アルバム感想『LIVE AT 新宿LOFT~1997.10.31~』/ 黒夢

1997 10.31 LIVE AT 新宿LOFT
『LIVE AT 新宿LOFT~1997.10.31~』/ 黒夢
1998.1.1
★★★★★★★★★☆

01.FAKE STAR
02.DRIVE
03.NEEDLESS
04.S・A・D
05.CAN’T SEE YARD
06.DISTRACTION
07.BARTER
08.C.Y.HEAD
09.BAD SPEED PLAY
10.カマキリ -1997 BURST VERSION”SICK”THE BROKEN DOWN-
11.SICK -1997 BURST VERSION-
12.SUCK ME!
13.少年
14.Like A Angel

 

 

 タイトル通り、1997年10月31日に敢行された新宿LOFTでのライブの模様を収録したアルバム。

 いやいや凄まじいですね。曲目が攻撃性の強いナンバーばかりで、それらが臨場感を伴ってより荒々しく過激に迫ってきます。初っ端からトバしまくってますけど、クスリがより強烈に効いてきた『BAD SPEED PLAY』以降が特に熱いです。そして『Like A Angel』は なんだか目頭まで熱くなってくる。あと、『SICK』の序盤で照明が落ちるというハプニングまでも収められてるのが面白いっすね。

 

 清春の喉のコンディションがあまり良くないのと、いくつか収録が見送られてる曲があるのが惜しいトコですけど、年間約100本ものライブをこなしてきた彼らのとてつもない勢いと熱量が詰め込まれた一枚です。ライブCDだから楽しんで聴けますけど、現場に参加しても最後までついていくのは絶対無理。照明が落ちる前にわたしが貧血起こしてブレイクダウンしちゃいます。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です