『B’z The Best XXV 1988-1998』 『B’z The Best XXV 1999-2012』全曲レビュー Vol.5

B'z The Best XXV 1988-1998(初回限定盤) B'z The Best XXV 1999-2012(初回限定盤)

 

 B’zの全シングルレビュー。今日は34th『IT’S SHOWTIME!!』~42nd『SPLASH!』まで。

 

◆ 『全シングルレビュー Vol.1(1st『だからその手を離して』~9th『ALONE』)

◆ 『全シングルレビュー Vol.2(10th『BLOWIN’』~18th『LOVE PHANTOM』)

◆ 『全シングルレビュー Vol.3(19th『ミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~ / MOVE』~26th『ギリギリchop』)

◆ 『全シングルレビュー Vol.4(27th『今夜月の見える丘に』~33th『熱き鼓動の果て』)

◆ 『全シングルレビュー Vol.6(43rd『永遠の翼』~50th『GO FOR IT, BABY -キオクの山脈-』)

◆ 『全シングルレビュー Vol.7(『HEAT』『核心』『Q&A』『ユートピア』)

 

 

34th SINGLE

1st beat: IT’S SHOWTIME!! ★★★★★★★★★☆
2nd beat:  New Message ★★★★★★★★☆☆

 

 ライブ感とMステでの爆発演出を意識してる感バリバリの熱血ロックナンバー。アルバム『GREEN』の質感を継承した感がある 如何にも打ち込みって感じの打ち込みドラムを採用しているのが私的に好印象で、細かいトコでいうと、間奏で高揚感を煽り、「灼熱への」で一瞬タメて「しょーたぁあああいっ!!!」と弾ける終盤の件が特に好み。逆に生ドラムを採用したアルバムテイクがイマイチ嵌りきれないんですよね。あと、サビ後半の歌メロが時代錯誤気味というか、「悔いのない時間が流れて~(Fu-fu-fu!)」の件で90年代っぽい香りがするのも特徴的ですね。この曲自体どれだけ人気があるのかちょっと見当つかないんですけど、ここと打ち込みリズムの2点で結構好みがパックリ分かれる曲なんじゃないかなと思います。

 

 カップリングの『New Message』はオレンジレンジよりもいち早く着手した「ボクらはきっと以心伝心」ソング。やっぱり稲葉先生ならではの絆リリックは胸熱やなあと、爽やかで仄かに甘酸っぱい歌メロを通して改めて思った。R&Bを踏襲した軽やかなリズムはタイトル曲に続き『GREEN』を思わせる質感で、『SIGNAL』や『Warp』などをちょっと連想したわけですけど、曲自体は『ELEVEN』の頃から存在してたみたいっすね。えええマジかよ!なんか色々考えちゃいますね、この曲があんな鈍重アルバムにブッ込まれてたらどんだけハチャメチャな様相になってたんだろうとか、それ以前に 保留にならなかったら この曲自体どんな感じに料理されてたんだろうとか。

 

 

35th SINGLE

1st beat: 野性のENERGY ★★★★★★★☆☆☆
2nd beat: 旅☆EVERYDAY ★★★★★★★☆☆☆

 

 タイトルからして猛烈にハードで熱血で暑苦しいハードロックが来るのかと思いきや、意外にも 骨太でガッツリしていながらも爽快感を有した気持ちのいいロックナンバーで。2Aメロの折り返し地点の隙間に「だれかに」というフレーズを小気味よく宛がったトコを除けば稲葉節らしい節は特に見当たらないんですけど、これもまあええんちゃうかって感じの曲。ただ、アルバム『BIG MACHINE』では曲配置がどうにもアレすぎてかなり損しちゃってる感が。

 

 カップリングの『旅☆EVERYDAY』は、ハードロックな質感とお気楽なノリが混在した、B’z流ピクニックソング。冒頭のコーラス+ブラスによる「パッパラッパラッパッパラ~♪」からの「ダダダダダダダッ!!!」がいきなり衝撃的。てかギターがテンション高杉。前奏はサビでは思いっきりディストーションし、平歌では歌メロに遠慮することなくちょこまか動きまくりで全く落ち着きがありません。歌謡曲カバーでギターをギンギン効かせたり歌いたがり症候群が再発したり、ソロワークスであんだけ好き放題やってたのに、B’z本体でも童心に帰ってガキんちょばりにはっちゃけたりと、2003年のタックはいつにもまして自由人すぎるわ。

 

 

36th SINGLE

1st beat: BANZAI ★★★★★★★★★☆
2nd beat: Magnolia ★★★★★★★★★☆

 

 この曲はなんといっても、ラモーンズの『Remember the Rock’n Roll Radio?』を想起させる「ダッ!ダッ!ダダダッ!ダダダダッ!ダダッ!」のリズムにぶち込んだ「あ-な!た-と!わたしでさぁっ!あしたのためにっバンザーイ!!」が印象としてはいちばん強烈ですね。そして、スムーズな流れを敢えてぶっ壊した クイーンばりのオーケストレーションを披露する間奏からの「あ-な!た-と!わたしでさぁっ!」の開放的な流れが甚く爽快!ほんとそれに尽きる。

 

 カップリングの『Magnolia』は、切ない雰囲気の平歌と怒涛の勢いで駆けるサビとの対比がこれまたインパクト強烈なハードロックナンバー。終盤の三三七拍子的なリズムが特に熱いっす。これも隠れた名曲です。

 

 

37th SINGLE

1st beat: ARIGATO ★★★★★★★★★★★★
2nd beat: 輝く運命はその手の中に ★★★★★★★★☆☆
3rd beat: もうはなさない ★★★★★★★★★★

 

 これだけは神曲と呼ばせてくれ!リリース当初からものっそく好きな一曲でしたけど、それはやっぱり8年以上経過した今でも変わりません。具体的なストーリー描写をせず、ひとりぼっちとなった主人公が良きも悪きも全て受け入れた上で夢に向かって歩き出すまでを綴った歌詞と、ドラマティックな曲展開を有したオリエンタルテイストのハードサウンドとの相乗がもう素晴らしすぎる。何度聴いても感動しかしないっていう。2004年のMステスーパーライブで披露されたんですけど、あのステージは何度観てもホント鳥肌モンっすよ。当然ながら、今回の各駅停車ベストに収録はされましたけど、急行列車のベスト・ウルプレにもリクエストベスト・ウルトレにもスルーされてるのが個人的にはちっとも納得いかない。

 

 カップリングの『輝く運命はその手の中に』は、自宅警備員がただの穀潰しから足を洗おうと決意を表明した的なミドルロックナンバー。これはニートに向けたメッセージソングと考えていいのか?それらしき歌詞とは裏腹に醸し出される仄暗い雰囲気、そこから僅かな光が見い出せるかのようなサビメロが魅力的。

 

 『もうはなさない』は、稲葉節フルスロットルな惚気まくり爽快ハードロック。『BIG MACHINE』系統のシャープな質感を有したサウンドも快感だし、「心臓ぐぁんぐぁん 手に汗がんがん」「もうはなさない 君のことを はずかしいよ んなこといって」と恋に溺れてパニクる様が描写されたバカっぽい歌詞も最高っす。ちょっと共感出来てしまうっていうのもありで。「いつの時代もときめきはフレーーーッシュ!!!」なんつーこの期に及んで昭和を想起させるフレーズまでぶち込んでしまうこの暴走っぷり、わたしは好きだなあ。

 

 

38th SINLE

1st beat: 愛のバクダン ★★★★★★★★★☆
2nd beat: Fever ★★★★★★★☆☆☆
3rd beat: 甘く優しい微熱 ★★★★★★☆☆☆☆

 

 瑞々しく軽快なアコギで幕を開け、シンプルかつ芯がぶっといアンサンブルで駆ける疾走ロック。ちょっとパンクっぽい感触もありで。どことなくキュートさを孕んだような感があるサウンドにつられてか、タイトルもラブリー寸前だし、暑苦しさも渋味も激薄だし、なんか爽やか好青年時代に還ったかのような感じがしますな。40代コンビのロックユニットが送るアンチエイジングソング。いいです。

 

 カップリングの『Fever』は、タイトル曲以上にアルバム『THE CIRCLE』の音世界を端的に象徴している、A面曲も同然のロックナンバー。前曲以上にシンプルで芯がぶっといアンサンブルがものっそく活き活きしていて、高揚感たっぷり。ていうか、こっちのほうがなんか「野性のENERGY」って感じがしますね。もっと言うと「野性」よりも「野生」のほうがしっくりくるか。

 

 『甘く優しい微熱』は、楽曲の雰囲気をタイトルが的確に表しているのが見事だなと。まあ雰囲気が雰囲気なだけに、ガシャガシャしてるリズムがああルセーなあって思ったりもするんですけど。

 

 

39th SINGLE

1st beat: OCEAN ★★★★★★★☆☆☆
2nd beat: なりふりかまわず抱きしめて ★★★★★★★★★★
3rd beat: Dear my lovely pain ★★★★★★★★☆☆

 

 『ALONE』『今夜月の見える丘に』に続き、ひっさびさの登場となったコマーシャル性満点のバラード。メロディはとても美しいし、タック松本が敢えて自我を抑えたギタープレーに臨み、落ち着いた平歌から徐々に盛り上がってサビでドーン!な曲展開、そのサビで遺憾なく発揮されるストリングスアレンジ、サビ手前の「ベイベッ!」、終盤の「ア~ア~」といった鉄板要素を盛り込みながら、フェードアウトせず、ギターとストリングスでロックユニットらしさを顕示しつつドラマティックに締めるという、結局のところタック松本が最後にオイシイとこを持ってっちゃうなんてオチが如何にもB’zって感じで面白くもあるんですけど、久々に聴いたらリリース当初ほどの感動はなかったなって。いいなあとは今でも思うけど、あの時なんであんなに感動したんだっけ?って当時を振り返って思っちゃったというか。

 

 カップリングの『なりふりかまわず抱きしめて』は、もう何度目の登場やねんって感じの隠れた名曲。淡々と だけど力強くビートを刻むトラックの上で振り絞るように熱唱する稲葉先生にシビレまくれるロックナンバーなのです。こんなカコいい楽曲に「お水」というフレーズをさり気に投入されてるあたりが稲葉先生らしいなって。

 

 『Dear my lovely pain』は、前曲に引き続きハードエッジな質感ながら ポップな歌メロと躍動的なリズムに心が弾む一曲。しかし、歌詞は決してお気楽な内容ではなく、「痛み」こそが信じる心を強固たるものにしてくれると、「ティーチャー」な側面をフィーチャーした稲葉節で以って説いたモノで、「アホらしいウソに 手玉にとられ ぐらつく絆なら そんなのいらない」と、ギター侍も忽ち平伏す切れ味抜群の一振りで上辺だけの繋がりを斬り捨てるフレーズがとりわけ痛快。

 

 

40th SINGLE

1st beat: 衝動 ★★★★★★★★★☆
2nd beat: 結晶 ★★★★★★★★☆☆

 

 ギリチョのようなバリバリのハードロックがダメでも、こういう運動会のかけっこみたいな全速力ロックサウンドなら大歓迎という小さなおともだちも大勢いるのでは!?ということで、お母さんも是非お子様にすすめてあげてください的エキセントリック少年ロックナンバー、シンプルにノリ一発!って感じで聴き心地は爽快。「しょうーーーーーどうっ!!!」という、まるで毛筆で「一」という字を書くようなイメージの歌い方もインパクト大。いやあ上手いことやりますね。MVだけじゃなく歌唱でも「衝動」と「書道」を掛けた演出を施すとは。いくらなんでも芸が細かすぎるわ。

 

 カップリングの『結晶』は、中華風味のアルペジオが味わい深い温かなミドルスロー曲。曲自体は90年代後半を思い出すようなテイストですが、「た~いよお~がき~らりら~♪」という歌唱がなんともマヌケなAメロ、ウィスパーボイスで歌うBメロ、切なさと温かさが溢れ出すサビメロと、場面ごとにガラッと表情を変える稲葉先生の歌唱に着目すると、『B’z The “Mixture”』の裏ジャケを思い出す。てか最後のフレーズに胸キュンしてしまった。この件では “Balladz” のブックレットの絵を思い浮かべました。

 

 

41st SINGLE

1st beat: ゆるぎないものひとつ ★★★★★★★☆☆☆
2nd beat: ピエロ ★★★★★★★★★☆

 

 これも私的には『愛しい人よGood Night…』と似たような感じなんですよね。曲の雰囲気とかじゃなくて、オリアルとか今回のようなベスト盤を通しで流す時にしか聴かない、けど、いざ聴いてみるとやっぱいい曲だよなあと。Aメロの歌詞とかグサっとくるし。でも、わざわざ掻い摘んで聴きたくなる曲でもないのよねえっていう。あと、全体的になんかドゥアズっぽいっすね。歌メロといい やけにザクザクした音といい。

 

 カップリングの『ピエロ』は、血生臭い『Driver’s High』(L’Arc-en-Ciel)って感じのアーシーな疾走ロックナンバー。といっても、歌詞は『Driver’s High』のアナザーストーリーというか、「もしも『Driver’s High』の主人公が心中の道を選ばなかったら」みたいな感じで真逆の結末を迎えているんですけどね。粗っぽくも豪快なサウンドや、半ば自棄糞と書いてヤケクソ気味な「見たこともない十円(じゅうううえええええん)!!!!!!」の絶叫に胸スカ。「夢のスピードはもうゆるめない」をまんま表したかのようにハイテンションなままフェードアウトする展開も気持ちがいい。

 

 

42th SINGLE

1st beat: SPLASH! ★★★★★★★★★☆
2nd beat:  MVP ★★★★★★★☆☆☆

 

 「WHAT’s IN!?」か「B-PASS」か忘れたけど、何かの音楽雑誌でタイトルが公表された際に「爽快ロックチューン」みたいなことが書いてあったような気がするんですけど、全然違いましたね。『WAKE UP, RIGHT NOW』みたいのを想像してたのに、実際聴いてみたら、『快楽の部屋』を2006年Styleで再演した的なサウンドに『DEEP KISS』を想起させるサビメロを宛がったって感じの 熱気ムンムンなダンスロックで。いやしかしカッコいい曲です。「生」と「性」を掛けつつ、コミュニケーション希求を綴った歌詞も良いです、けど、「あなたの中でビュンビュンほとばしる」とか「じゃんじゃん飛び散る」とか ちょっとエロサイドに寄りすぎ。

 

 カップリング『MVP』はファンキーかつロッキッシュなディスコ。まあディスコっつっても、昔の稲葉先生みたく腰をくねらせまくるような感じの曲ではないんですけどね。私的にはそこそこ好みな一曲なんですけど、その割りにはあんまり聴いてないっすね。

 

 

Next→『全シングルレビュー Vol.6(43rd『永遠の翼』~50th『GO FOR IT, BABY -キオクの山脈-』)

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です