アルバム感想『Pierrot Dancin’』/ GRANRODEO

「Pierrot Dancin’」(初回限定盤)(DVD付)
『Pierrot Dancin’』/ GRANRODEO
2017.2.8
★★★★★★★☆☆☆

01. Pierrot Dancin’ ★★★★★★★★☆☆
02. TRASH CANDY ★★★★★★★☆☆☆
03. ナミダバナ ★★★★★★★★★☆
04. 君に one way love ★★★★★★☆☆☆☆
05. 日常ホライズン ★★★★★★☆☆☆☆
06. 終わらぬ夢 ★★★★★★☆☆☆☆
07. Punky Funky Love ★★★★★★★★★☆
08. Lovers High ★★★★★★★☆☆☆
09. Fake lover’s true heart ★★★★★★★☆☆☆
10. FAT SHAPER ★★★★★★★☆☆☆
11. 少年の果て ★★★★★★★★☆☆
12. メモリーズ ★★★★★★★☆☆☆
13. UNDER THE SKY ★★★★★★☆☆☆☆

 

スポンサーリンク



 

 オリジナルとしては約2年5ヵ月ぶりとなるアルバム。
 収録ナンバーのうちの数曲で和テイストが散りばめられてはいますが、全体的には超ざっくり言うと色々やってますって感じ。楽曲の核になってるのはいずれもゴリっとしたヘヴィなロックサウンドですけど、かといってHR/HMがメインという感じでもないし、雰囲気の統一性があるわけでもないし、かつてあった「中二病全開のB’z」なるイメージも薄れてるし、ってなもんで。

 

 本作のタイトル曲でありリード曲でもある『Pierrot Dancin’』は舞踊っぽいリズムを下地に和風メロとお馴染みのヘヴィサウンドを上乗せしたジャパニーズダンサブル(?)なロックナンバー。舞踊ちっくな要素とヘヴィロックが融合してるというよりは単に同居してるといった感じなのですが、この洗練されてないヘンテコなグルーヴがなかなかの珍味で思いのほかクセになる曲。

 

 『ナミダバナ』も同様の和の要素が取り込まれてます…っていうかイントロからして和風全開。時代劇のサントラだか酒のCMだかを連想させる仰々しく華々しいオーケストラルアレンジや、和風メロを携えて猛烈なまでのアグレッションで攻め立てるメロスピサウンドは笑っちゃうくらいにカッコいい。本作きっての名曲ですね。

 

 一方『君に one way love』は、楽曲そのものに真新しさはないものの、これまでのロデオにはなかった…という意味で新鮮なポップソング。てか歌メロだけ切り取ったらアイドルポップスやん。アンチエイジングを意識してるんでしょうかお兄さん達。

 続く『日常ホライズン』は なんかシブめなイントロからしてスモーキーでジャジーなロックが来るのかと思いきや、サビで思っくそベタベタなJ-POPに転じるという変な意表の突き方をした曲。単純にJ-POPを演りたかった、けど単純なJ-POPは演りたくなかったということなんでしょうかお兄さん達。

 

 『Lovers High』はチャラいシンセを纏ったダンサブルなロック。80sディスコちっくなシンセを纏ったダンスロック『SEA OF STARS』の兄弟的な存在って感じで、ロデオにはあまりないタイプの楽曲ゆえにこれも新鮮な聴き心地。

 

 その他、ブラスサウンドを交えたゴキゲンなロックンロールナンバー『Punky Funky Love』や、本作中では比較的オーソドックスなタッチの疾走ロックナンバー『メモリーズ』といった黒子のバスケ関連ナンバーに加え、文豪ストレイドッグスOP曲である これまでもロデオがたまーにやってたV系っぽいロックナンバー『TRASH CANDY』、アルバムに毎回1曲は存在する ストリングスを大量に盛り込んだ熱唱系壮大ロッカバラード『終わらぬ夢』、本作で唯一のB’zっぽい系のカテゴリーに入るハネモノロックナンバー『Fake lover’s true heart』、肉食っぷり全開のアメリカンなヘヴィロック『FAT SHAPER』、大陸的なスケール感で魅せる清々しく熱いダイナミックなガンダムタイアップ曲『少年の果て』、エンディング相応の大らかで雄大なロッカバラード『UNDER THE SKY』と、お馴染みのGRANRODEOサウンドもばっちり押さえてあります。

 

 B’zっぽさ、V系っぽさ、メタル系が少ない分、トータルでの満足度は過去数作よりは幾分劣ってしまうんですけど、それらと比較しなければこれも良質なロックアルバムです。歌と演奏は相変わらずカッコいいですからね。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です