アルバム感想『大逆襲』/ あゆみくりかまき


『大逆襲』/ あゆみくりかまき
2018.3.28
★★★★★★★★☆☆

01. 残像フラッシュバック ★★★★★★★★☆☆
02. 反抗声明 ★★★★★★★★★☆
03. Amagami Days ★★★★★★★★☆☆
04. ゴマスリッパー ★★★★★★★★☆☆
05. 未来トレイル ★★★★★★★★☆☆
06. SUGOROKU ★★★★★★★☆☆☆
07. 旅立ちの唄 ★★★★★★★★★☆
08. つながり ★★★★★★★★☆☆
09. HAVE A NICE DAY,世界 ★★★★★★★☆☆☆
10. 絆ミックス ★★★★★★★☆☆☆
11. 泣き顔笑顔 ★★★★★★★★★☆
12. 星降る夜空に… ★★★★★★★★☆☆

 

 

 

 約2年ぶりとなる2ndアルバム。
 どうやら前作から本作をリリースするまでの間に、クマから人間になってしまったという設定がされたそうですが、アルバムジャケットのタイトルを見ると、「大逆襲」の「襲」の上の字が「龍」じゃなく「熊」になってるやん!なんだよ、結局クマさんから離れてないじゃん!

 

 ということで、今回もポップロックやパンクがメインとなっているのですが、クマから人間になった影響でしょうか、ライブ意識の高い溌剌なアップナンバーよりも メロディアスでエモい楽曲のほうが多いような気がしますな。歌詞もメッセージ性やマニフェストが込められたものが増えたし、前作にはなかったバラードナンバー(『SUGOROKU』)も今回は収められてるし(といってもまっさらな新曲じゃなく、シングルのカップリング曲だけど)。

 

 アコギサウンドを下地とし、サイバーアレンジを交えて仕立て上げた、希望の光を覗かせる爽快ナンバー『未来トレイル』、ポジティブでありながらもシリアスな苦味も含まれた『旅立ちの唄』、シンプルながら高い熱量を有した『つながり』、泣きがかったメロディと 溢れそうなエモーションを象徴するかの如く細かく刻むギターが涙腺を緩ませる『泣き顔笑顔』など、人間として歌ったほうが説得力を増すナンバーがずらっと。アルバムのリリース時期が3月ということで、人生系とか進路系とか出会いだの別れだの そういう類の歌詞がいつも以上に響きやすい時期ですしね。まあそこまで意識してこの歌詞を書いてはいないでしょうけど。

 

 

 ハイテンポかつハイテンションなパンクナンバー『残像フラッシュバック』『HAVE A NICE DAY,世界』、「バナナ!サラダ!ホウレン草!」なる無意味ワードが強烈なインパクトを残す活発なロックナンバー『反抗声明』、ちょいと色気を出してきたサカリ系ロックナンバー『Amagami Days』、サラリーマンの悲哀をコミカルに歌うブラスポップロック『ゴマスリッパー』など、ライブコンシャスなアップナンバーも好調。ただ、サウンドのアグレッションという面では前作のほうに軍配が上がるかも。

 

 

 

 

 あと、気になるところを挙げると、打ち込みやデジタル音が目立つようになったこと。使用すること自体は悪くないけど、例えば『絆ミックス』はドラムがベッタベタな打ち込みリズムで鳴らされてますが、ぶっちゃけそれが有効に作用してるとは言いがたい。普通に生楽器を使用したほうがいいんじゃねーか?っていう。

 

 『星降る夜空に…』はアットホームな空気感に包まれたポップソング。ブラスを取り込んだアレンジが実に効果的であります。なんかメロディもアレンジもクリスマス感が半端ないんですけど、リリース時期的にこれはアリなのか!?

 

 今回も良作です。チャーミングもエネルギッシュもコミカルもセンチメンタルも等身大もしっかり押さえられているという意味では なかなか手堅い作品。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です