アルバム感想『ETERNAL FLAME』/ Do As Infinity

ETERNAL FLAME
『ETERNAL FLAME』/ Do As Infinity
2009.9.30
★★★★★★★☆☆☆

01. ETERNAL FLAME ★★★★★★★☆☆☆
02. 最後のGAME ★★★★★★★★★☆
03. Perfect World ★★★★★★★★☆☆
04. 名もなき革命 ★★★★★★☆☆☆☆
05. ナイター ★★★★★★★★☆☆
06. Feelin’ The Light ★★★★★★☆☆☆☆
07. メラメラ ★★★★★★★★☆☆
08. Piece Of Your Heart ★★★★★★★☆☆☆
09. 北風 ★★★★★★☆☆☆☆
10. his hometown ★★★★★★★★★★
11. 焔 ★★★★★★★★★☆
12. 生まれゆくものたちへ ★★★★★★★★★★

 

 

 長尾大をハブって3年ぶりに復活を遂げたドゥアズの7thオリアル。

 当然ながら、解散前とは違い 作曲を手掛けているのは長尾大以外の人になるわけですけど、どの曲もなんかドゥアズっぽく聴こえますね。それだけ 楽曲提供者が大なり小なりドゥアズのイメージを掴んでいたということなんでしょうか。まあアレンジやベース演奏に関しては引き続き亀田師匠が務めてますからね。

 

 アルバム『TRUE SONG』系統のパワフルな疾走ロック『最後のGAME』、フューチャリスティックな要素を薄っすら塗したダンサブルな『Perfect World』、家族との繋がりを題材にした歌詞やノスタルジックなメロディがまさにドゥアズといった感じがするバラード曲『ナイター』、ありきたりなようで実は唯一無二の大渡節が炸裂した 『NEED YOUR LOVE』路線の花ゆめミドル『Piece Of Your Heart』、夏の終わりのような切なさやノスタルジックな響きを有した「地元に帰ろう」ソング『his hometown』、復活にあたってのマニフェストを掲げたロックバラード『焔』、「生」をテーマにした壮大ロックバラード『生まれゆくものたちへ』といった 解散前のドゥアズ像を継承したような曲もあれば、6分以上にも及ぶプログレロック『ETERNAL FLAME』、カラッとしたミディアムUKロック『Feelin’ The Light』、なぜ主人公の居住地を三軒茶屋に設定したのかよくわからん歌詞が何気に新鮮なガチガチデジロック『メラメラ』といった 今までのドゥアズにありそうでなかったタイプの曲もあります。

 

 長尾大抜きで「新しく私らしく」なドゥアズイズムを音像化しているし、今改めて聴くと、結果的にこのアルバム自体が復活後のドゥアズサウンドのベーシックになったんだなという感じがしますね。

 

 通しで聴くと ちょっとリキ入りすぎやろと思ったりもしますが、亀田師匠やその他制作に携わったメンツのサポートぶり、そして亮くんが『焔』で綴った歌詞に頼もしさを感じた 実に力強い一枚だなとも改めて。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です