アルバム感想『NEW WORLD』/ Do As Infinity

NEW WORLD
『NEW WORLD』/ Do As Infinity
2001.2.21
★★★★★★★★★★

01. new world [Album Mix] ★★★★★★★★★☆
02. GURUGURU ★★★★★★★★★★
03. Desire ★★★★★★★★☆☆
04. We are. ★★★★★★★★★★
05. Snail ★★★★★★★☆☆☆
06. 永遠 ★★★★★★★★☆☆
07. rumble fish ★★★★★★★★☆☆
08. Holiday ★★★★★★★★☆☆
09. 135 ★★★★★★★★★★
10. Wings 510 ★★★★★★★★☆☆
11. SUMMER DAYS ★★★★★★★★★☆
12. Yesterday & Today [Strings Orchestra Mix] ★★★★★★★★☆☆

 

 

 長尾大が裏方へ回り、伴ちゃんと亮くんの二人体制になった直後にリリースされた2ndアルバム。

 長尾大メイドのメロディ×亀田師匠主導のアレンジという基本的な構図や それが織り成す質の高さは相変わらずだし、虚無感を喚起するドライなオルタナロック『rumble fish』を筆頭に 前作の雰囲気を継承した曲もいくつかありますけど、オープニングナンバー『new world』が象徴するように、全体的にロック要素が強化され(リズムを激しくガンガン鳴らすナンバーが増えた、という感じも)、「夜が明けてここから歩き出そう」なるワードを体現するかのような 閉塞から開放へと向かう様をイメージさせる内容になってます。

 

 

 気品と妖艶さを併せ持ったダークなロックナンバー『Desire』、眩さと陰りが混在したアンニュイなミドルロック『GURUGURU』、ゴージャスかつロマンティックなクリスマスソング『We are.』、伴ちゃんのサディスティックな一面が垣間見えるグランジナンバー『Snail』、亡き人への想いを綴ったウェットなロッカバラード『永遠』、ほのぼのした雰囲気のポップソング『Holiday』、ダンサブルな打ち込みを敷いた退廃的なロックナンバー『135』、パンキッシュな疾走ロック『SUMMER DAYS』など、期待に違わぬ名曲佳曲だらけなんですけど、私的には『We are.』がダントツで好きすぎる一曲。疾走感、躍動感あるサウンドも然ることながら、クリスマスムード意識しまくりの煌びやかなストリングスアレンジが最高っす。さっすが亀田師匠!…と思ったら、この曲だけ亀田師匠まったく関与してねーでやんの。

 

 前作で打ち出したUK的なダークさやヒンヤリ感を残しつつ、ポップセンスと手広いアプローチで以って また新たなドゥアズのスタンダードを確立した、という感じがする一枚。というか、今となっては前作のスタイルがイレギュラーみたいな感じになっちゃってますけど。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です