『B’z The Best XXV 1988-1998』 『B’z The Best XXV 1999-2012』全曲レビュー Vol.3

B'z The Best XXV 1988-1998(初回限定盤) B'z The Best XXV 1999-2012(初回限定盤)

 B’zの全シングルレビュー。今日は19th『ミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~ / MOVE』~26th『ギリギリchop』まで。

 

◆ 『全シングルレビュー Vol.1(1st『だからその手を離して』~9th『ALONE』)

◆ 『全シングルレビュー Vol.2(10th『BLOWIN’』~18th『LOVE PHANTOM』)

◆ 『全シングルレビュー Vol.4(27th『今夜月の見える丘に』~33th『熱き鼓動の果て』)

◆ 『全シングルレビュー Vol.5(34th『IT’S SHOWTIME!!』~42nd『SPLASH!』)

◆ 『全シングルレビュー Vol.6(43rd『永遠の翼』~50th『GO FOR IT, BABY -キオクの山脈-』)

◆ 『全シングルレビュー Vol.7(『HEAT』『核心』『Q&A』『ユートピア』)

 

 

19th SINGLE

1st beat: ミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~  ★★★★★★★★★☆

 ポジティビティを喚起するダイナミックなロックナンバー。難解なフレーズや言い回しが用いられてるわけじゃないんですけど、「一体どんな言葉だった?本当に言いたかったのは」「何故に気持ちはずっと後にならなけりゃ伝わらない」と、この歳になって身に沁みてくる言葉が多く、聴き始めた当初よりも一語一語噛み締めながら聴いている今の自分が居ます。音や歌だけ聴いても十分カッコいい曲なんですけどね。

 

 

2nd beat: MOVE  ★★★★★★★★★★

 んでこちらはのっけからタック松本のギターが荒ぶる 猪突猛進ハードロック。「被害者意識に侵される」「他人がひどくうらやましい」と己のダメっぷりを露呈しつつ、「何をびびっているのボクは今?なんでもありの人生の中で」「楽しい者(モン)勝ち 動けや Move on, move on, now」と自身に活を入れる歌詞との相乗効果で、バイタリティに溢れた一曲に仕上がっておりば。自己啓発書を読んでる時間がないなら、これ聴きながら現場に向かえと。3分台と尺は短めだし。

 

 

20th SINGLE

1st beat: Real Thing Shakes  ★★★★★★★★★☆

 わたしはこの曲でB’zの存在を知りました。かなり細かいことを言いますと、1997年1月2日OAの「CDTV」での’96シングル年間ベスト100を観て初めてこの曲を…っていうかB’zの曲自体この日に初めて聴いたんですけど。↑の『ミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~』も併せて。なので当時は B’zってアメリカンなロックを演ってる海外のバンドだと思ってたんですよ。曲だけじゃなく見てくれも海外バンドっぽかったし全英詞だし、前シングルの「ミエナイチカラ」っていうタイトル表記がなんか外国人のカタコトっぽく見えるし。
 スマートながら骨太でエッジーなサウンド、特に楽曲を引っ張るギターがカッコよすぎ。んでもってヴァースにおける稲葉先生のボーカルが異常なまでにキーが高すぎ。さらに言うと、MVでのタック松本は中堅どころの雛壇芸人みたく前に出すぎ。どんだけギター馬鹿なんだよこの人は。『Don’t Leave Me』の感想で「外タレかぶれっぷりがとうとう行き着くトコまで行き着いてしまった」と書きましたけど、今回の楽曲でそのピリオドの向こうへと突き抜けてしまったような感じが。

 

 

21st SINGLE

1st beat: FIREBALL  ★★★★★★★★★☆
2nd beat: 哀しきdreamer  ★★★★★★★★★☆

 

 で、わたしが初めて買ったB’zのCDがこちらです。タック松本自身の手によるリードベースが牽引する重厚ハードロッキンなサウンドは、聴いてるだけで耳が火傷しそうなヒリヒリ感を備えていて、まるでブランカのよう。それでいて、「相手の流れに押されてる(どこにだー!?)」なんつーコーラスをどさくさに紛らせていたり、「座布団のような心と体よ」「びんぼうゆすり」「アレちょん切られても」と、楽曲の硬派ぶりとは対極にある だらしないフレーズを大マジで歌ったりと、お馴染みの稲葉節がいつも以上に際立っておりば。終盤では「飛んでゆけーるー、そらぁあを燃やしながらああああああ!!!!!!」と、喉がブチ切れそうなほどのシャウトをかましたりと、一曲の中でB’zらしさというヤツが全力全開でスパーキング!B’z初体験ソングにしていきなりB’zの凄みをまざまざと見せ付けられてしまいました。

 

 カップリングの『哀しきdreamer』は、アコギメインの渋い変拍子ナンバーと見せかけて実は『FIREBALL』に引けを取らないほど威力絶大なハードロックだったという隠れた名曲。メイク魂を焼き尽くすかのような間奏と「本当に出来るならあああああああああああああああああ」と 一気に天まで届くようなシャウトをあげる終盤が最高です。初期を思わせるハスキーぶりを発揮しているのがポイント。

 

 

22nd SINGLE

1st beat: Calling  ★★★★★★★★★★

 これは今まで聴いたB’zナンバーの中でもいちばん衝撃がデカかった曲です。CMでは「こ~の声が聞こえ~るか~い♪」のパートしか流れてなくて、わたしはそれを聴いて買ったわけですけど、いざCD聴いてみりゃ、冒頭のサビ終了とともにグラウンドビートを敷いたロックからバラードへと突如切り替わってしまうんですからね。変な曲です。っていうかダマされた気分だ。横山剣のアルバムを買ったはずなのに、再生したら いきなりパンクサウンドとシャウトが流れてきたみたいな。しかし、これは良かったですよ。先日リリースされてダフトパンクの新作のような いい意味での驚きだったんで。ロックパートよりもバラードのトコのほうが好きなんですけど、最後の「キャーニュヒザこ~り~ん♪」で、コーラスが「コォリィイイイイイーーーーーーーン!!!」って上昇を描いて突如また淡々とグラウンドビートを刻むパートに切り替わる瞬間が特に。

 

 

23rd SINGLE

1st beat: Liar! Liar!  ★★★★★★★★★★
2nd beat: ビリビリ  ★★★★★★★★★☆

 

 初期のデジタリーさと当時のハードロック感をブレンドしたサウンドが甚く快感。名盤『SURVIVE』からの先行シングルとしても申し分ない出来だし、当時のB’zの充実ぶり(はっちゃけぶり)が最も如実に表れた一曲なんじゃないかなと思います。最終的に人間不信にまで陥ったみたいな歌詞は『The 7th Blues』期みたいなダークさ・ドロドロしさがない代わりに やたらダイナミック&コミカルな感じがして、面白いけどやっぱリアクションに困っちゃうっていう。1コーラス目の歌詞は とあるアイドルヲタが「推しアイドルに彼氏の存在発覚」に発狂したみたいなイメージで、B’zでは半ばお馴染みと化したキモヲタシチュエーションが存分に炸裂。「つっこんじゃうぞアクセルべったり踏んで」の件は、その流れも相俟って 個人的にはどうしても 奈々さんが殺人予告を受けた5年前の事件を思い出してしまってちょっと複雑な気分になってしまうんですけど。「ダガーナイフと2トントラックを使って代々木(第1体育館)でなんちゃらかんちゃら」っていうアレ。2Bメロのフレーズはまるで週刊文春を執拗に敵視する48Gヘビーユーザーに訴えかけているかのよう。「アレやコレやで地球だって回らぁ」の無駄なスケール感といい、「愛する人がハッピーになりゃそれでいいや」の自己犠牲野郎風情といい、稲葉節もぶっ飛ぶトコまでぶっ飛んでんなあって感じが。

 

 カップリングの『ビリビリ』は上条当麻目線で御坂美琴を皮肉るナンバー。「ビリビリ ビビってる 肝っ玉ちぢんでる ひとり相撲だよ こりゃはずかしい」なる歌詞がまさに御坂美琴。サウンドは、デジタリーな四つ打ちリズムと『FRIENDSⅡ』系統のAOR風味を取り込んだ 意欲的なモノで『Liar! Liar!』とは一味違ったカッコよさが。

 

 

24th SINGLE

1st beat: さまよえる蒼い弾丸  ★★★★★★★★★☆
2nd beat: Hi  ★★★★★★★★☆☆

 

 エレクトリック・シタールの音色が印象深い疾走ナンバーで、なんともスポーツドリンクのCMソングっぽい曲。実際はポカリスエットのCMソングだったんですけど、イメージとしてはアクエリアスのほうが合ってそうな気がしますね。ポカリってあんまスポーツドリンクっていう感じがしないし。

 

 カップリング『Hi』もスポーツドリンクのCMソングっぽいアメリカンロックなんですけど、こっちはゲータレードのCMソングって感じがするな。なんかすごくゲータレードシャワーが似合いそうなイメージがあるというか。

 

 

25th SINGLE

1st beat: HOME  ★★★★★★★★★★
2nd beat: The Wild Wind  ★★★★★★★☆☆☆

 

 ノスタルジックな歌メロとアーシーなサウンドを取り合わせた、『SURVIVE』の延長線上にあるようなミドルナンバー。リリース当初からのお気に入りの一曲なんですけど、特に歌詞がいいよなあとココ1,2年前から。人と人との繋がりを歌う楽曲はこの前後にも多々ありますけど、とりわけこの曲は 年を重ねていく毎に歌詞が痛いほどにブサッ!ブサッ!ブサッ!と FFⅤの剣攻撃みたいな音を鳴らしながら突き刺さってくるというか。あと、相変わらずコーラスワークが上手いなあと思いました。2コーラス目の「欲望はぐるぐる(グルグルまわ~る~)マーブル模様~♪」とか特に。配置にしても言葉のチョイスにしても。んで「鏡を覗けば(テクマクマヤコ~ン)」というB’zお約束のちょっとしたシャレなんかもあって、ほんとどうでもいいトコにも抜かりがないなあと感心。

 

 カップリングの『The Wild Wind』は、映画『不夜城』なるタイアップありき感バリバリの書き割りロックバラード。Mステで聴いた時はおおっいいじゃんコレとか思ってたのに、このシングルや『B’z The “Mixture”』買ってからもほっとんど聴いてないっすね。

 

 

26th SINGLE

1st beat: ギリギリchop ★★★★★★★★★★
2nd beat: ONE  ★★★★★★★★★☆

 

 リリースから早くも14年が経過しましたけど、今考えてもシングルどころか全B’zナンバーの中で最もハードな曲ってやっぱコレですよねえ。メロディも他のシングルに比べてさほどキャッチーでもポップでもないし、その上サビのキーがやたら高っけえし。にもかかわらず、これがベスト盤明けのシングルであり、オリアルから唯一の先行シングルであり、さらには「名探偵コナン」のOPとして抜擢されてしまうというのが凄すぎ。稲葉節を大いに振るいつつ安定・安住を拒絶する 当時のB’zなりのマニフェストを掲げた歌詞もいい。ラスBメロの「みんなにコソコソ笑われるぞオマエ」なる言葉詰め込みまくりな語りがインパクト絶大だしフレーズ的にもグサっとくる。

 カップリングの『ONE』は『Brotherhood』と双璧を成す名バラード。夢を追う仲間を激励する歌詞も相俟って、実に感動的な一曲。

 

 

Next→ 『全シングルレビュー Vol.4(27th『今夜月の見える丘に』~33th『熱き鼓動の果て』)

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です