『B’z The Best XXV 1988-1998』 『B’z The Best XXV 1999-2012』全曲レビュー Vol.6

B'z The Best XXV 1988-1998(初回限定盤) B'z The Best XXV 1999-2012(初回限定盤)

 

 B’zの全シングルレビュー。今日は43rd『永遠の翼』~50th『GO FOR IT, BABY -キオクの山脈-』まで。

 

◆ 『全シングルレビュー Vol.1(1st『だからその手を離して』~9th『ALONE』)

◆ 『全シングルレビュー Vol.2(10th『BLOWIN’』~18th『LOVE PHANTOM』)

◆ 『全シングルレビュー Vol.3(19th『ミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~ / MOVE』~26th『ギリギリchop』)

◆ 『全シングルレビュー Vol.4(27th『今夜月の見える丘に』~33th『熱き鼓動の果て』)

◆ 『全シングルレビュー Vol.5(34th『IT’S SHOWTIME!!』~42nd『SPLASH!』)

◆ 『全シングルレビュー Vol.7(『HEAT』『核心』『Q&A』『ユートピア』)

 

 

43rd SINGLE

1st beat: 永遠の翼 ★★★★★★★☆☆☆
2nd beat: ロンリースターズ ★★★★★★★★☆☆

 

 これ、当時は名曲!と思ってフラゲしたわけですけども、なんというか多くのファンの脳内から既に存在がデリートされちゃってる感がある曲、というイメージなんですよわたしの中では。アルバム『ACTION』では曲配置の妙が冴えていて 単体で聴くよりも好印象なんですけどね。とにかく終盤の「spread your wings and fly away」の件が本当に待ち遠しくて仕方ないなあって感じで。あと、サビ手前~サビがちょっと『Calling』に似とる。

 

 カップリングの『ロンリースターズ』は、タイトル曲を食ってしまうほどに強烈なヘヴィロック。「んろぉーーーーんりぃすたぁあああず!!!!!!」と、より強くなった灰汁を惜しげもなく絞り出した稲葉先生の歌唱がくそかっこよすぎる!まるで全身が炎上しているかのような燃えっぷり。銀狼怪奇ファイルの人体発火とか思い出すな。

 

 

44th SINGLE

1st beat: SUPER LOVE SONG ★★★★★★★★★☆
2nd beat: ここから ★★★★★★★★☆☆
3rd beat: FRICTION ★★★★★★★★★☆

 

 ギッチギチに引き締まったサウンドプロダクションに包まれた ガンジョー・ビルド・歌謡ハードロックナンバーで豪快にデビュー20周年を幕開け。演奏、特にラスサビから締めにかけてのドラムの凄まじさだったり、「論争が終わり 善悪の概念も消える」そんな「SUPER LOVE SONG」を「一度でいいから歌ってみたいんだ」と、世界を統一する最初の王になる宣言とも取れる歌詞が意欲性に溢れていたり、いつにも増して強靭かつエッジの効いた仕上がり。それでいて歌メロは『2億4千万の瞳 -エキゾチック・ジャパン-』を想起させる歌謡っぷりなのがまたB’zらしさという。

 

 カップリングの『ここから』は、デビュー20周年突入を意識したのか、「昨日のボクにはできないことやるよ」「たよりなくても いくじなしでもいい 声が枯れ果ててもかまわない」と前傾姿勢を今一度アピールしたシリアスバラード。2Aメロの歌詞がなんとも意味深。「必死こいて歌っていた」らしい「間に合わせの言葉で埋め尽くされた 死んだ歌」とは一体どの曲のことを指しているのか。

 『FRICTION』はB’z公認の空耳「シャリが旨いねええええっ!!!!」でお馴染みの激走トマランナーロック。ピリピリ感を纏った稲葉先生の電撃的なボーカルに痺れまくり。

 

 

45th SINGLE

1st beat: BURN -フメツノフェイス- ★★★★★★★★☆☆
2nd beat: yokohama ★★★★★★★☆☆☆
3rd beat: 希望の歌 ★★★★★★★★☆☆

 

 タイトル通り、タック松本のパクリジナルの技術が久々にBURN(爆発)した一曲。なんたって、リフがまんま人間・失格(『冬の散歩道』/ サイモン&ガーファンクル)でAメロがモロ『サウスポー』(ピンクレディー)ですからね。いくら20周年という節目の年だからって奮発しすぎ。まあタック的には意図して「パクった」というより ついつい「出ちゃった」という感じなんだと思いますけど、無意識とはいえ酷似したものをまんま採用してしまう神経の図太さはやっぱり くりびつてんぎょうモノだなと。「フゥーメァーツゥーノォーフェーイス!」は確かにインパクトありましたけど、求心力の強さで言ったら、やっぱ終盤でy=ax2+bの放物線を描く「BURRRN!!!BURRRN!!!」連呼っしょ。

 

 カップリングの『yokohama』は、『The 7th Blues』以来ちょこちょこ姿を現しているブルージーな歌謡ロック。相変わらず歌詞は情けないのに歌はカコイイ。稲葉先生の歌唱だけで言うと、90年代前半~97年あたりまで(長)が特に好きなんですけど、この手の楽曲となると、このあたりの時期のほうがより良い味を出してるなって感じが。

 

 『希望の歌』はいじめをテーマにした疾走ロックナンバーですが、それにしちゃあまり深刻そうには聴こえんな。ギターソロとかむしろ陽気に鳴らしてる感じがするし。

 

 

46th SINGLE

1st beat: イチブトゼンブ ★★★★★★★★★★
2nd beat: DIVE ★★★★★★★★★☆
3rd beat: National Holiday ★★★★★★★★☆☆

 

 月並みかもわかりませんが、やっぱ名曲っしょーこれは。タック随一と言ってもいいくらいの必殺リフにキャッチーで爽快エモーショナルな歌メロ、力加減に過不足がない演奏でグイグイ惹き付けてくれるし、「人と人との繋がり」をテーマにした歌詞も、ラブソングに置換しつつ「愛しぬけるポイントがひとつありゃいいのに」「君にしかわからないこと 僕だけが見えているもの どれも本当のこと」と名言を連発しまくりでこれもまた素晴らしや。晩期B’zの最高傑作ですな。

 

 A面扱いの『DIVE』は豪快なリフで猛進するロックナンバー。そのイグニッションの号令が「せーのでダーイブッ!」というのがなんとも稲葉先生らしいっすね。「日付なんか忘れてアケスケにDIVE」「香りますDIVE」「こんなんじゃいやだもん」という稲葉節が炸裂したフレーズも然ることながら、ラスサビ前のDメロの歌詞は何気に名フレーズというか、個人的にはココ結構気に入ってます。

 

 カップリングの『National Holiday』は、思わず夏休みのある幼稚園時代に帰りたくなる 明るくもノスタルジックなナンバー。ラフで粗っぽいサウンドプロダクションが施されていたり、ハロプロみたいな歌メロを無邪気な振る舞いで歌っていたりというのが、童心に帰らせるだけでなく 純粋に気持ちのいい響きを齎していて、これ結構お気に入り。

 

 

47th SINGLE

1st beat: MY LONELY TOWN ★★★★★★★★★★
2nd beat: 綺麗な涙 ★★★★★★☆☆☆☆
3rd beat: イチブトゼンブ -Ballad version- ★★★★★★★★☆☆

 

 ジャケ写やMVの舞台になっている軍艦島が醸し出す荒廃感が楽曲とバッチリ マッチしている重厚なロックナンバー。シリアスなムードとドラマティックさを引き出すストリングスとの絡みもいいし、「誰も互いのことを わかりあうのは不可能」であることを受け止めきれずにいる心と「ひとりではもう耐えられない」心の葛藤を描写しつつ、コミュニケーションの重要性と難しさを綴った歌詞もまたいいです。『イチブトゼンブ』に並ぶ これまた晩期B’zの名曲。ビバ・ロリタン!

 

 カップリングの『綺麗な涙』は、カップリングともノンタイアップとも思えないほど ポピュラリティ富み富みなドラマ主題歌風バラード。外部からのオーダーがなくても普通に作れちゃうんすね、こういう曲。

 

 『イチブトゼンブ -Ballad version-』は、ストリングスとギターだけで再構築されたバラードテイク。特別感動的なメロディではないと思うし、ドラマも観ていたわけではないんですけど、不思議と沁みてくるんですよねえ。『いつかのメリークリスマス』のアコースティックテイクとか悪くはないけど、ここまでグッとくるようなアレではなかったし。

 

 

48th SINGLE

1st beat: さよなら傷だらけの日々よ ★★★★★★★★☆☆
2nd beat: Dawn Runner ★★★★★★★★★☆

 

 リフが暑苦しい割りにサビでは抜群の爽快感で以ってお出迎えしてくれるという、ペプシネックスのタイアップに相応しいロックナンバー。地球爆発寸前MVとセットで聴くと、なんかベジータ王子のテーマソングのように聴こえる不思議。「がんじがらめのこの部屋 誰かそうじしてくれや」だの「そうさ So Sad」だの歌っていても最終的には「カッケエ」に着地してしまうのは いつもの事ながら凄い職人芸。ビバ・さよ傷。

 

 駄菓子菓子、私的にはカップリング収録の鬼火ロック『Dawn Runner』のほうが圧倒的に好みなのです。メラメラ燃える炎のようなギターサウンドが緊張感を煽動。禍々しさがスパークしながら立ち昇るかのような終盤の盛り上がり様がスッゲエ…。稲葉先生リキ振り絞りすぎっすよ。

 

 

49th SINGLE

1st beat: Don’t Wanna Lie ★★★★★★★★★☆
2nd beat:  Homebound  ★★★★★★★☆☆☆

 

 やっぱりこの曲は全体的に音がデカいっすね。ストリングスもかなり大仰に鳴ってるんですけど、それ以上に演奏陣のプレーの存在感が凄いっていうか、ちょっとパワフルすぎやしないか?って感じもしますけど、感傷的な歌メロも相俟ってグサッときてしまう歌詞がいいので、この曲は今でも結構好きです。

 カップリングの『Homebound』は、タイトル曲とは趣を変えた ひっそり系バラード。ぶっちゃけ地味ですけど、この優しい響きにはとても癒されます。

 

 

50th SINGLE

1st beat: GO FOR IT, BABY -キオクの山脈- ★★★★★★★★☆☆
2nd beat: 仄かなる火 ★★★★★★★☆☆☆
3rd beat: 流星マスク ★★★★★★★★★☆

 

 一言で表すなら、タック松本スペシャルロック。ひたすらリフで押しまくり、唯一「引き」ポジションを担っているブリッジパートではタックがカッコつけて歌唱と、始終 前に出ずっぱり。先述のマツモトピックスを抜きにしても、稲葉先生の歌もムキムキなリフもかっこいいし、リリース当初はあんなに嵌りまくってたというのに、年が明けてからメッキリ聴かなくなっちゃったな…。

 

 

 カップリング『仄かなる火』は穏やかなスローバラード曲。何度聴いてもサビメロで『Brighter Day』が過ぎる。

 『流星マスク』は、爽やかで甘酸っぱい青春メロディが炸裂するこそばゆいポップナンバー。「好きだとハッキリ聞こえた夜更けの電話の声 あれから心の中で毎日リピート」なんてティーンエイジ風な歌詞も躊躇なくぶち込むアラフィフ青年稲葉浩志。いくら齢を重ねようとも稲葉節は不老であることを訴えているかのような感じが。

 

Next→『全シングルレビュー Vol.7(『HEAT』『核心』『Q&A』『ユートピア』)
 

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です