アルバム感想『B’z The Best “Pleasure”』/ B’z

B’z The Best“Pleasure”
『B’z The Best “Pleasure”』/ B’z
1998.5.20
★★★★★★★★★★

01. LOVE PHANTOM 
02. love me, I love you 
03. Easy Come, Easy Go! 
04. ZERO 
05. ALONE 
06. 裸足の女神 
07. 愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない 
08. LADY NAVIGATION 
09. 太陽のKomachi Angel 
10. BE THERE 
11. Don’t Leave Me 
12. Bad Communication E.Style 
13. Calling 
14. さまよえる蒼い弾丸 

 

 

 

 当時の歴代最高イニシャル&史上2作目の1Weekダブルミリオンを叩き出した 売れまくりベストアルバム。凄いですね、歴代最高イニシャルを更新するの『IN THE LIFE』『RUN』『LOOSE』に続いてもう4回目ですよ。スゴ。

 

 とにかく選曲が素晴らしいですね。
 『LOVE PHANTOM』のドラマティックな曲展開に興奮を覚え、『Bad Communication』『太陽のKomachi Angel』で踊り狂い、『ZERO』で頭ん中まっしろになり、『love me, I love you』でMVの稲葉先生ばりに飛び跳ねたくなり、『ALONE』で水分と塩分が枯渇するほどに感涙し、『Easy Come, Easy Go!』『裸足の女神』でグレートティーチャー稲葉に慰められ、『LADY NAVIGATION』で腰をくねくねしまくる変態教師稲葉にストーキングされた気分になり、『愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない』でアダムとイヴ気分に耽り、『BE THERE』のイントロ、『Don’t Leave Me』での絶叫、『Calling』の15秒CMで流れてたパートと全然関係ないバラードパートに衝撃を喰らい、そして『さまよえる蒼い弾丸』で血管の中が沸騰するという、シングル曲をコンプしていないにもかかわらず 隙がなさすぎる超ウルトラ豪華ネスなラインナップ。

 

 ヒット曲ばかりがこぞってるというのもありますけど、売上や順位などの記録を抜きにしても本当にいい曲ばかりだし、それでいてリリース順の配置でないにもかかわらず上手いことオリアルに比肩する纏まりを有しているのが何気にスゴ。

 

 敢えて難点を挙げるならば、金ピカケースがベッタベタに指紋がつきやすい仕様であるということくらいかな。『Treasure』で改善されてたから良かったけど、アレはマジで迷惑だった。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です