アルバム感想『The Entertainer』/ 三浦大知

(イベント券なし)The Entertainer (ALBUM+DVD)
『The Entertainer』/ 三浦大知
2013.11.20
★★★★★★★★★☆

01. Can You See Our Flag Wavin’ In The Sky? ★★★★★★★☆☆☆
02. I’m On Fire ★★★★★★★★★★
03. Elevator ★★★★★★★★★☆
04. Spellbound ★★★★★★★★★☆
05. Baby Just Time ★★★★★★★★★☆
06. Chocolate ★★★★★★★★☆☆
07. GO FOR IT ★★★★★★★★☆☆
08. Gotta Be You ★★★★★★★☆☆☆
09. Two Hearts ★★★★★★★★☆☆
10. Blow You Away! ★★★★★★★☆☆☆
11. Right Now ★★★★★★★★★☆
12. interlude
13. Listen To My Heartbeat ★★★★★★★☆☆☆
14. All Coverge On “The One” ★★★★★★★★☆☆

 

 

 約2年ぶりとなる4thアルバム。
 今回も核となっているのはR&Bなのですが、全体としては、大衆性・先鋭性・意欲性をまるまる内包した タイトル通りエンターテインメント性に長けたラインナップ。振れ幅が広い上に一曲一曲の振り切り様もまた凄まじいんだよな。

 

 その最たるものが、倉夫妻が手掛けた(作曲:T.Kura&michico、作詞:michico)本作のリード曲『I’m On Fire』。ダブステップが豪快に振る舞われ、ビートの弾丸が縦横無尽に躍動するサウンドに加え、大知くんのヤンチャで自信に満ちたボーカルが狂騒するエキサイティングなナンバーであります。

 

 

 同じく倉夫妻が手掛けたEDMナンバー『Right Now』は、凸凹で不定形な音像の『I’m On Fire』とは対照的に端正に洗練されたプロダクションと、メロディアスかつグルーヴィーな歌メロをサラリと乗りこなす歌唱が秀絶な楽曲で、これも振り切ってるというか極まってるナンバーですね。

 


 

 逆に心臓の鼓動がよく響くほどの静寂なバラード『Listen To My Heartbeat』や、Nao’ymtによる まるで鎮魂歌のような佇まいのオリエンタル風味バラード『All Coverge On “The One”』は極めてどシンプルな作風で、大知くんのまっさらなハイスペックぶりやメロディの純然たる美しさが高純度のまんま反映されておりば。これらもアップナンバーとはまた違った凄まじい振り切り様。

 

 スペーシーなミドルR&B『Baby Just Time』は大知くんのより研磨されたファルセットが音空間のさらなる拡張に寄与しているし、まるで国際的な競技大会の開幕式のような『Can You See Our Flag Wavin’ In The Sky?』はやたら仰々しい作風だし、アップ・ミドルスロー問わず どれも思い切りがいいんですよね。

 

 その他、正統派EDMアップ『Elevator』、ベースの鳴りが実に小粋なファンクチューン『Spellbound』、ヤラシイ空気感に満ちた密室系ディープなR&B『Chocolate』、ファンキーなブラスアレンジが施された野性味あふれるダンスナンバー『GO FOR IT』、MOMO”mocha”N.による 大知くんのキャリアを踏まえたも同然な歌詞が秀逸な優しさミドルバラード『Gotta Be You』、純朴なラブバラード『Two Hearts』、マーチング的なリズムをあしらった躍動感あるアップナンバー『Blow You Away!』など、佳曲がズラリ。

 

 ポピュラリティを身につけたばかりか、己の腕や 楽曲を象る様々な要素を研ぎ澄ませることにも相変わらず抜かりがない大知くんによる、「The Entertainer」の名に違わぬ良作であります。

 

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です