アルバム感想『EIGHT』/ Do As Infinity

EIGHT (DVD付)
『EIGHT』/ Do As Infinity
2011.1.19
★★★★★★★☆☆☆

01. Baby!Baby!Baby! ★★★★★★★★☆☆
02. Special ★★★★★★★★★☆
03. 1/100 ★★★★★★★☆☆☆
04. Hand in Hand ★★★★★★★☆☆☆
05. ワンダフルライフ ★★★★★★★★★☆
06. 僕が描いてた僕 ★★★★★★★★☆☆
07. JIDAISHIN ★★★★★★★☆☆☆
08. Everything will be all right ★★★★★★★★★☆
09. Fly to the Freedom ★★★★★★★★☆☆
10. Dear memories ★★★★★★★★☆☆
11. 1176時間 ★★★★★★★★★★
12. 君がいない未来 ★★★★★★★★☆☆

 

 

 ドゥアズの8thオリジナルアルバム。

 1stアルバムから始まったタイトルしりとりは今作でもしっかり引き継がれてます。アルバムのタイトルはアルバムの枚数目とアーティスト名と「可能性は無限大」的な詞世界とを掛け合わせたもの(「Infinity」→「∞」→「8」→『EIGHT』)ですよねきっと。

 

 詞世界的には大雑把に言えばポジティブな姿勢を貫徹してます。サウンドは 再始動一発目を執拗に意識した感がありまくりのリキみすぎな前作よりもずっと軽やかなタッチで、私的にはこっちのほうがいいかな。

 

 初聴でBメロがサビだと錯覚してしまうこと必至のパワフルなホーンポップ『Baby!Baby!Baby!』、景気のいい疾走ロックナンバー『Special』、尺八の音色で和テイストをあしらった ミディアムながら力強いナンバー『1/100』、何気ない日常の景色をまんま音像化したようなミドルナンバー『ワンダフルライフ』、伴ちゃん・演奏陣ともにガツガツぶりを振り撒きまくったロックナンバー『JIDAISHIN』、夕暮れスローナンバー『Dear memories』、パンキッシュな爽快アップナンバー『君がいない未来』など、特別 先鋭的なアプローチをみせているわけでもこれといったコンセプトを設けているわけでもなくといった感じだけど、総じて曲の粒は揃っていて これはこれでまあアリ。普遍的かつ良質なJ-POPをフラットな感覚で過不足なく味わえる一枚ですね。

 

 恋人を失くしてから1176時間(=49日)、少しずつ悲しみを乗り越えていく主人公の姿を描写した詞を、陽だまりのような明るさと暖かさが感じられる軽やかなポップサウンドに乗せて歌った『1176時間』が私的に本作きってのお気に入りナンバー。こういう類のテーマをこれまでのドゥアズみたく壮大さや重厚感を装わず、あくまでポップに軽やかに鳴らすっていう、このラフなアレンジが凄くいいなって思った。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です