アルバム感想『(miss)understood』/ 浜崎あゆみ

(miss)understood
『(miss)understood』/ 浜崎あゆみ
2006.1.1
★★★★★★★☆☆☆

01. Bold & Delicious ★★★★★★★★☆☆
02. STEP you ★★★★★★★★☆☆
03. Ladies Night ★★★★★★★★☆☆
04. is this LOVE? ★★★★★★★★☆☆
05. (miss)understood ★★★★★★☆☆☆☆
06. alterna ★★★★★☆☆☆☆☆
07. In The Corner ★★★★★★★☆☆☆
08. tasking ★★★★★☆☆☆☆☆
09. criminal ★★★★★★☆☆☆☆
10. Pride ★★★★★★★☆☆☆
11. Will ★★★★★★★☆☆☆
12. HEAVEN ★★★★★★★★☆☆
13. Are You Wake Up? ★★★★★★★★★☆
14. fairyland ★★★★★★★★☆☆
15. Beautiful Day ★★★★★★★★★☆
16. rainy day ★★★★★★★★★★

 

 

 ケバさ爆発なジャケ写が衝撃的すぎる7thアルバム。
 恒例の年末年始リリース作品ではありますが、マンネリ回避を意識したのか 胸の隅にあった冒険心に火がついたのか、これまでのエイベクシャルなPOPS/ROCK集的なスタイルの脱却を試みているのが如実に窺えるアルバム。『Bold & Delicious』『Pride』など、ドイツ出身の音楽ユニット・sweetboxのコンポーザー・GEO氏が手掛けた楽曲が多数収録されてるのが大きく影響してるっぽい。

 

 

 大まかな全体の印象は、大仰・ド派手・豪華絢爛に傾倒しない 緩急や起伏のあるミュージカルのようなイメージ。

 収録曲の大半で「絶望や虚無感に苛まれ 葛藤や自問自答を繰り返した末に 開き直って明日への活路を見出す」ってな感じのことを歌っているのですが、アルバム全体の流れもコンセプチュアルなストーリー性こそないものの「”闇”→”微かな光”」「”鬱”→”穏”」と雰囲気の遷移が描写されており、各曲で伝えようとしていることとリンクしているのが上手いなと思った。陰鬱ロッカバラード『(miss)understood』『criminal』は篭ったサウンドプロダクションが歌詞の内容とリンクしていたりと、曲単位でも上手いアプローチを…って、これは意図的にこういう音を鳴らしてるってことでいいのよね?

 

 にしても、最終的に希望の道を示唆しながらも、その過程を鬱まみれなフレーズぶちまけて鬱陶しいくらいに描写したり、前進する切っ掛けが結局「開き直り」だったり、アルバムや楽曲の作風に変化があろうとも 根本は相変わらずディス・イズ・ザ・アユミハマサキって感じで、やっぱりこの人はノンフィクション作家なんだなってことを改めて実感した次第。人生や人柄が笑っちゃうくらい常に作品とリンクしてるっていう。

 

 てなわけで、アルバム全体としては曲数の多さやバラード4連チャン(『criminal』『HEAVEN』)が足枷に感じないくらい ドラマ性を有した流れが良いなとは思うんですけど、かと言って特別 繰り返し嗜みたくなる求心力があるわけでもないんで、満足度は特別高いわけでもなけりゃ低いわけでもなく。

 ポップスにクラシックやゴスペルをぶち込んでアバンギャルドに昇華した『Bold & Delicious』、中身カラッポな数え歌デジロック『STEP you』、ラップパートで軟式globeのパークマンサーを思い出すほかない疾走デジポップ『Ladies Night』、前作『MY STORY』の系譜を継いだデジタルロッカバラード『is this LOVE?』、淡泊なニュージャックスウィング曲『In The Corner』、またしてもゴスペルを導入した壮大バラード『Pride』、魔女の宅急便風情のバラード『Will』、アジエンス風情のバラード『HEAVEN』、めざましテレビのテーマ曲に起用してもいいくらい爽やかな朝っぽさが表出しているインスト『Are You Wake Up?』、楽園感溢れる開放的な夏歌『fairyland』とか、数えてみりゃ好きな曲は結構あるのだけど、穏やかでうっすら晴れやかな雰囲気の人生決断後押しソング『Beautiful Day』、雨上がりの空を連想させる幻想的ミドル『rainy day』くらいかな、単品で何遍も聴きたくなる曲って。

 





 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です