アルバム感想『ALIVE』/ Do As Infinity

ALIVE
『ALIVE』/ Do As Infinity
2018.2.28
★★★★★★★★☆☆

01. ~ prologue ~
02. Alive ★★★★★★★★★☆
03. GET OVER IT ★★★★★★★★☆☆
04. 火の鳥 ★★★★★★★★☆☆
05. To Know You ★★★★★★★★☆☆
06. Iron Hornet ★★★★★★★★☆☆
07. Silver Moon ★★★★★★★★★☆
08. 化身の獣 ★★★★★★★★☆☆
09. 唯一の真実 ★★★★★★★☆☆☆
10. ~ epilogue ~

 

 

 前作から3年という長期ブランクを経てリリースされた12thアルバム。プロデュースは亀田師匠ではなく澤野弘之氏によるもの。

 

 普通のポップスばっかだった前作とは対照的な作風に驚かされました。ポップサイドに傾倒して久しいだけに、初期に確立した深奥な音世界を 曲単位で申し訳程度に取り込むのではなく アルバム全体でガッチガチに構築しているのがとにかく意外だったし、その構築手法がトレンディなデジタルサウンドを駆使したものというのが さらにまさかまさかという感じで。

 

 どういう心境の変化があったか分からんが、ユニットの根底にある独自性と 時代性の双方をしっかり活かして融合を試みているのは良いこと。決して過去の栄光にすがって音楽を演ってるわけじゃなく、2018年現在のミュージックシーンでサバイブしていこうという意気込みが汲み取れるし、その目論見は曲単位のみなずアルバム一枚を通じて しっかりと結実してますからね。

 

 映画の幕開けのようであり、夜明けを迎えるさなかのようでもあるイントロ『~ prologue ~』からして既に予感は十分。
 そんな音世界がぐわっと広がる雄大なナンバー『Alive』は不屈の生命力を感じさせる佳曲。鍵盤をフィーチャーした躍動感あるロックサウンドにエレクトロアレンジを掛け合わせたことで、音世界がより鮮明かつ臨場感を増したものとなっておりば。

 


 

 スケールでかみなミドルロック『To Know You』は「Tokyo」をテーマに据えた楽曲だそうですが、すいません、どう聴いても東京の画なんて浮かんできやしないんですけど。しかし、エレクトロアレンジを存分に活かした遠大な音像はジャケ写に違わず鮮やかで美しい。

 

 地上の音景色を魅せていた『Alive』『To Know You』とは対照的に地底の音世界の深層部をクローズアップしたかのような『Iron Hornet』 、幻想性を有したミドルナンバー『Silver Moon』はいずれもオルタナロックとエレクトロアレンジの有機的な融合により、元々備わっていた音世界のさらなる具現化に成功しているし、ディストーションしたギターサウンドがリードし、ブーストしたデジタルサウンドが攻撃性を増幅させたハードロックナンバー『GET OVER IT』、荒廃感と近未来感が同居したサイバーロック『化身の獣』も単なるライブ映えモノに終止しない仕上がりで、アルバムの世界観をより確固たるものに。

 

 デジタルアプローチを控えたロックバラード『火の鳥』もまた生命力を解き放つような力強いナンバーで、「本作のアクセントとして機能してる」と謳うのは失礼なくらい、その他の収録曲と共鳴してます。そして、アコギとピアノが中心となったバラード『唯一の真実』で穏やかに締める流れもいい。

 

 過去作でいうと『NEW WORLD』や『GATES OF HEAVEN』が好きな人ほど好印象を抱くと思います。ただし、2010年代テイストのデジタルサウンドに苦手意識がなければの話ですけど。デジタルサウンドといっても、ダンスミュージックを持ち込んでるわけではなく、ドゥアズならではの音を立体的かつ色鮮やかに表現すべく用いられてるので、そこが大きな利点。
 ただ、このアプローチを5,6年前の時点で着手していれば、ドゥアズを取り巻く状況が少なからず好転してたかもしれないので、それを考えるとちょっと勿体ないなって。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です