アルバム感想『DINOSAUR』/ B’z

DINOSAUR (初回限定盤)(DVD付)
『DINOSAUR』/ B’z
2017.11.29
★★★★★★★★★☆

01. Dinosaur ★★★★★★★★★☆
02. CHAMP ★★★★★★★★☆☆
03. Still Alive ★★★★★★★★★★
04. ハルカ ★★★★★★★☆☆☆
05. それでもやっぱり ★★★★★★★☆☆☆
06. 声明 ★★★★★★★★★☆
07. Queen Of The Night ★★★★★★★★☆☆
08. SKYROCKET ★★★★★★★★☆☆
09. ルーフトップ ★★★★★★★★★☆
10. 弱い男 ★★★★★★★★☆☆
11. 愛しき幽霊 ★★★★★★★☆☆☆
12. King Of The Street ★★★★★★★★☆☆
13. Purple Pink Orange ★★★★★★★★☆☆

 

 

 前作から約2年8ヵ月ぶりとなる20thアルバム。

 いやいや随分と渋いロックをやってらっしゃるじゃないですか。全体的に往年のハードロックを意識した作りで。ほんで、もちろん全曲スタジオレコーディングではあるのですが、これまでの作品の中で最もライブ感があります。「ライブ映え」じゃないっす。衝動的だったり生々しい躍動感やグルーヴだったり、あと特に分かりやすいトコだと『Dinosaur』冒頭の恐竜の咆哮さながらのイントロダクションがライブの開幕を連想させたり、そういったトコでライブに近しい感触があるのが特徴的で、B’zがライブバンドであることを改めてアピっているかのよう。

 

 松本先生の厚みあるギターが引っ張るハードロックナンバー『Dinosaur』がオープニングにしてアルバム曲のハイライト。前述のイントロダクションといい、稲葉先生のしゃがれ声といい、カッコよすぎて血管の中が沸騰しそう。

 

 

 オリエンタルな旋律とぶっといリフによるギターワークが絶対的B’zの安心感と頼もしさを感じさせる『CHAMP』、ボスの如き出しゃばるギターではなくバックからサポートしようとするプレーが本作では異色に思える ジャジーなミドルロック『ハルカ』、イケイケなチョイワルおやじ感全開のギターサウンドがくそイカす 躍動感に満ちたワイルドなロックナンバー『声明』、渋みあるカッティングギターとハードロック的な分厚いギターで楽曲をリードする AORチックな艶っぽいナンバー『Queen Of The Night』、思わずハンドクラップしたくなるチャーミングな陽性ポップロック『SKYROCKET』、妖艶なギターと陽炎のように揺らぐ稲葉先生のボーカルが織りなすオリエンタルな音空間に陶酔感を覚える『ルーフトップ』間奏でサックスソロがダルシムばりに猛烈な火を吹くヨガフレイムディスコ『弱い男』、豪快な古き良きハードロック『King Of The Street』と、一本筋が通った上での程よいバリエーションが功を奏して、ひとえに往年のハードロックといっても様々な味が楽しめます。

 

 

 そんな中、B’zのカムバック宣言に相応しいポピュラリティ完備のハードロック『Still Alive』という トレンディなアプローチを交えつつ従来のB’zのイメージを堅守した曲もバッチリ押さえてあって、全体的に締まる感じがしますな。帯をギュッとね!って感じで。いや、B’zと柔道、何の関係もないけど。

 

 一方、聴かせる類のナンバー。平歌とサビとの橋渡し的な「それでもや~っぱり~♪」のメロ転調に一瞬「んんっ!?」となる『それでもやっぱり』、アコギが楽曲のムードを担っている穏やかなバラード『愛しき幽霊』は比較的こざっぱりとした作り。前者は間奏とアウトロでめっちゃギターが出しゃばるけど、これはアルバム全体における箸休め的なイメージでこういった仕上がりになったんでしょうか。しかし、ラストの『Purple Pink Orange』はド派手でダイナミックでスケールがデカいロッカバラード。『無言のPromise』のアップデート版的な感じで、なんかよくわからんが貫禄がありますね。

 

 今回 松本先生はギターを意図的に丸みを帯びた音を鳴らしている感じなので、破壊力や切れ味の鋭さを求めていると物足りなさを覚えるかも。ただ、ほとんどの楽曲で松本先生のギターが牽引していて、それが楽曲の旨味に直結しているので、やっぱり松本先生のギターあってのB’zだなあというのを実感するわけですよ。アプローチの手法も多種多様なのもいいですよね。んで、稲葉先生もまだまだ衰えてませんね。高音がちょっと苦しそうとか時々あるけど、しゃがれ声がいい味だしてたりして90sや00sにはなかった今ならではの魅力があって。

 

 今までのアルバムとはまた趣は異なりますが、相変わらずB’zはカッコいいハードロックバンドだったというのを改めて実証できたなと思うし、単純に聴いてて楽しかった。彼らはまだまだ現役ですよ。過去のヒット曲だけに依存しない30年選手のロックスター、スティルアライブ。

 

 

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です