☆☆
12. Beautiful days ★★★★★★★★★☆
13. Believe ★★★★★★★☆☆☆
14. 明日の記憶 ★★★★★☆☆☆☆☆
15. Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~ ★★★★★★★★★★
16. 5×10 ★★★★★★★★☆☆

 

 

 デビュー曲から2009年5月までにリリースされた全シングル曲(A面曲)を網羅したベスト盤。嵐の楽曲をちゃんと聴いたことがないという人は、オリアルを聴く前にこっちを聴いたほうがいいでしょう。どのオリアルにも収録されてない曲も結構ありますからね。

 

 嵐のバイブルともいうべき 元気ハツラツ怪力エッジーなアップナンバー『A・RA・SHI』、ただのなんちゃってディスコ『SUNRISE日本』、チャラチャラカッコつけアイドルポップス『HORIZON』、中川…いや量産型ジャニーズJr.系アイドルポップス『君のために僕がいる』、粋がり系ロッキッシュナンバー『時代』、サクラップと大野と時々マツジュンなHIP-POPナンバー『a Day in Our Life』、嵐随一の黒歴史ソング『ナイスな心意気』、サクラップが不良になっちまっただ!的やさぐれミクスチャー『PIKA☆NCHI』、タキツバの『カッコつかないTonight』とAKBの『僕の太陽』を足して割ったみたいというか、この2曲に分解される前がこの曲だった的なイメージの『ハダシの未来』、清々しくも刹那的な青春まさかりアップ『PIKA☆☆NCHI DOUBLE』、ふつくしき星空ミドルバラード『瞳の中のGalaxy』、大きな玉ねぎの下で黄色いシャツ着て歌ってるイメージしか湧かない典型的な優等生アイドルポップス『Hero』、ほんの数秒だけ咲き乱れるゴリラップが美しく儚い桜のイメージとリンクする疾走ポップロック『サクラ咲ケ』、5thアルバム『One』のイメージを継承したダッサいアイドルポップス『WISH』、嵐の代名詞ともいうべき 快活とっぽいディスコティックナンバー『きっと大丈夫』、素朴な青春まさかりミドル『アオゾラペダル』、何年か前にGLAYがカバーしてた『Love so sweet』、Agnes Carlssonの『Love is all around』をワンダイレクションっぽくカバーした 開放的ダンスポップ『We can make it!』、上昇気流に乗ってる真っ只中的モータウン調アップ『Happiness』、嵐の代名詞的ポップソングにして AKBよりも先にWeb限定盤の販売に着手したシングル曲『Step and Go』、天使すぎる1000年ちゃんを思えば100年先の愛ちゃんなんざどうってこたあねえ的ウェディングソングっぽい曲『One Love』、大麻智の大野3P事件を思い出すほかないシリアスアップ『truth』、トレンディドラマの主題歌風情の綺麗で切ないメロ&アレンジがキラリな佳曲『Beautiful days』、アップテンポの曲『Believe』、スローテンポの曲『明日の記憶』、ヒートアップ感を演出するトラックとカッコつけな歌唱はカッコいいのに 女に翻弄されてる様を描写した歌詞が情けない『Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~』、当方あらしっくじゃないから特に感動とかはしないけど普通にいい曲な『5×10』など、名曲、佳曲、どうでもいい曲、苦手な曲、いろいろあります。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です