アルバム感想『THE END』/ BLUE ENCOUNT

THE END
『THE END』/ BLUE ENCOUNT
2017.1.11
★★★★★★★☆☆☆

01. THE END ★★★★★★★★★☆
02. HEART ★★★★★★★★☆☆
03. Survivor ★★★★★★★★★☆
04. TA・WA・KE ★★★★★★★☆☆☆
05. ルーキー ルーキー ★★★★★★☆☆☆☆
06. 涙 ★★★★★☆☆☆☆☆
07. LOVE ★★★★★★☆☆☆☆
08. LAST HERO ★★★★★★★☆☆☆
09. GO!! ★★★★★★★★☆☆
10. スクールクラップ ★★★★★★★☆☆☆
11. city ★★★☆☆☆☆☆☆☆
12. だいじょうぶ ★★★★★★★★☆☆
13. はじまり ★★★★★☆☆☆☆☆

 

 

 約1年半ぶりとなる2ndアルバム。
 大雑把に言うと、前作と同様、現代のJ-ROCKにおいてすっかり汎用化された要素を手堅く押さえた楽曲が目白押し、といった感じです。

 

 といっても、冒頭の『THE END』は前作にはなかった スケールでかめで力強そうな開放的ミドルロックで意表を突かれてしまったんですけど。初っ端にしてこれが本作のベストな一曲であります。

 

 続く『HEART』は作風も歌唱も生半可にワンオクっぽい 売れ線まっしぐらなエモロック、そしてキャッチーな歌メロとテクニカルなプレーがしっかり共存したダンサブルロック『Survivor』、後期ELLEGARDEN風メロコア『TA・WA・KE』、中華風ギターサウンドが印象的なKEYTALK風ダンスロック『ルーキー ルーキー』、タイトルや歌詞やメロディが良くも悪くもどストレートなミドルスロー『涙』『LOVE』、「おまえ早漏ちゃうか?」と言いたくなるほど先走り気味なギターが耳を惹くマイナーロック『LAST HERO』、声質も手伝って175Rがよぎること請け合いのスカ要素含有の青春パンク『GO!!』、遊び心まじりのスーパー爽やか青春アップ『スクールクラップ』など、歌唱が若干 高橋優チックな青春エモロック『だいじょうぶ』、暑苦しいロッカバラード『はじまり』と、今回もJ-ROCKの入門として最適なラインナップ&クオリティ。

 

 『city』はUVERworld meets GReeeeNといった趣の軽めな郷愁ミドルスローで平歌では語りに近いラップを披露。これは正直あんまし…。こういう00年代後半に腐るほど量産されたものを今頃やられても時代錯誤にしか思えないし、そもそもこの手の楽曲がどうも苦手で。普通に演奏すりゃまだマシだったのに、なんで打ち込みでやっちゃうんですかね。そったらことすっから やっすいJ-POPになっちまうんだってのに、ああもう。

 

 サウンドアプローチに独自性は感じられないけど、彼らの強みは直向きさと 歌や言葉に詰め込まれた熱量の高さであって、それが大半の曲で活かされているので、トータル的には割と良いアルバム。アップナンバーでやたら音を詰め込みたがる癖というか何というか、曲によってそれがうざったく感じることがあるけど、それでも演奏は上手い方だし、メロディセンスも良い感じだし、この路線でガンガン突き進んだったらええねん!みたいな。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です