アルバム感想『深海』/ Mr.Children

深海
『深海』/ Mr.Children
1996.6.24
★★★★★★★★★★

01. Dive ※※※※※※※※※※
02. シーラカンス ★★★★★★★★★★
03. 手紙 ★★★★★★★★☆☆
04. ありふれたLove Story~男女問題はいつも面倒だ~ ★★★★★★★★★★
05. Mirror ★★★★★★★☆☆☆
06. Making Songs ※※※※※※※※※※
07. 名もなき詩 ★★★★★★★★★★
08. So Let’s Get Truth ★★★★★★★★☆☆
09. 臨時ニュース ※※※※※※※※※※
10. マシンガンをぶっ放せ ★★★★★★★★★☆
11. ゆりかごのある丘から ★★★★★★★☆☆☆
12. 虜 ★★★★★★★☆☆☆
13. 花 -Memento-Mori- ★★★★★★★★☆☆
14. 深海 ★★★★★★★★☆☆

 

 

 ミスチル最大のヒット作『Atomic Heart』から約1年9ヵ月ぶりとなる5thアルバム。
 『Atomic Heart』以降、本作リリースまでの間の6作のシングルがリリースされましたが、そのうち『Tomorrow never knows』『everybody goes~秩序のない現代にドロップキック~』『【es】~Theme of es~』『シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~』は収録せず、また曲間を繋げたり次曲の前置き的なインストを設けたりと始終1つストーリーとしてまとめ上げるなど、コンセプチュアルなこだわりを貫徹した措置が取られています。

 

 当時ソウルジェムが真っ黒だった桜井氏の胸の内がモロに表れたアルバムで、歌詞では主に人間や社会の闇の部分をほじくり回しています。楽曲は、ミスチルの全作品の中で最もザラついたアーシーなバンドサウンドが(ミスチルにしては)前面に押し出されているのが特徴的。また、冒頭のインスト『Dive』やラストの『深海』、その他数曲でチェロを導入することでアルバム全体を暗く重い雰囲気で統一感を演出しているのもポイント。中でも、悟りの境地で投げやり気味に社会を風刺した冷淡な疾走ロック『マシンガンをぶっ放せ』、陰鬱で悲しげな雰囲気に覆われた長尺フォーキーなバラード『ゆりかごのある丘から』、終盤でゴスペルが導入された ダーティーでやさぐれたミドルロック『虜』の後半ゾーンが雰囲気的に重いっす。

 

 つっても、決してダークなトーンの楽曲ばっかでもないんですけどね。ハートウォーミングでかわいらしさもある ほんわか系ミドル『Mirror』なんてのもあるし、まんま長渕剛すぎるフォークナンバー『So Let’s Get Truth』は 現代社会を風刺してはいるけど曲調自体は軽快だし、インストに近い『Making Songs』での 桜井氏の「あ~~~!?」っていう調子っぱずれな発声がコミカル(というより個人的に超ツボなだけ)だし、隅から隅まで重苦しいわけではないので、各所の評判を踏まえた上で聴くと、「思ってたよりは取っつきやすい」ってなると思います。

 

 桜井氏自身の心情を投影した『シーラカンス』は、本作の世界観を端的に象徴するダウナーなロックナンバーで、ミスチルにしては珍しく無骨な演奏がカッコいい曲。

 んで次の『手紙』ですが、まず前曲からのクロスフェードが実に巧み。そしてこれは次曲の後日談に相当する楽曲ということで、ポジションとしては「繋ぎ」の役割を担っている小品なのですが、美しく優しく切ないピアノ+アコギによる上質なバラードであります。

 

 サビメロがまんまドレミファソラシドな『ありふれたLove Story~男女問題はいつも面倒だ~』は、タイトルが示す通り普遍的なラブソングを皮肉っているものの、楽曲自体は割りと落ち着いたミドルポップスで、本作中では安心して聴ける部類のナンバー。終盤で「一切合切飲み込んで未来へと進め」と歌っていますが、この曲の後日談にあたる前曲では「今でも会いたくて 寂しすぎて愚かな自分を恨みもするけど」と 思っきし未練タラタラ。全然 一切合切飲み込めてないやんっていう。

 

 『名もなき詩』は、私的に 本作のみならず ミスチルの全楽曲の中でも最も気に入ってる超絶名曲。和久井映見くっそ萌えドラマ『ピュア』主題歌…というトコから独り歩きしてしまった感がありますが、ドラマのストーリーや 和久井映見が演じたヒロイン 優香のキャラクター性などとシンクロしてる箇所がチラホラあります。至る所での押韻や言葉の詰め込み、それに伴うEメロでの早口などで歌メロをメロディアスかつスムーズに聴かせる桜井鉄板のテクが始終冴え渡っているし、間奏以降の盛り上がりも絶品すぎるし、コバタケのアレンジも含めてミスチルを司るスタンダードな要素がいちいちフルスロットルしちゃってるという感じがしますな。

 

 『花 -Memento-Mori-』は、殺風景なサウンドスケープの中で希望を見いだすフレーズが光る佳曲。「救いの歌は聴こえちゃこないさ」と投げやり気味にマシンガンをぶっ放す傍ら、それならばと自身で救いの歌を歌う。救いの歌が聴こえないなら自分で歌わなしゃあないやないかと。当時はそれほどまでに精神的に追い詰められてた、ということなのかしらん。

 

 ぶっちゃけこのアルバムよりも暗くて重いアルバムなんて他にも沢山あるし、各所の評判を踏まえた上で聴くと「思ってたよりは取っつきやすい」ってなるとは言いましたけど、通しで聴くとやっぱり心は荒んでくるし、 終盤に『花 -Memento-Mori-』を持ってきたところで救われたような気持ちにはならん。まあそれでもこれは名盤ですよ。いや、「だからこそ」の名盤かな。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です