アルバム感想『True』/ L’Arc-en-Ciel

True
『True』/ L’Arc-en-Ciel
1996.12.12
★★★★★★★★★★

01. Fare Well ★★★★★★★★★☆
02. Caress of Venus ★★★★★★★★★★
03. Round and Round ★★★★★★★★☆☆
04. flower ★★★★★★★★★★
05. “good-morning Hide” ★★★★★★★★★☆
06. the Fourth Avenue Cafe ★★★★★★★★★☆
07. Lies and Truth (“True” mix) ★★★★★★★★★★
08. 風にきえないで (“True” mix) ★★★★★★★★★☆
09. I Wish ★★★★★★★★★☆
10. Dearest Love ★★★★★★★★★☆

 

 

 約1年3ヵ月ぶりとなる4thアルバム。
 ラルクならではの耽美性や中性的な魅力を残しつつ、6人のプロデューサーを起用したことにより、作風はバラエティ豊かで煌びやかなものに。さらには普遍的なポップ性もガッチリ備わっており、収録された10曲中10曲すべてがシングルカットに耐えうる一球入魂な曲ばかりという、内容的にも装い的にも豪華絢爛といった趣のアルバム。結果的にこれが彼らのブレイク作となったわけですが、なるべくしてなったという感じの高い充実度を誇っています。

 

 『Fare Well』はいきなり壮大バラードです。切なくもちょっぴり優しさを含んだバラードです。河村隆一なら穴という穴すべて開けっ広げな気持ち悪い形相で歌いそうなところを、hydeは美しい顔立ちをギリギリで崩さず噛み締めるように歌い上げておりば。はあ切ねえ。てゆーかアウトロがどういうわけか異空間ワープみたいな音。なんかよくわからんがアイスランドにある氷の洞窟から脱出したようなイメージです。

 

 んで『Caress of Venus』、前曲アウトロで氷の洞窟からコートダジュールのビーチへ瞬間移動してきたようなイメージです。
 こちらは四つ打ちハウスを導入したダンサブルなアップナンバー。こういった新たな試みが違和感なく新鮮味として有用するのは、楽曲のムードメイキングに大きく貢献しているhydeのボーカルにブレがないことやkenのギターサウンドの音色がラルクをラルクたらしめる大きなエレメントゆえ、といったトコでしょうか。ラルク特有の耽美さや煌びやかさがしっかり内包されてるし、終盤の転調によるドラマティックな展開も鮮やかだし、飛び道具どころかラルクのいちスタンダードな楽曲として昇華されてるのが素晴らしいっすな。

 

 『Round and Round』は本作で最もこれまで築いてきたラルクの美学やヴィジュアル系っぽさが薄いロックナンバー。この手の楽曲だとsakuraのタイトでカッチリしたドラムプレーがより一層映えて非常にカッコいいっす。そして歌詞は『All Dead』に通じる中指おっ立て系でなんとも刺々しい感じが。

 

 『flower』は彼らならではの美しく儚い音世界を構築しながらも、普遍性が伴った歌詞と、カラオケで歌いたくなるキャッチーなメロディを備えた ポップで可憐な名曲であり、そして彼らにとっての出世作でもあります。しかし、「早く見つけて 見つけて ここにいるから 起こされるのを待ってるのに」のくだりはヴィジュアル系というよりメルヘンな世界だな。ていうか白雪姫やがな。

 

 『”good-morning Hide”』は、どこかレトロティックな香りがするロックナンバー。楽曲的には3サビの「ザモォーニンハイドオォォォーーー!!!」から間髪を入れずにhydeが戸惑いの感情を爆発させギターがピロピロしまくるDメロへ雪崩れ込むという一連のくだりがハイライトですけど、やっぱり歌詞でしょうね、この曲っつったら。sakuraが手掛けた哲学的でなんだか意味深なあの歌詞、やはり例のやらかしが一枚噛んでるんでしょうか?難解すぎてイマイチ意味がわからんがインパクトは絶大。

 

 『the Fourth Avenue Cafe』は東京スカパラダイスオーケストラを起用しホーンセクションを大胆に取り入れたポップナンバー。賑やかで華やかで躍動感にも溢れており、ライブでも確実に盛り上がる曲なのですが、根底にあるのはやはり切なさ。アコギやピアノの音色が切ないっす。そして歌詞もまた切ない片想い。初期~この時期までのラルクは叶わぬ恋みたいな歌詞がやたら多いです。が、描写は『flower』以上に普遍性に富んでおり、なおかつ洒落っ気があります。

 

 『Lies and Truth』は雰囲気や骨格などラルクのイズムをガッツリ継承した耽美系ロックナンバー。これはなんといってもストリングスアレンジが秀逸。hydeのボーカルと共に妖しげで切ないムードを上品かつ色鮮やかに演出。ラストサビの尺がかなり長めですがギターとストリングスが実権を握るアウトロもえれぇ長く、悲劇のヒーロー気取りも大概にせえという感じなんですが、自己陶酔もといオナニープレイに耽るラストサビ以降こそが最も美しいトコなので、むしろラルクがラルクであるための濃厚エキスをここでたっぷり搾り取ってやろうぜと。歯は立てずにバキュームしてやろうぜと。個人的にはこれがラルク屈指の名曲。そしてMVもかなり良いです。てゆーか強烈なインパクトを放ってます。楽曲の雰囲気が反映された危険な香り漂う映像。そして、何気に腐女子ホイホイ要素が含有されてるのもポイント。

 

 『風にきえないで』は二本のギターが爽快感と鮮やかや彩りをもたらす疾走ポップナンバー。ファンからの人気が低いのかメンバーからあまりよく思われてないのか、長いことライブで披露されてねーわ、ベスト盤を量産する割に収録されたことが一度しかねーわと、何かと不遇を受けまくってる曲。ですが、仕上がりは他の楽曲に劣るなんてことはなく、メロディ展開がちょっと変わっていたり、MVにまたしても腐女子ウケ要素が盛り込まれてたりと、なかなか侮れないアドレナリンリンって感じです。

 

 『I Wish』はハッピームードとパーティー感を兼備したクリスマスソング。明確にクリスマスというキーワードは登場してませんが、どう聴いてもクリスマスソングじゃねーかと。明らかにサンタさんとか真っ赤なお鼻のトナカイさんとか意識してんだろお前と。管楽器アレンジや子どものコーラスワークを積極的に取り込んでハッピークリスマス感を盛大に演出。といっても、下地となってる軽やかなアコギが既にクリスマスっぽさを醸し出してますけど。この曲の感想だけで何遍クリスマス言うてんねんって感じですけど、何にしてもこの手のキュートなポップソングがイレギュラー化せず れっきとしたラルクの一面として機能してるのが凄い。こういう系統の曲ってこの後もちょいちょい顔出してるもんな。

 

 『Dearest Love』は豪華絢爛な楽曲揃いな本作の中でも特にド派手で壮大な超大仰バラード。痛みを吐き出すかのような力強いボーカルや天井知らずのファルセットを聴かせるhydeの歌唱やら、やけにアグレッシブな演奏陣のプレーやら、ストリングスアレンジやら、もう何から何までやり過ぎてて凄い。終盤で飛び出すフェミニンで神秘性をも感じさせるファルセットもまた凄すぎますよね。あれ、テッちゃんの声なんですって。狂おしいまでの最愛が崩れゆくこのとてつもない痛み苦しみを、幻想性を纏ったロックサウンドで激しく美しくアウトプットした傑作であります。

 

 楽曲制作だけでなく、このあたりからプロモーションにも注力するようになり、テレビ出演が増えたり趣向を凝らしたCMが姿を現したりしてました。全盛期でやっていたようなコミカルな類じゃなく、例えば同じシングルやアルバムの告知でもパターンを複数用意したり、当時の最新作を告知しつつ次回作も併せて流すものがあったり。『flower→Lies and Truth』のCMが特に上手いなって…そんな感じで、当時のCMをご覧になりたい方は↓ベスト盤『TWENITY BOX』を買って付属のDVDを観てくれ。

 

TWENITY BOX(DVD付)(完全生産限定盤) TWENITY BOX(DVD付)(完全生産限定盤)
L’Arc~en~CielKRE 2011-03-08
売り上げランキング : 30270Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です