アルバム感想『D.M.』/ 三浦大知

D.M.
『D.M.』/ 三浦大知
2011.11.30
★★★★★★★★★☆

01. Black Hole ★★★★★★★★★☆
02. Touch Me ★★★★★★★★★☆
03. Illusion Show ★★★★★★★☆☆☆
04. Love is like a bass line ★★★★★★★★☆☆
05. The Answer ★★★★★★★★★★
06. Only You ★★★★★★★★★☆
07. 4am ★★★★★★★★★☆
08. RUN WAY ★★★★★★★★☆☆
09. Turn Off The Light ★★★★★★★★☆☆
10. SHOUT IT ★★★★★★★☆☆☆
11. Lullaby ★★★★★★★★☆☆
12. Magic Word ★★★★★★★★★☆

 

 

 約2年2ヵ月ぶりとなる3rdアルバム。

 今回もNao’ymtやU-Key Zoneなどの豪華布陣が手腕をふるったR&B主軸の作品となっておりば。
 U-Key Zone×MOMO”mocha”N.のコンビによるミドルアップ『The Answer』、ミドルバラード『Lullaby』、大知くん自身が作詞曲に関与した『Only You』『Magic Word』といったR&Bど真ん中の楽曲をバッチリ押さえている一方で、オープニングを飾る『Black Hole』でのダブステップの導入や『Touch Me』でのスペーシーなサウンドメイキングなど、トレンディなアプローチに着手し楽曲の世界観をより一層の臨場感をもって具現化するという期待に違わぬ振る舞いで魅せたり、ミュージカルタッチの『Illusion Show』、ファンクな『Love is like a bass line』、ロッキッシュな『RUN WAY』『SHOUT IT』、ダンスホール仕様の『Turn Off The Light』など、R&Bとは別のジャンルにも手を伸ばしたりもしており、これまでよりも断然バリエーションが多様化しています。

 それでありながらも、前述通り 飽くまでもR&Bが終止 主軸となってブレていないコがまた良いっすな。『RUN WAY』は溌溂としたギターリフこそロックテイストですが、ボーカルやコーラスの作り方なんかはロックっぽくなく 寧ろR&Bのスタイルを貫徹しているし、それが全体を通して聴いた時にとっ散らかった印象なく聴こえる所以なのかなと。

 

 

 楽曲のバリエーション拡張の影響も少なからずあってか、大知くんのヴォーカリゼーションもさらなる多様化を魅せており、その結果またしても大きなステップアップを果たしています。
 いちばん分かりやすいトコとしては、ファルセットの出番が増えたことで、楽曲単位はもちろんのこと、一曲の中でもパート毎に硬軟や声色を巧みに使い分けています。
 また、STY提供のディープなR&Bバラード『4am』では、サビにおいて切ない余韻を残す儚げな歌唱で魅せていたり、終盤におけるフェイクの畳み掛けなどを駆使していたりと、楽曲に深みを持たせています。こんな感じで、楽曲の彩りをより豊かにしたり奥行きを深めたりとムードメイキングに多大なる寄与をするまでの仕事ぶりを発揮しています。

 

 本作も収録ナンバーはいずれも名曲・佳曲ばかりですが、中でも『The Answer』が凄くいい。静かに沸々とわきあがる情熱みたいなものが表れたボーカルが ブレイブリーなサウンドと相俟ってこれカッコいい。大知くんの柔らかく深みあるボーカルが切なくも温かい印象をもたらす『Only You』も胸にグッとくる名唱で、本作中でも特に大きな聴きどころ。

 

 前作に続き、これも時代の音にしっかり向き合った佳きJ-R&Bアルバム。発売からだいぶ経過した今聴いても真っ当に良いと思えるトコも前作と同様。

 

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です