『B’z The Best XXV 1988-1998』 『B’z The Best XXV 1999-2012』全曲レビュー Vol.2

B'z The Best XXV 1988-1998(初回限定盤) B'z The Best XXV 1999-2012(初回限定盤)

 ということで、昨日からB’zの全シングルレビュー、はじめてみました。せっかくなんでカップリング曲もまとめてやっていこうかなって思ってます。今日は10th『BLOWIN’』~18th『LOVE PHANTOM』まで。

 

◆ 『全シングルレビュー Vol.1(1st『だからその手を離して』~9th『ALONE』)

◆ 『全シングルレビュー Vol.3(19th『ミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~ / MOVE』~26th『ギリギリchop』)

◆ 『全シングルレビュー Vol.4(27th『今夜月の見える丘に』~33th『熱き鼓動の果て』)

◆ 『全シングルレビュー Vol.5(34th『IT’S SHOWTIME!!』~42nd『SPLASH!』)

◆ 『全シングルレビュー Vol.6(43rd『永遠の翼』~50th『GO FOR IT, BABY -キオクの山脈-』)

◆ 『全シングルレビュー Vol.7(『HEAT』『核心』『Q&A』『ユートピア』)

 

 

10th SINGLE

1st beat:  BLOWIN’  ★★★★★★★★★☆
2nd beat: TIME  ★★★★★★★★★☆

 

 この曲もいいですよねえ。バックで鳴るアコギが涼しさを、イントロのシンセや 軽やかに駆け抜ける打ち込みリズムが心地よい疾走感と爽快感を演出。そしてAメロでは「ボロボロにKOされる夢を見て君にしがみついた」だの「喫茶店で「毎日同じよ」とボヤきまくりぃ~!」だのとお馴染みの稲葉節がごく自然に振るわれていたりと、全盛期B’zによるコマーシャルなポップソングの決定版をつくってみた、といった印象の楽曲。『ULTRA Treasure』では筋肉バカな超サイヤ人モードってな趣のテイクで再録されていますが、これは絶対原曲テイクのほうがいい。しかし、今回のベストのDVDに収録されているライブ(生演奏)テイクは凄くいいです。

 

 2nd Beatに収録されている『TIME』は、5thアルバム『IN THE LIFE』に通ずる作風の名バラードで、「どうすれば時が戻る」「どうすれば時が過ぎる」と現状にもがき苦しむ歌詞と泣きの歌メロ、なまじウェットなサウンドが胸を抉ります。実はベスト盤『Treasure』リリースの際にCDTVのゲストライブで披露されたことがあります。

 

 

11th SINGLE

1st beat:  ZERO  ★★★★★★★★★★
2nd beat: 恋心(KOI-GOKORO)  ★★★★★★★★★★

 

 より重厚さを増した昨今のサウンドを知っている今聴いても、ここにきて一気にグッと押し出したハードロックな質感とブラスアレンジやオケヒを駆使したビーイングサウンドとの掛け合わせがもう最高です。言葉の上手いチョイスと程よい詰め込み具合、あとはラップを含めた歌メロの弾むような乗りこなし様もあって、初期ナンバーや『MARS』などとは感触こそ異なれど ノリは結構ダンサブルな感じが。デジタル・ダンス路線からポップ路線へと徐々にシフトし、現在まで続くハードロック路線へと本格的に踏み出す契機となった楽曲だけあって、本当にいい曲。歌詞のシチュエーションは、1コーラス目のフレーズが示している通り 車で家に帰る時に思いついたんだそうな。

 

 カップリングの『恋心(KOI-GOKORO)』は、ヘヴィなサウンドとヘンになりそうな歌詞が骨格となっていたタイトル曲とは対照的な 明るくも甘酸っぱさを孕んだ 青春まさかりポップソング。1コーラス目における『LADY NAVIGATION』の続編とも言うべきストーカー気質の歌詞や、2コーラス目の「なにかな?なんなんだろうなベイベー 涙かわいや つきあいたい」なる童貞の中高生みたいなフレーズ、ラスサビの甘酸っぱくほろ苦いフレーズ(「強く抱き合った仲間とも~」)など、稲葉節の多面性が覗けるのが魅力的。演奏面では、前半と後半でガラッと表情を変える間奏のギターソロとラスサビ直後のドラムフィルが聴きどころ。

 

 

12th SINGLE

1st beat:  愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない  ★★★★★★★★☆☆
2nd beat: JOY  ★★★★★★☆☆☆☆

 

 全盛期B’zによるコマーシャルなポップソングの決定版其の弐!って感じですか。そんなに人気高くなさそうな曲ですけど。『BLOWIN’』と違い、こちらは生演奏テイク+ブラスアレンジを施した楽曲。エデンの園を追放されながらも せこい神様に中指立てて楽しく踊るアダムとイヴ、みたいな歌詞がなんとなくグレートティーチャーなんちゃらっぽいっすね。どういうわけか最近になってまた好感度がアップしてきた曲です。ていうかこれってどうやらドラマ『西遊記』の主題歌らしいんですけど、わたしが知ってる西遊記って、唐沢寿明が猿の役やってるヤツと慎吾空のヤツだけだからどうもピンとこないんだよなあ、と余談までに。
 カップリングの『JOY』はエキゾチックなAORナンバーで、後のミニアルバム『FRIENDSⅡ』の先駆けとも言える一曲。如何にもカップリングといった感じの仕上がりで。

 

 

13th SINGLE

1st beat:  裸足の女神  ★★★★★★★★★★
2nd beat: KARA・KARA  ★★★★★★★☆☆☆

 

 ここ最近、わたしの中でとりわけお気にの一曲なんですよコレ。明るくて開放的なポップロックなんですけど、サビメロと楽曲が醸し出す大らかさ、「Don’t you cry my 裸足の女神よ ひとりで泣かなくてもいいよ」なるフレーズ、そして大合唱モードのラスト、などなどが 胸にじーんときて思わず泣けてしまうというか。うわあダメです!こんなん生で聴いたらわたしの顔が泥粘土みたくなってしまう!そんなわけで、『ALONE』とは趣は違えど こちらも感涙の一曲なのであります。あ、そういや『Easy Come, Easy Go!』に近い感触がありますねこの曲。

 

 カップリングの『KARA・KARA』は、タイトル曲とは裏腹に暑苦しさ満点のGO!GO!サマーロック。ストレートすぎるエロ歌詞も相俟ってか、「カラカラ」と謳ってる割にめちゃくちゃジメジメしてます。好きな曲ではありますけど、これから約2ヵ月前後、こんな感じの湿度高杉な毎日が続くのかと思うとちょっと憂鬱になるというか。

 ていうか1993年ってB’zはシングル2枚しか出してないんですね(厳密にはビデオも1本出してますけど)。1990年にはシングル5枚+アルバム3枚もリリースしていたというのに、すごい落差(厳密にはこの年もビデオ1本出してますけど)。

 

 

14th SINGLE

1st beat:  Don’t Leave Me  ★★★★★★★☆☆☆
2nd beat: Mannequin Village  ★★★★★★★★★☆

 

 リアルタイムで聴いたわけじゃないですけど、初めて聴いたとき どデカい衝撃を受けた一曲。やたら壮大でなおかつブルージーなサウンドも手伝ってか、サビやブリッジで轟く悲痛な歌声・叫びに思わず気が遠くなってしまいそう。んでMVがまた衝撃的っすよねえ。外タレかぶれっぷりがとうとう行き着くトコまで行き着いてしまったみたいな感じもあったり、稲葉先生のみてくれが百獣の王だったり李牧だったりと、とんでもない変貌ぶりを魅せておりば。

 

 カップリングの『Mannequin Village』は『Mixture』リリース時も12cm盤での再リリース時もリクエストベストでもことごとく無視されまくってきた、『TIME』以上に不憫極まりない一曲。いやあわたしは「これが最後のチャンスだ」と思ってウルトレのリクエストでこの曲に投票したんですけどねえ。『恋心』とか『もう一度キスしたかった』とか とっくにベスト盤に収録済みの楽曲がまた選出されてるのにイラッとしていたのを思い出します。凄くカッコいい曲なんですよねえ、『The 7th Blues』収録曲と同様にゴージャスなホーンセクションを携えたハードロックナンバーで。楽曲が持つダーティーさをより際立たせる 自虐的な歌詞がまた強烈なスパイスとして機能しています。

 

 

15th SINGLE

1st beat:  MOTEL  ★★★★★★★★★★
2nd beat: hole in my heart  ★★★★★★★★★★

 

 『The 7th Blues』路線を継承した、どシリアスで やたら渋い哀愁ロッカバラード。銀ベストで初めて聴いたんですけど、当時からものっそくお気に入りの一曲でした。早口な歌い出し、サビ手前のブレイク、「ひとりじゃいられないなら」のロングトーンといった意表を突く要素がありつつ、ジミヘンドリックスの『Little Wing』をパクった疑惑があるイントロのアルペジオや、ちっとも怪我してないのに 聴いてるだけで胸元から傷口がバックリ拡がっていくかのような感覚を覚えるサビ、自分で自分をぐっちゃぐちゃに汚すような終盤のパート(uh~It’s a cruel world~♪ってトコ)と、美しさと哀愁とヒリヒリ感で琴線を刺激しまくり。『ALONE』とは趣は違えど こちらも名バラード。ヲタ受けも抜群。

 

 カップリングの『hole in my heart』は、エレキとアコギの二刀流が冴え渡っているダンサブルなロックナンバー。かっこいいっすな。しかし、こちらも歌詞においてタイトル曲に負けず劣らずな救いようのなさが炸裂。これは単なるフィクションなのか、それとも稲葉先生と元奥さんとの当時の関係をまんま投影したものなのか。よくわからん。

 

 

16th SINGLE

1st beat:  ねがい  ★★★★★★★★★★
2nd beat: YOU&I  ★★★★★★★★★★

 

 数多あるB’zナンバーの中でも五本の指に入るほどの超絶名曲其の壱!イントロや平歌で ジャジーなピアノやネクラ染みたリフが渋味と気だるさを醸し出しつつ、ブラスアレンジを交えたサビで力強く開放へと向かう この一連の流れと、ラスサビの「あーーーーや ねぇがぁいぃよかなぁえっ!」のシャウト+歌唱に胸がすく。サビでは「願いよ叶えいつの日か そうなるように生きてゆけ」と自分自身を鼓舞しながらも、終盤では「かなえたまへ このねがひ かなえろよ」「このねがひ かなえてよ」と何故かいなばふるを交えながら命令したり懇願したりと、結局のトコ自力本願なのか他力本願なのかよくわかんないんですけど、これは己の力だけでなく 運も味方につけてようやく成功を掴み取ることが出来る、みたいなことを訴えているのかいないのか。

 

 カップリング『YOU&I』はヲタ受け抜群の爽やか鬱ソング。サウンドは明るいブラスポップですけど、「いなくなってしまえ 憂鬱と一緒に あなたがいなけりゃ あとは寂しさに耐えればいい つまらない毎日を送ればいい」といった 片思い&自己嫌悪な歌詞が切ない上にめちゃくちゃ共感しまくれてしまうので、どうしても瞳がうるうる溢れて止まらない状態になってしまいます。

 

 

17th SINGLE

1st beat:  love me, I love you  ★★★★★★★★★★
2nd beat: 東京  ★★★★★★☆☆☆☆

 

 数多あるB’zナンバーの中でも五本の指に入るほどの超絶名曲其の弐!躍動感溢れるビートに伸びやかなギター、弾けるブラスアレンジに心も弾む、華やかで瑞々しいダンサブルな一曲。歌詞においても「僕はきっと愛をもっと出せる」「すぐにムッとするのグッと耐えて」「それでもカッときたならベイビレッツダンス!」と言葉が気持ちよく軽やかに弾んでおりば。それでいて説教臭くならず 軽やかなタッチで 肩肘張らずに広い心を持とうとアドバイスを送っているのがいいですな。気のいいあんちゃんって感じで。

 アルバム『LOOSE』では『love me, I love you (with G Bass)』シンセベースが生音に差し替えられてますが、それ以上にコーラスが1箇所プラスされたことのほうが変化としてはデカいです。それがないってだけでシングルテイクは違和感バリバリ。それと、この曲はMVが凄くいいっすね。稲葉先生の上機嫌な振る舞いにこれまた心が弾む。

 

 カップリング『東京』は哀愁鬱ロッカバラード。フードファイター井原満が「俺の胃袋は宇宙だ。俺 は伝説になる!」 といって麻奈美さんを捨てた…てのとはちょっと違うのか。にしても冒頭の「馬鹿な空」というフレーズが地味に強烈。こんなトコでも唯一無二の稲葉節が。

 

 

18th SINGLE

1st beat:  LOVE PHANTOM  ★★★★★★★★★★
2nd beat: FUSHIDARA100%  ★★★★★★★★★☆

 

 数多あるB’zナンバーの中でも五本の指に入るほどの超絶名曲其の参!アルバム『LOOSE』の感想文からほぼ引用というカタチでアレなんですけど…B’zならではのエンタメ性が一曲の中に仰山詰め込まれた名曲ですよね。ライブツアー「Pleasure’95 “BUZZ!!”」でのドラキュラダイヴの演出のために作られただけあって、1分以上に渡るイントロからもう雰囲気作りはバッチリ。オペラ風コーラスとストリングスを用いて重厚かつシリアスなムード。そこからラストまで勢いと緊張感を途切らせることなく駆け抜ける本編、特にプレイヤーが全位一体となって興奮を最高潮へと導く間奏は何度聴いても鳥肌モノです。コーラスとタックのギターがユニゾる終盤もいいっすねえ。

 

 

 カップリングの『FUSHIDARA100%』は、オネエ目線でダメ男を皮肉るイナバデラックスなハードロック。初っ端から豪快に鳴る ぶっといギターサウンドとサビ手前のキメがギガントかっこええ!『GO-GO-GIRLS』の時よりも女言葉が稲葉先生の歌唱に嵌っている(!?)こともあってか、怪曲というより、純粋にカッコいい曲という印象のほうが圧倒的に強いナンバーです。

 

Next→『全シングルレビュー Vol.3(19th『ミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~ / MOVE』~26th『ギリギリchop』)

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です