アルバム感想『LUCKY Hi FiVE!』/ LiSA

LUCKY Hi FiVE!(初回生産限定盤)(Blu-ray&DVD付)
『LUCKY Hi FiVE!』/ LiSA
2016.4.20
★★★★★★★★★★

01. ラブリーデイ ★★★★★★★★★☆
02. Hi FiVE! ★★★★★★★★★☆
03. Psychedelic Drive ★★★★★★★★★★
04. She ★★★★★★★★★☆
05. halo-halo ★★★★★★★★★☆
06. Get free ★★★★★★★★★☆
07. 終わらない冒険 ★★★★★★★★★☆

 

 前作『Launcher』より約1年ぶり、ミニアルバムとしては5年ぶりとなる作品。

 デビュー5周年を記念した作品と謳ってはいますが、内容としては現在進行形のLiSAをギュギュっと詰め込んだアルバムって感じ。前作に続き…いやむしろ!前作以上に元気玉が騒ぎ、頭カラッポになって夢詰め込めちゃうようなハイテンションぶりとアグレッション、ガーリッシュな陽性オーラに満ち満ちたラインナップであります。

 

 水を得た魚状態も同然なLiSAの現在のスタンスを象徴するようなハチャメチャポップロック『ラブリーデイ』、王道と真骨頂を担うLiSA×田淵智也の黄金コンビによる『Hi FiVE!』ツインギターを筆頭に 高揚感とクールさとカオティックさを打ち出すアンサンブルに痺れまくる、横山直弘(感覚ピエロ)提供のハードなエロティックナンバー『Psychedelic Drive』ヘヴィなリフが牽引する PABLO(Pay money To my Pain)提供のシリアスハードロック『She』、ライブ意識とガーリッシュ成分が本作随一で高い パンキッシュなパーティーロック『halo-halo』『ラブリーデイ』に続きLiSAの生き様やキャラクター性をポップかつパンキッシュに描写した『Get free』、痛みも辛さも飲み込んでポジティブに転じさせる力強さが表れたアーシーなロッカバラード『終わらない冒険』と、いずれの楽曲も高い熱量とパワフルさを有しており、それぞれがしっかりキャラ立ちしておりば。

 

 LiSAのボーカルも演奏陣のプレーも明らかに前作より精度が上がってるし、楽曲も純粋に仕上がりが良いのは勿論、LiSAのキャラクターがうざったいくらいにぶち込まれてるし、ミニアルバムと言えども、これはなかなかパンチの効いた重いラブレターっすな。

 前作収録の『Rising Hope』がLiSAの代名詞的ナンバーなら、本作はLiSAをアルバム単位で象徴している作品ですね。曲数も控えめだし(ただし、カロリーとLiSA成分は全曲かなり高め)、最初にLiSAを聴くなら本作がいちばんいいかも。個人的には前作『Launcher』と並んで特に気に入ってる一枚です。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です