アルバム感想『Meteora』/ Linkin Park

Meteora
『Meteora』/ Linkin Park
2003.3.25
★★★★★★★★★☆

01.Foreword
02.Don’t Stay ★★★★★★★★☆☆
03.Somewhere I Belong ★★★★★★★★☆☆
04.Lying From You ★★★★★★★☆☆☆
05.Hit The Floor ★★★★★★★☆☆☆
06.Easier To Run ★★★★★★★★★★
07.Faint ★★★★★★★★★☆
08.Figure.09 ★★★★★★★★★☆
09.Breaking The Habit ★★★★★★★★★☆
10.From The Inside ★★★★★★★★☆☆
11.Nobody’s Listening ★★★★★★★★★☆
12.Session ★★★★★★★☆☆☆
13.Numb ★★★★★★★★☆☆

 

 

 約2年半ぶりにリリースされた2ndアルバム。
 前作で提唱したミクスチャーロック路線の延長にあたるラインナップ。ですが、ひとえに『Hybrid Theory part.2』と片付けたくなるほど前作まんまな内容というわけでもなく、アップデートやバリエーション拡張などを意識してることがしかと伺えます。

 



 『Somewhere I Belong』『Numb』では前作以上にメロディアスさを増し、哀愁の濃度をより深めているし、『Faint』はリンキンにしてはポップ寄りに該当するライブコンシャスなノリで前作にはなかった類のナンバーだし、『Hit The Floor』 ではヘヴィロックにミニマルなR&Bを掛け合わせたような これまた前作にはなかったサウンドを展開している。

 



 極力ディストーションサウンドを持ち込まずに冷涼感を纏って性急なビートで駆け抜ける『Breaking The Habit』も新たな境地でありながらも、リンキンたるクールでスマートなカッコよさを照射しておりば。ラップが一切介入してないトコもポイント。

 

 『Nobody’s Listening』は躍動感あるヒップホップサウンドを土台としており、さらに尺八を大々的に取り込んだ 本作きっての意欲作。ものっそく和風な仕上がりです。なんか新手の音頭って感じがします。思わず「阿~波~おどりとちゃいまんねん♪電球変えてんねん♪」と歌い踊り出したくなるようなノリの良さ、最高っす。

 

 個人的にいちばん好きなのが『Easier To Run』。世界遺産ばりの雄大な景色を描写した 美しくドラマティックなサウンドがもう絶品。チェスターの高らかに歌い上げるボーカルワークスとか、楽曲を締めるギターの儚げな余韻がまた良いんですわ。後にabingdon boys schoolがこの曲に多大なるインスパイアを受けて これに似たような感じの曲をドロップしちゃうわけですが、そうしたくなっちまうのもやむなしといった感じの名曲ですよ。

 

 そして、『Don’t Stay』『Figure.09』『From The Inside』 といった前作の作風をまんま継承したナンバーは当然ながら いずれも安心安定の訴求力が備わった良曲であります。

 


 楽曲によってはラップなしの構成を起用したり、シャウトの割合を若干セーブしたりと これまでよりもメロディアスさに比重を置いたことや、前作で打ち出したミクスチャーロックをさらに広義なものにしようというアクションはしっかり実を結んでいるし、後にリリースされる多くの作品に分かりやすいまでにハッキリと表れている 常に変化や進歩を求める姿勢が今作でも確かに汲み取れて(曲展開の仕方はほとんど変わってないけど)そこは好感が持てますけど、単純な作品の好みとしては前作に軍配が上がっちゃうかな。
 ラップとボーカルの掛け合いとか、アンサンブルと外部音の配合とか、そういうバランスは前作のほうが従来のミクスチャーに近接してるし。そういった意味では、同系統の路線といえど最初にミクスチャーロックを聴くなら今作より前作を取ったほうがいい。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です