アルバム感想『Who’s The Man』/ 三浦大知

Who's The Man(DVD付)
『Who’s The Man』/ 三浦大知
2009.9.16
★★★★★★★★★★

01. Who’s The Man ★★★★★★★★★☆
02. Inside Your Head ★★★★★★★★☆☆
03. Delete My Memories ★★★★★★★★★☆
04. Your Love feat.KREVA ★★★★★★★★★★
05. Stay with me ★★★★★★★★★★
06. Baby Be Mine ★★★★★★★★★☆
07. Crazy ★★★★★★★★☆☆
08. SHINE ★★★★★★★☆☆☆
09. Hypnotized ★★★★★★★★☆☆
10. HOT MUSIK feat.COMA-CHI ★★★★★★★★☆☆
11. STOP…feat.千晴 ★★★★★★★☆☆☆
12. You&Me ★★★★★★★★☆☆
13. Flag -BACHLOGIC REMIX- ★★★★★★★★★☆
14. Magic Remix (KREVA×三浦大知) 勝手にリミックスシリーズ Vol.2 ★★★★★★★☆☆☆

 

 

 なんと約3年8ヵ月ぶりとなる2ndアルバム。なんでしょう、この外タレばりの超絶スローペースぶりは。悲しいくらいに野放しにされてるやんけ。

 

 Nao’ymtやU-Key zone、Tiger&dee.c、UTA、STYといった、前作とはまた違ったJ-R&B界隈を彩る豪華布陣がバックアップする、時代を先取るニューパワーに満ち溢れたアルバムであります。

 

 んで、本作の特徴の一つとしては、エレクトロサウンドをガッツリと導入しており、R&B/HIP-HOP曲との素晴らしき融和っぷりを発揮していること。

 謎めいた雰囲気に包まれた密室的ダンスナンバー『Who’s The Man』、閉塞的アップナンバー『Inside Your Head』『Hypnotized』、ダメ男ぶりを開けっ広げにした疾走エレクトロアップ『Delete My Memories』、COMA-CHIのクール&スムーズな絡みが実にイカす スペーシーで無機的なダンスナンバー『HOT MUSIK feat.COMA-CHI』、サイバー感溢れるディスコに改変された『Flag -BACHLOGIC REMIX-』など、どの楽曲もエレクトロアレンジが有意義の作用していて実に見事。その割に情けない男っぷりをチラつかせる歌詞が時々飛び出したりするんですけど。
 UTAがプロデュースを務め 大知くんが作詞曲に携わった ビターなミドルR&B『Crazy』、STYプロデュースの 雨上がりを思わせるシャレオツぶったミドルポップ『SHINE』、くっそ瑞々しく爽快なレゲエタッチのポップナンバー『STOP…feat.千晴』といった非エレクトロな楽曲も勿論 手堅い出来。

 

 

 

 

 そして、もう一つの本作の特徴は、凄まじいまでの歌唱のスキルアップを果たしていることですね。前述のようなエレクトロナンバーも然ることながら、じっくり聴かせる類のナンバーにおける大知くんのヴォーカリゼーションが素敵すぎてもう!

 

 中でもNao’ymtプロデュースのメロウなR&B『Your Love feat.KREVA』。Nao’ymtの手癖バリバリなメロディをNao独特の節回しを駆使しながら巧みに乗りこなす大知くんの歌唱が実にイロッペー!
 U-Key zoneプロデュースのロマンティックなミドルR&B『Stay with me』や、またまたUTAプロデュース&大知くんが作詞曲に携わった 美麗なおセンチバラード『You&Me』での甘美で端正な爽やかイケメンボーカルもいいっすね。大知くんにイケメンという言葉を宛がうのが適切かどうかはよく分からんけども。
 Tiger&dee.cプロデュースによる濃厚な味わいのまったりムーディーなR&B『Baby Be Mine』でのエロに片足突っ込んだセクシーボーカルも魅力的だし、いよいよジャカジャカジャンケンポンの大知くんも いっちょ前の男になったんだなあと Folder時代から彼の歌をリアルタイムで聴いてる身としてはしみじみ感慨深くなるのでありました。

 

 

 2018年現在に聴くと、この手のサウンドってそんなアッーと驚くアレではないというか すっかりスタンダードなサウンドとして定着してきましたけど、当時はこれが世界ではトレンドであり、でも日本では全然ポピュラーじゃなく こういった音を鳴らしてる人ってまださほど多くはなかったんですよね。当時この音をカッコよく着こなしていたからこそ今聴いても掛け値なしにカッコいいし、それゆえに日本のミュージックシーンにもこうして幅広く浸透してきたわけで。

 

 こりゃあ名盤でしょう。2000年代のJ-R&Bを代表する作品といっても決して過言ではないし、私的にはこれが大知くんの最高傑作。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です