アルバム感想『STYLE』/ LUNA SEA

STYLE(DVD付)
STYLE
『STYLE』/ LUNA SEA
1996.4.22
★★★★★★★★★★

01.WITH LOVE
02.G.
03.HURT
04.RA-SE-N
05.LUV U
06.FOREVER&EVER
07.1999
08.END OF SORROW
09.DESIRE
10.IN SILENCE
11.SELVES

 

 

 前作超えを目指してプレッシャーの中 生み出された5thアルバム。
 彼ら独自の美意識・美学は変わらず貫きながらも、サウンドの重厚さやダークネスに重点を置き なおかつ実験的なアプローチに臨んでいるのが特徴的で、前作がLUNA SEAによる幻想世界の最高峰ならば、本作は最深層といったイメージ。

 

 ノイジーで混沌としたロックバラード『WITH LOVE』、ゾクッとするようなクールさとギラッギラなまでの熱さを併せ持った緊迫感溢れる疾走ロックナンバー『G.』、強靭なグルーヴを放つリズム隊のプレーと毒々しくも感傷的なツインギターに痺れる ヒリヒリした重厚ナンバー『HURT』、タイトル通り螺旋を描いて上昇するイメージの5拍子ロックナンバー『RA-SE-N』、ムーディーでヤラシいベースとRYUICHIのネットリした歌唱がセックスを想起させるどエロい密室的ロックナンバー『LUV U』、10分越えの大作となったドラマティックで深遠なバラードナンバー『FOREVER&EVER』、ひときわ尖ったサウンドと性急なビートで畳み掛けるスリリングなハードコア『1999』、哀愁や寂寥感が漂う退廃的ロックナンバー『END OF SORROW』、どのメロも漏れなくサビに聴こえるほど訴求力が甚大な V-ROCKクラシックのアップデート版『DESIRE』、アコギとディレイギターの美しい絡みが透明感や幻想性を鮮明に映し出す 大陸的なスケール感を有したミドルナンバー『IN SILENCE』、えもいわれぬ神々しさを放って幕を下ろす『SELVES』と、前作とは趣が異なる珠玉の名曲が勢揃い。

 

 前作『MOTHER』に引けをとらない これまた傑作の一枚。とりあえずLUNA SEAに関しては最低限 前作とコレだけ聴いときゃいいと思います。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です