アルバム感想『HIT』/ 三浦大知

HIT(DVD付)(AL+DVD盤)
『HIT』/ 三浦大知
2017.3.22
★★★★★★★★☆☆

01. Darkest Before Dawn ★★★★★★★☆☆☆
02. EXCITE ★★★★★★★★☆☆
03. (RE)PLAY ★★★★★★★★★☆
04. Neon Dive ★★★★★★★★☆☆
05. Body Kills ★★★★★★★★☆☆
06. Darkroom ★★★★★★★★☆☆
07. Can’t Stop Won’t Stop Loving You ★★★★★★★★☆☆
08. Rise Up feat. SOIL&”PIMP”SESSIONS ★★★★★★★★☆☆
09. Star ★★★★★★★★☆☆
10. 誰もがダンサー ★★★★★★★★★☆
11. Cry & Fight ★★★★★★★★★★
12. Hang In There ★★★★★★★★☆☆

 

 

 約1年半ぶりとなる6thアルバム。現時点でコレが最新のオリジナル作品です。

 まあ言ってしまえばこのアルバムも「The Entertainer」と称して差し支えないエンタメ性に富んだ作品なのですが、突き詰め~の振り切り~のな前々作『The Entertainer』とも うたのおにいさん的な佇まいだった前作『FEVER』とも様相が大きく異なってます。トレンドやらリバイバルやらタイムリーな要素を粗方押さえていながらも、バケツ一杯の絵の具をぶちまける感じではなく、大さじ一杯をまぶす程度みたいな 敢えての控えめな取り入れ方をしていること、そして肩肘張ってない軽やかさを有しているのが特徴的で、それが『The Entertainer』以上の大衆性や聴きやすさに繋がっているんではないかと。

 

 

 ヒロイックな疾走アップ『EXCITE』、オールドスクール風情の『(RE)PLAY』、ディスコティックな『Neon Dive』、爽快ファンキーな『Body Kills』、トラップを導入したセクシャルカオティックナンバー『Darkroom』、フェイクが猛烈に炸裂したクール&ホットなツーステップナンバー『Can’t Stop Won’t Stop Loving You』、生の打楽器やホーンセクションをフィーチャーした 高揚感たっぷりのサンバチューン『Rise Up feat. SOIL&”PIMP”SESSIONS』、奇の衒いがない星空スケールの壮大バラード『Star』、彼ならではのフレーズチョイスで生き様を刻み激励を送る トロピカルハウス導入のミドルアップ『誰もがダンサー』、EDM要素を取り込み、雄大さと躍動感を内包した お馴染みNao’ymtによるダンスナンバー『Darkest Before Dawn』『Hang In There』など、大半の楽曲がマニアックやアバンギャルドに振り切っていない分、親しみやすさが備わっています。かといってセルアウトに走っているわけでは当然なく、静かなる自信と余裕を身に纏っているがゆえのラフさと 芯が通ったメッセージ性を兼備しているのが今作ならではの魅力。なんか締まりがない感じの↑のジャケ写はそんな本作のラフさを象徴しているというわけですな。よくわからんけど。

 

 ただ、フューチャーベースを取り入れた『Cry & Fight』だけは他の収録曲とは別で、楽曲もダンスもかつてないほど練り込み様、そして気張り様。いやもう完全にゾーン入ってるやんコレ。エンタメ性も自身のスペックも極限まで突き詰めてしまった傑作ナンバーですな。

 

スポンサーリンク



 


 

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です