アルバム感想『Revolution 【re:i】』/ 喜多村英梨

Revolution 【re:i】初回限定盤
『Revolution 【re:i】』/ 喜多村英梨
2017.3.22
★★★★★★★★★☆

01. Revolution【re:i】 ★★★★★★★★★☆
02. バラユリxxxx ★★★★★★★★★☆
03. 恋華火 ★★★★★★★★★☆
04. FORTiTUDE ★★★★★★★★★★
05. Miracle Premonition ★★★★★★★★☆☆

 

 

 キタエリこと喜多村英梨のミニアルバム。なんと3年ぶりのアルバムリリースです。最後のシングルリリースからも約2年半というブランクが空いてますが、一体この期間この人は何をやっていたんでしょうか。

 

 特に大々的な告知もなくリリースが停止になっていたこともあり、キタエリの存在自体すっかり忘れちゃってましたけど、そんな私に注意を引きつけるには十分すぎるくらい強烈な一発をぶちかましてくれてます。『Happy Girl』系統の やっすい打ち込みを敷いたアイドルポップナンバーは皆無、そして過去2作の系譜を継ぐHR/HM路線をメインとしたラインナップで高々と復活を宣言。

 

 リード曲である『Revolution 【re:i】』はHAKUEI(PENICILLIN)プロデュースのシンフォニックメタルナンバー。ドラムの手数の多さといい、ゴスな雰囲気作りといい、レディース的なノリのコーラスといい、笑っちゃうくらいにやりすぎていて実に熱く、そして痛快。キタエリのボーカルは、もちっと声量があったほうがベターではあるけど、楽曲のムードに没入した気高さに満ちた歌いっぷりがもう最高。リード曲、そして復活を宣言する楽曲としては申し分ない出来でしょう。

 

 小悪魔ageha感ハンパないチャラいシンセを纏った フロアライクな疾走アップナンバー『バラユリxxxx』、妖艶なボーカルが映える和風ハードロック『恋華火』、本作随一のアグレッションを誇るV系ライクなヘヴィロック『FORTiTUDE』と、リード曲以外もいちいち強力。演奏陣も本当に期待を裏切らない好プレーで魅せてくれてます。

 ラストを飾る『Miracle Premonition』は ピアノやブラスアレンジを交えた明るく開放的なポップロックですが、これまでの4曲の勢いに聴き劣りしない演奏で牽引する ヌルさ皆無の楽曲でこれも良い出来。

 

 ジャケ写だけ見ると上坂すみれと被ってる感がありますけど、楽曲は紛れもなくキタエリワールド満開で、たった5曲というボリュームながら熱量と満足度はフルアルバム並み。いやもう実に素晴らしい!これが一夜限りの宴ではなく、新章の幕開けに過ぎなかったことがまた喜ばしいこと。次のフルアルバム、きっととんでもない様相になる。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です