アルバム感想『Launcher』/ LiSA

Launcher
『Launcher』/ LiSA
2015.3.4
★★★★★★★★★★

01. Mr.Launcher ★★★★★★★★★☆
02. Rising Hope ★★★★★★★★★★
03. rapid life シンドローム ★★★★★★★★★☆
04. 蜜 ★★★★★★★★★☆
05. アコガレ望遠鏡 ★★★★★★★★★★
06. BRiGHT FLiGHT ★★★★★★★☆☆☆
07. L.Miranic ★★★★★★★★☆☆
08. FRAGILE VAMPIRE ★★★★★★★★★☆
09. ANTIHERO ★★★★★★★★☆☆
10. Bad Sweet Trap ★★★★★★★★★☆
11. エレクトリリカル ★★★★★★★★★☆
12. 君にピエロ ★★★★★★★★☆☆
13. No More Time Machine ★★★★★★★☆☆☆
14. シルシ ★★★★★★★★★☆

 

 約2年4ヵ月ぶりとなる3rdアルバム。

 凄いですよ。ライブ・フェスコンシャスなロックナンバーが増えた上に、ラストのバラード曲にたどり着くまで13曲立て続けにアップナンバーを畳みかける このハイテンションぶりときたら。ミニアルバム含む過去3作はウォーミングアップだったんじゃないかって思っちまうほど、煽動的なボーカルはよりバイタリティーが漲ってるし、演奏陣のプレーもより研磨され密度が濃くなってるし、実に痛快なラインナップであります。

 

 中でも特に強烈なのが、UNISON SQUARE GARDENの田淵智也氏が提供した 衝動的かつエモーショナルなハードロック『Rising Hope』。性急なビートと 音符や言葉を詰め込みまくったエモーショナルでホットなメロディに堂々と騎乗して威勢よく腰を振るこの様は、まさしくお転婆娘LiSAの真骨頂と称すべきカッコよさ・エロさ・痛快さ!田淵氏とのタッグはコレ以前にも何度もありましたが、このタッグを黄金たらしめたのは間違いなくこの曲でしょ。LiSAの代名詞的ナンバーですね。

 

 それ以外にも、ネバギバ精神を詰め込んだハードロック『Mr.Launcher』、またまた
LiSA×田淵智也による青春まさかりロックナンバー『rapid life シンドローム』、髪を振り乱すようなピアノが妖艶さを醸し出すセクシー系疾走マイナーロック『蜜』、ナイーブなメンタルが激動のテンションで荒ぶる ヘヴィリフ押しのハードロック『L.Miranic』、ワイルドなリフが炸裂するパワフルなロックナンバー『FRAGILE VAMPIRE』、スパイ映画チックなマイナーロック『ANTIHERO』、スパイシーなメロコアナンバー『Bad Sweet Trap』など、どいつもこいつもエッジーさとキャッチーさを抜かりなく備えた強力な楽曲ばかりです。

 

 コミュ障目線の胸キュンピアノロック『アコガレ望遠鏡』、爽快かつ開放的なポップロック『BRiGHT FLiGHT』『No More Time Machine』、ピコピコ電子音を絡めたカラフルなポップロック『エレクトリリカル』、下地となってるアコギが軽快さと明るく穏やかな雰囲気を演出している『君にピエロ』と、アップテンポながらポップさやガーリーなキュートさが発揮された楽曲をアクセントとして挟むことで 序盤で沸騰させたテンションを落とすことなく襷を渡しているあたりがまた巧いっすね。曲自体もハードロック系に負けじと良い仕上がりだし、『アコガレ望遠鏡』とかくっそ萌えすぎて私的にこれが本作のハイライト。

 

 そしてラストを飾る『シルシ』はピアノ下地のヌクモリティMAXなバラード。相変わらずの腹から出す系のパワフルさを放出しながらも、温かさと美しさも併せて丁寧に届けてくれるボーカルが絶品。荒くれてるだけがLiSAではないことを改めて実証した佳曲で、エネルギッシュなアルバムを唐突感なくきっちり締めてくれてます。

 

 てな感じで、アルバム全体を通して LiSAのおっぱいがバチバチするほど元気玉が騒いでます。まさに天井知らずのIT’S SHOWTIME!!な一枚ですな。

 アニメタイアップ曲はあれど いわゆるアニソンっぽさは極めて薄いし、女子がときめき憧れるであろうカッコよさと可愛さを兼備しているし、そんなスタイルが確立されたこの作品を機に、LiSAはアニソン界隈で活躍するアーティストの中で最も間口が広いアーティストになったんではないかと。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です