アルバム感想『TRUE SONG』/ Do As Infinity

TRUE SONG (CCCD)
『TRUE SONG』/ Do As Infinity
2002.12.26
★★★★★★★☆☆☆

01. 空想旅団 ★★★★★★★★★★
02. under the sun ★★★★★★★☆☆☆
03. Good for you ★★★★★★☆☆☆☆
04. I can’t be myself ★★★★★★☆☆☆☆
05. Perfect Lady ★★★★★★★★★☆
06. 真実の詩 ★★★★★★★★★☆
07. Grateful Journey ★★★★★★★★☆☆
08. One or Eight ★★★★★★★★☆☆
09. sense of life ★★★★★★★★☆☆
10. 轍-WADACHI- ★★★★★★★★☆☆
11. あいのうた ★★★★★★☆☆☆☆

 

 

 ベスト盤を挟んで約1年3ヵ月ぶりにリリースされた4thアルバムです。

 活発な曲(≒ロックナンバー)が増えましたね。と同時に演奏陣のプレーが今までよりも前に出るようになってます。そしていつしかこの手の音がドゥアズらしさの一つとなっていったわけですね。開放感と疾走感が抜群な『Grateful Journey』、その勢いを引き継いだハイテンションなロックンロール『One or Eight』は前奏からして既にカッコいい。

 

 んで、かねてよりドゥアズのサウンドを支えてきた亀田師匠の仕事っぷりも忘れてはなりません。ドゥアズのマニフェストソングと言っても過言ではない『空想旅団』は、中二病患者っぷりを露にした 雄大かつ幻想的なアレンジがあってこその名曲だし、ノスタルジックなミドルスロー曲『sense of life』『轍-WADACHI-』の軽快なアレンジも ちょっとした味付けではありますが これもやっぱり彼ならではのいい仕事って感じで。

 

 『真実の詩』での京胡をフィーチャーしたアレンジも絶品だし、『Perfect Lady』での完璧主義者を小馬鹿にするようなアプローチも最高。後者は伴ちゃんのちょっとラリったような歌唱もその演出に大きく貢献してますね。

 

 といった感じで、気に入ってる曲はそこそこあるんですけど、『Good for you』『I can’t be myself』『あいのうた』は私的に可もなく不可もなくって感じだったんで、全体的にはこれまでのアルバムよりもちょっと満足度が下がっちゃうのよね…。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です