アルバム感想『crossroads』/ fripSide

crossroads<初回限定盤CD+Blu-ray>
『crossroads』/ fripSide
2017.10.4
★★★★★★★★☆☆

[DISC1]
[all tracks:-crossroads version-]

01. sky ★★★★★★★★☆☆
02. Red “reduction division” ★★★★★★★☆☆☆
03. hurting heart ★★★★★★★★☆☆
04. an evening calm ★★★★★★★★★☆
05. split tears ★★★★★★★★☆☆
06. the chaostic world ★★★★★★☆☆☆☆
07. prominence ★★★★★★★★☆☆
08. distant moon ★★★★★★★★☆☆
09. escape ★★★★★★★★☆☆
10. before dawn daybreak ★★★★★★★★☆☆
11. snow blind ★★★★★★★★☆☆
12. brave new world ★★★★★★★☆☆☆

[DISC2]

01. clockwork planet ★★★★★★★☆☆☆
02. The end of escape -fripSide edition- ★★★★★★★☆☆☆
03. crossroads ★★★★★★★★☆☆
04. a gleam of prologue ★★★★★★★★☆☆
05. pico scope -SACLA- ★★★★★★☆☆☆☆
06. only me and the moon ★★★★★★★★★☆

 

 

 fripSide第1期からカウントして通算10作目となるアルバム。今作は15th Anniversary Albumということで、ファン投票で選ばれた第1期の楽曲をセルフカバーした[DISC-1]と、直近のシングル曲を含めた新曲による[DISC-2]という なんとなくスペシャルなラインナップ。つっても、第1期のセルフカバーとか過去に何曲もやっとるやないかいって話なんですけど、アルバム全体的な作風はほぼ微動だにしない状況が続いてたので、完全なる新作ではないけども、マンネリ回避として有用しているんではないかなと。

 

 

 まずは[DISC1]。結局のところfripSideすぎるデジタルポップスとしか言いようがないのだけど、トラックの風景描写が今よりもやや抽象的である一方で、メロディが分かりやすく超キャッチーでなおかつ90s感とゲーム映え感がやや強め。あと、ほとんどの楽曲でラスサビ転調もしくはサビ折り返しで転調しているのが特徴的で、ここでさらに90sっぽさに拍車を掛けてる感が。

 

 『before dawn daybreak』といったブレイブリーなアップナンバーもいいけど、私的には『an evening calm』『snow blind』といったミドルスローナンバーのほうが好みですね。アップナンバーの中だと『prominence』『escape』といったメロディアスさが際立った楽曲のほうに軍配が上がるかな。

 

 『brave new world』はナンジョルノに加え、nao、KOTOKO、黒崎真音ちゃんがゲストボーカルで参加したド・バラード。アレンジが壮大かつ美麗で、バリバリ狙いまくってます。そしてナンジョルノ、nao、KOTOKOの声がくっそ高いこともあって真音ちゃんの艶っぽいボーカルの存在感が際立ってます。てか真音ちゃんが参加してなかったら高音の厚みが凄すぎて聴いてられなかったかもしれん。

 

 一方[DISC2]は、まあいつも通りのfripSideっすね。同じ90年代のデジタルなJ-POP路線でも、こっちは「90sの名残がある」っていう程度なので、そこが第1期の曲との違いですね。
 この中だと、サビのコーラスの入れ方が生半可に小室っぽいメロディアスなミドルアップ『crossroads』、性急なビートに乗っかったブレイブリーアップ『a gleam of prologue』八木沼先生が作詞曲アレンジに関与していない(作詞:ナンジョルノ、作曲アレンジ:齋藤真也)ミドルナンバー『only me and the moon』がいいですな。って、ラストの曲はもはや「名残がある」レベルじゃないやん。超絶90sすぎるやん。

 

 セルフカバー曲の半分くらい原曲を知らなかったので、オリジナルアルバムさながらの感覚で楽しめました。5の倍数アニバーサリーも捨てたもんじゃないですな。

 

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です