『B’z The Best XXV 1988-1998』 『B’z The Best XXV 1999-2012』全曲レビュー Vol.7

B'z The Best XXV 1988-1998(初回限定盤)

『B’z The Best XXV 1988-1998』/ B’z
2013.6.12

[DISC1]

01. だからその手を離して
02. 君の中で踊りたい
03. LADY-GO-ROUND
04. BE THERE
05. 太陽のKomachi Angel
06. Easy Come, Easy Go!
07. 愛しい人よGood Night…
08. LADY NAVIGATION
09. ALONE
10. BLOWIN’
11. ZERO
12. 愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない
13. 裸足の女神
14. Don’t Leave Me

[DISC2]

01. MOTEL
02. ねがい
03. love me, I love you
04. LOVE PHANTOM
05. ミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~
06. MOVE
07. Real Thing Shakes
08. FIREBALL
09. Calling
10. Liar! Liar!
11. さまよえる蒼い弾丸
12. HOME
13. HEAT
14. 核心

 

B'z The Best XXV 1999-2012(初回限定盤)

『B’z The Best XXV 1999-2012』 / B’z
2013.6.12

[DISC1]

01. ギリギリchop
02. 今夜月の見える丘に
03. May
04. juice
05. RING
06. ultra soul
07. GOLD
08. 熱き鼓動の果て
09. IT’S SHOWTIME!!
10. 野性のENERGY
11. BANZAI
12. ARIGATO
13. 愛のバクダン
14. OCEAN

[DISC2]

01. 衝動
02. ゆるぎないものひとつ
03. SPLASH!
04. 永遠の翼
05. SUPER LOVE SONG
06. BURN -フメツノフェイス-
07. イチブトゼンブ
08. DIVE
09. MY LONELY TOWN
10. さよなら傷だらけの日々よ
11. Don’t Wanna Lie
12. GO FOR IT, BABY -キオクの山脈-
13. Q&A
14. ユートピア

 

今回はベスト盤に収録された まっさらな新曲4曲の感想を。

 

◆ 『全シングルレビュー Vol.1(1st『だからその手を離して』~9th『ALONE』)

◆ 『全シングルレビュー Vol.2(10th『BLOWIN’』~18th『LOVE PHANTOM』)

◆ 『全シングルレビュー Vol.3(19th『ミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~ / MOVE』~26th『ギリギリchop』)

◆ 『全シングルレビュー Vol.4(27th『今夜月の見える丘に』~33th『熱き鼓動の果て』)

◆ 『全シングルレビュー Vol.5(34th『IT’S SHOWTIME!!』~42nd『SPLASH!』)

◆ 『全シングルレビュー Vol.6(43rd『永遠の翼』~50th『GO FOR IT, BABY -キオクの山脈-』)

 

 

◆ HEAT   ★★★★★★★★★☆

 昨年ヒョンジュンさんに提供したナンバーのセルフカバーテイク。ギターがより前面に出るようになり、リズムの音が太くなり、キーが原曲よりも高く設定されているのがポイント。ヒョンジュンさんは男性にしては声が高めな人なんですけど、稲葉先生は彼よりもさらにキーが高いゆえ、ということで。

 いくら韓国のアーティストに提供したからって、韓国的な要素なんかあるわけもなく、むしろパブリックイメージとしてあるB’zらしさというのが全開って感じなんですけど、厳密に言うと20年くらい前のB’zらしい楽曲を今のB’zが演ってみたという印象。だからどうしても その頃のB’zが演ったらどんな感じになるんだろうと勝手にドキ胸ワクワクしてしまうというか、まだあまり癖がなかった頃の稲葉先生の声で聴きたかったなと、今さらどうしようもない願望が虚しく沸き上がってきてしまうんですけど、良かったですよこのセルフカバー。どっちかっていうとヒョンジュンさんテイクのほうが好きなんですけど、それでも待望の稲葉先生テイクを聴けたのは嬉しかったし、4つの新曲の中でもいちばん頻繁にリピってんのはコレですからね。

 

 

◆ 核心 ★★★★★★★★☆☆

 んでこっちはわりかし最近のB’zっぽい曲って感じですかね。なんか『MONSTER』とかに収録されてそうな。シリアスな雰囲気を醸し出す平歌に対して、サビでは情緒溢れる美メロをじっくり聴かせてくれる良バラード。バラードなのかねこれは。

 

◆ Q&A ★★★★★★★★★☆

 緊迫感に富んだハードロックナンバー。ブラスもフィーチャーされていて仕上がりはなかなか派手。「めんどくさい宿題はたまっていくばかりで 今日はもう手に負えない 明日にしよう」という楽曲の雰囲気にそぐわないワードが平然とぶち込まれていても、稲葉先生が歌えば全部アリになってしまうあたりも含めて、こちらもいい意味でB’zっぽさ全開のナンバーって感じで。

 

 

◆ ユートピア ★★★★★★★☆☆☆

 B’zのポップサイド爆発ともいうべき明るく弾けた佳曲。なんですけど、ギターサウンドの重厚さがやや過度な感じがあるというか、タック松本がたるんだ腹をタプンタプン弾ませながら陽気に飛び上がってるような絵図が浮かんでしまって 思わず失笑みたいな。日曜日のお父さんソングって感じの曲ですね。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です