アルバム感想『HiGH & LOW ORIGINAL BEST ALBUM』 / V.A.

HiGH & LOW ORIGINAL BEST ALBUM(CD2枚組+DVD+スマプラ)
『HiGH & LOW ORIGINAL BEST ALBUM』 / V.A.
2016.6.15
★★★★★☆☆☆☆☆

[DISC-1]
01. MUGEN ROAD/三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE ★★★★★★★☆☆☆
02. Do or Die/DOBERMAN INFINITY ★★★★★★★☆☆☆
03. JUMP AROUND ∞/DOBERMAN INFINITY ★★★★★★☆☆☆☆
04. WHITEOUT/PKCZ(R) feat.EXILE SHOKICHI ★★★★★★★★☆☆
05. RUN THIS TOWN/GENERATIONS from EXILE TRIBE ★★★★★★★★☆☆
06. STRAWBERRY サディスティック/E-girls ★★★★☆☆☆☆☆☆
07. VOICE OF RED feat.GS/DJ DARUMA from PKCZ(R) ★★★★★★★★☆☆
08. One Time One Life/EXILE THE SECOND ★★★★★★★☆☆☆
09. MIGHTY WARRIORS/PKCZ(R) feat.AFROJACK,CRAZYBOY,ANARCHY,SWAY,MIGHTY CROWN (MASTA SIMON & SAMI-T) ★★★★★★★☆☆☆
10. FOREVER YOUNG AT HEART/今市隆二 ★★★★★★★★☆☆

[DISC-2]
01. HIGHER GROUND feat.Dimitri Vegas & Like Mike/EXILE TRIBE ★★★★★★★☆☆☆
02. SIN/ACE OF SPADES feat.登坂広臣 ★★★★★☆☆☆☆☆
03. Louder/ACE OF SPADES ★★★★★★★☆☆☆
04. CHAIN BREAKER/PKCZ(R) feat.登坂広臣 ★★★★★★★★☆☆
05. ASOBO! feat.Far East Movement/EXILE THE SECOND ★★★★★★★☆☆☆
06. Unbreakable/GENERATIONS VS THE RAMPAGE (from EXILE TRIBE) ★★★★★★☆☆☆☆
07. FIND A WAY/THE RAMPAGE from EXILE TRIBE ★★★★★★★☆☆☆
08. WE RUN DIS/PKCZ(R) feat.V.I (from BIGBANG) ★★★★★★★☆☆☆
09. FUNK JUNGLE/ANARCHY,SWAY & CRAZYBOY ★★★★★★★☆☆☆
10. BBFL/SWAY & ANARCHY ★★★★★★★☆☆☆
11. Hell On Earth/KUBO-C,P-CHO & JAY’ED ★★★★★★★★☆☆
12. Maria/青柳翔 ★★★★★☆☆☆☆☆

 

 

 EXILE TRIBEメンバーがこぞって出演したドラマ・映画『HiGH & LOW』のテーマ曲集的なコンピ盤。ちなみに私は『HiGH & LOW』関連の作品を全くチェックしてないため、本当にただ単にCDを聴いた感想しか書けません。

 

 2枚組全22曲入りと、曲数的にも収録時間的にもボリューミーだってのに、1曲単位の平均カロリーの高さがとにかく異常。EDM系とヒップホップが中心で他に疾走ロックがちょっと出てくるって感じのラインナップですが、多かれ少なかれ ほぼ全曲でアウトローな雰囲気を纏ってるわプラチナムなエレクトロサウンドが塗されてるわで、摘まみ食いならともかく、通しで聴くとさすがにこれは胃がもたれる。

 

 『MUGEN ROAD』『One Time One Life』なんかはそれに加えて不必要に重厚なギターが被さってくるし。ていうかACE OF SPADESの楽曲(『SIN』『Louder』)にデジタルコーティングは いらなくね?曲自体は真っ当にカッコいいんだから、シンプルにバンドサウンドだけで仕立て上げりゃいいことじゃね?『SIN』はなんか歌メロがダサめなのがアレですけど。

 

 

 E-girlsの『STRAWBERRY サディスティック』にも若干プラチナムコーティングが施されてますが、それ以前に『マジすかロックンロール』(AKB48)の劣化コピーみたいなダサダサでスカスカなロックサウンドで とてもじゃないが聴いてられん。これではアルバムのアクセントにもなりゃしない。

 

 チャーミー今市の『FOREVER YOUNG AT HEART』はノスタルジックな良メロバラードでこれはいい。単純にいい曲だし、アルバムでは異色のアーシーな音触りも相俟って、アクセントとしても有用…といってもDISC-1のラストを飾る曲なんでクールダウンとして有用といったほうがいいかな。同じくバラードの『Maria』は…なんか暑苦しい作風で苦手。

 

 サグい雰囲気と和の祭り要素がエレクトロアレンジの下で混在したヘンテコなヒップホップ『VOICE OF RED』とか、エッジを効かせたバウンシーなヒップホップ×EDMな『CHAIN BREAKER』とか、映画の要となる場面で流れるイメージの シリアスかつ荘厳なムード漂うヒップホップ『Hell On Earth』とか、曲単位で好きな曲はあるものの、全体的にはマヨじゃがピザと みみまでチーズピザと厚切りベーコンピザを食わされてるような感覚でかなり どぎつい。しかもどのピザにもミートソースぶっかけまくりみたいな。いやいやこれはいくらなんでも胃腸に悪すぎマジ勘弁っす大正漢方胃腸薬ではカバーしきれんわと。

 

 

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です