アルバム感想『SUMMERDELICS』/ GLAY

SUMMERDELICS(CD+2DVD)
『SUMMERDELICS』/ GLAY
2017.7.12
★★★★★★★★★☆

01. シン・ゾンビ ★★★★★★★★★☆
02. 微熱Agirlサマー ★★★★★★★☆☆☆
03. XYZ ★★★★★★★★☆☆
04. 超音速デスティニー ★★★★★★★★★☆
05. ロングラン ★★★★★★★☆☆☆
06. the other end of the globe ★★★★★★★★☆☆
07. デストピア ★★★★★★★★☆☆
08. HEROES ★★★★★★★☆☆☆
09. SUMMERDELICS ★★★★★★★☆☆☆
10. 空が青空であるために ★★★★★★★★☆☆
11. Scoop ★★★★★★★★☆☆
12. 聖者のいない町 ★★★★★★★★☆☆
13. Supernova Express 2017 ★★★★★★★★★★
14. lifetime ★★★★★★★★☆☆

 

 

 2年半以上のブランクを経てリリースされたアルバム。

 タイトル通り夏をテーマにしているようで、バラードを一切収録せず、ライブ映え・フェス映えする開放的で勢いのあるロックナンバーをメインに据えたラインナップとなってます。

 また今作はこれまでのようなTAKUROがメインコンポーザーとして稼働するカタチではなく、メンバー4人がほぼ均等に作詞作曲をしている(選曲されてる)のも特徴の一つで、それがこれまでのGLAYとはちょっと違う振れ幅を有することに繋がってます。

 

 

 まずはTERU作曲ナンバーをみていくと。『HEROES』『空が青空であるために』は近年のGLAYにおけるスタンダードの一つとなった感がある瑞々しく爽快な疾走ポップロックナンバー。
 そして『the other end of the globe』はマーチング的なリズムを敷いたスケール感豊かなアップナンバー。力強くも大らかさを携えたサウンドやTERUのボーカルも相俟って、八方塞がりなナイーブな心をいたわるような歌詞が胸に沁みます。今までのGLAYにありそうであまりなかったタイプの楽曲ですが、これはTERUというより アレンジを手掛けているうちの一人である亀田師匠の手癖バリバリな魔力によるトコがやはり大きいのでしょうな。

 

 続いてHISASHI作曲。爽快ポップなサウンドにアイドルポップス的な歌メロとノリを宛がった『微熱Agirlサマー』、退廃的かつエッジーな疾走ハードロック『超音速デスティニー』『デストピア』、そして『彼女はゾンビ』を ヲタ芸MIXや太鼓の達人のヴォイスなどを新たに注入してリメイクした『シン・ゾンビ』があります。以前HISASHI作曲の『GIANT STRONG FAUST SUPER STAR』なんつーぶっ飛んだネタモノナンバーがありましたが、今回の楽曲(特に『シン・ゾンビ』)は何かしら必ずスパイスが含まれていながらも最終的にはストレートなロックとしてアウトプットしているのが共通した特徴ですね。っていうか『シン・ゾンビ』の「シン」って一体なんぞ!?新ゾンビ?それとも「罪」を意味する「SIN」?ほんで鉛筆の「芯」という意味でもあるってか?え、それトリプルミーミングじゃね?みたいな。

 

 んでJIRO作曲。陽性オルタナティブロック『SUMMERDELICS』、アイロニカルなパンキッシュナンバー『Scoop』、ファンに向けてライブでの再会を約束しているかのような歌詞が良い ほのぼのとしたミドルポップ『lifetime』と、三種三様ながらどれもJIROならではのカラーが表れた佳曲たち。そしていずれの楽曲も、フック、スパイス、クールダウンと、アルバムの緩急づけに寄与しているのも特徴のひとつ。

 

 そしてTAKURO作曲。GLAYのイメージや今作のテーマである夏のイメージを端的に表した疾走アップナンバー『XYZ』、マラソン大会のテーマソングかっ、と思ったら実際に北海道マラソンのタイアップがついていた『ロングラン』、そして清々しくも温かさがある、郷土愛あふれる渾身の名曲『Supernova Express 2017』と、こちらも近年のGLAYの象徴である爽快なアップナンバー…なのですが、『聖者のいない町』は本作において異彩を放っているゴスペルとロックを融合した的なミドルナンバーで、ぶっちゃけ『シン・ゾンビ』以上に驚き。思わず笑っちゃうこの荘厳なムードメイキングが面白くていい味出してます。

 

 4人全員がプレイヤーとしてだけではなく。コンポーザーとしても作品作りに大きく関与するようになったことで、4人それぞれの、ひいてはGLAYというバンドの魅力・面白さがようやく1枚のアルバムに密封することが出来た、という感じがしますな。本当に「やっと」って感じですけどね。考えてみたら今までこのスタイルで一度もアルバム制作をしたことがなかったのが不思議というか、半ば好き放題やってる状態だったアルバム『ONE LOVE』(2001年)でこの4人均等のスタイルでやりゃあ良かったのに…と今さらながら。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です