アルバム感想『Chasing the Horizon』/ MAN WITH A MISSION

Chasing The Horizon
『Chasing the Horizon』/ MAN WITH A MISSION
2018.6.6
★★★★★★★★★☆

01. 2045 ★★★★★★★★★☆
02. Broken People ★★★★★★★★☆☆
03. Winding Road ★★★★★★★☆☆☆
04. Hey Now ★★★★★★★★★★
05. Please Forgive Me ★★★★★★★★★☆
06. Take Me Under ★★★★★★★★☆☆
07. Freak It! feat.東京スカパラダイスオーケストラ ★★★★★★★★☆☆
08. Break the Contradictions ★★★★★★★★★☆
09. My Hero ★★★★★★★☆☆☆
10. Dead End in Tokyo ★★★★★★★★★★
11. Chasing the Horizon ★★★★★★★★☆☆
12. Find You ★★★★★★★☆☆☆
13. Dog Days ★★★★★★★★☆☆
14. Sleepwalkers ★★★★★★★☆☆☆

 

 

 約2年4ヵ月ぶりとなる5thアルバム。
 アニソンっぽさやスタジアムロック感が強く打ち出された前作とはまたガラッと作風が一変、デジタル要素を大胆に取り込んでおりば。といっても、調味料とかふりかけとか福神漬けみたいな 味付け・添え物感覚の導入ではなく、ラスベガスやUVERworldとはまた違った バンドサウンドとデジタルサウンドの有機的な融合を果たしています。BOOM BOOM SATELLITESの中野雅之氏をサウンドプロデューサーに迎えたということですが、驚くほどにそれがアルバム全体に有用している。

 


 

 オープニングを飾る『2045』からいきなり中野氏の手腕が遺憾なく発揮されており、近未来を思わせるブースト気味なサイバーサウンドを纏ったダンサブルなロックに仕立て上げられてます。初期のいわゆる踊れるロックとはまた異なるダンサブルなノリ。何べんも飛び出すジョニーの挑発的な「ハァアッ!?」がイカす。

 続く『Broken People』では、疾走ハードコアにフューチャリスティックなアレンジが施されたナンバーで、クールかつシャープに切り込んできます。

 


 

 『Hey Now』はアンサンブルとデジタル、そしてオルタナロックとエレクトロダンスが細胞レベルでハイブリッドされており、音のみならずジャンルまでもが渾然一体となった傑作ナンバー。凄いです。まるで悟空とベジータがポタラで合体したような無敵感ですよこりゃ。

 

 デジタルコーティングにより、立体感を打ち出し、かつ青白い眩さをより鮮明に映し出した疾走アップナンバー『Please Forgive Me』、コズミックな音空間を繰り広げ、間奏ではインダストリアルな感触の強烈なサウンドエディットが炸裂したグルーヴィーなロックナンバー『Break the Contradictions』はブンサテっぽさが色濃く表れており、こちらもまたマンウィズらしさを崩すことなく見事な融合を果たしてます。融合っていうか同化といったほうがいいか。ピッコロとネイルが同化、でもベースとなってるのはピッコロみたいな、そういうアウトプットの仕方。

 




 

 その他、スカパラによるホーンセクションでド派手に煙を捲し立てた『Freak It! feat.東京スカパラダイスオーケストラ』という前述の楽曲とはまた異なるチャレンジングなナンバーにも着手する傍ら、前作や前々作の作風に通ずるファンタジックな装飾を纏ったヘヴィロック『My Hero』、ヒーローものアニメや特撮系を想起させるスケール感やムードを有した スリリングかつダイナミックなロックナンバー『Dead End in Tokyo』、開放感と希望に満ち溢れたエモーショナルなスタジアムロック『Chasing the Horizon』といった 近年の彼らの強みがアップデートした上で発揮された楽曲や、ライブコンシャスなハードコアナンバー『Take Me Under』『Dog Days』、メロディアスなミドル/バラード系『Winding Road』『Find You』『Sleepwalkers』といった、彼らのベーシックな魅力が活きた楽曲もしっかり完備。

 



 

 彼らの根底にある魅力っつったら、やっぱ そこいらの地球人男性よりもずっと男らしい力強さ、大らかさ、少年性みたいなもんを内包してることですからね。それが枯渇しない限り、マンウィズの鳴らす音はマンウィズにしかなり得ないってことを改めて実証したも同然のアルバム。単純に楽曲が好みだし、現状に安住することなくアップデートに尽力する姿勢にも感服しましたゆえ、これはかなり気に入りました。彼らは決して脳筋野郎なんかじゃなく オオカミだけあって知性も高いから、ゴジータになるはずがフュージョンに失敗してベクウになっちまった、なんてこともなさそうだし。

 




スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です