アルバム感想『B-side Collection ~W~』/ GRANRODEO

GRANRODEO B-side Collection “W”
『B-side Collection ~W~』/ GRANRODEO
2012.2.15
★★★★★★★★★☆

【Disc1】
1. GAMBiT ★★★★★★★★★☆
2. mistake ★★★★★★★★★☆
3. SUGAR ★★★★★★★☆☆☆
4. 月に猫 ★★★★★★★☆☆☆
5. シルエット ★★★★★★★☆☆☆
6. Shake the Fake ★★★★★★★★☆☆
7. Snow Pallet ★★★★★★★★☆☆
8. シャニム二 ★★★★★★★★★☆
9. GRIND “style GR” ★★★★★★★★★★

【Disc2】
1. サマーGT09 ★★★★★★★★☆☆
2. 紫炎 ★★★★★★★☆☆☆
3. ネジレタユガミ ★★★★★★★★★☆
4. Rain Beat ★★★★★★★★☆☆
5. SEA OF STARS ★★★★★★★★☆☆
6. チキン・ヒーロー ★★★★★★★★★☆
7. Soul crazy ★★★★★★★★★☆
8. ケンゼンな本能 ★★★★★★★★★★
9. めぐりあい ★★★★★★★★★☆

 

 

 デビューシングルから『ROSE HIP-BULLET』までのカップリング曲を網羅したアルバム。彼らのシングルを聴くようになったのは割と最近になってからなので個人的には嬉しいアイテム。しかもカップリングともなればリードトラックのような制約はないはずなので、GRANRODEOなら自我を剥き出しにしてやりたい放題やれちゃうでしょう。

 

 ということで、過度な期待を抱いて聴いてみたんですけど、予想通り一発目から猛烈にトバしまくってます。『GAMBiT』はB’z meets 放課後ティータイムとも言うべき ゴキゲンな高速シャッフルナンバー。ド派手な登場シーンにこっちがアワを食っちまったぜ、と言いたくなるイカした仕上がり。てかサビの「スウィ~ト♪」がB’zの『銀の翼で翔べ』とモロに被る。無意識でやっちまってんのかこれは!?

 

 『Shake the Fake』『チキン・ヒーロー』『Soul crazy』といったB’zライクな豪快ロックナンバーや、ロデオ式 水着回パーティーロック『サマーGT09』も出し惜しみなしのプレーを繰り出してるし、どキャッチーなウィンターソング『Snow Pallet』でも演奏がお飾りになっていないのはサスガ。

 

 バラードも収録されてますが、単なる休憩地点や全体のバランス取り曲で終わっていないのはサスガ。『ネジレタユガミ』はGRANRODEO内では他にみかけないタイプの悲壮的なロッカバラード。流石は “中二病患者二人が幻想郷にやってきたようです的ロックユニット” なる異名を持つGRANRODEO、タイアップや外部からの制約がなくともこういうアニメコンシャスな楽曲を作ってのけてしまうのですね。しかもかっこいい。んで『Rain Beat』は ピアノとストリングスが中心のドラマティックなバラード。『ここにあるぬくもり』に続き、またまた不覚にも嵌ってしまった、ハードナンバーに引けを取らない素晴らしい一曲です。

 

 また、ボーナストラックとして激ワイルドなアメリカンロック『GRIND “style GR”』と 90’sアニメちっくな退廃的ロックナンバー『めぐりあい』が収録されてますが、いくらボーナスっつってもコレは気前良過ぎ。くっそカッコええ!

 

 楽曲の面白さも然ることながら、寄せ集めにしてはオリアルばりにバラエティ豊かというのもまた良いですな。でも、既にオリアルに収録済みのカップリング曲は省いてもよかったんじゃないすかね(なんと8曲も)。ディスク1枚に収めようと思えば十分可能なんだから、どうせならそういうスマートなカタチでリリースしてほしかったな。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です