アルバム感想『ゼイタクビョウ』 / ONE OK ROCK

ゼイタクビョウ
『ゼイタクビョウ』 / ONE OK ROCK
2007.11.21
★★★★★★★☆☆☆

01. 内秘心書 ★★★★★★★★☆☆
02. Borderline ★★★★★★★★☆☆
03. (you can do)everything ★★★★★★★☆☆☆
04. 夜にしか咲かない満月 ★★★★★★★☆☆☆
05. 努努-ゆめゆめ- ★★★★★★★★☆☆
06. カゲロウ ★★★★★★★★☆☆
07. Lujo ★★★★★★★★☆☆
08. ケムリ ★★★★★★☆☆☆☆
09. 欲望に満ちた青年団 ★★★★★★★★☆☆
10. エトセトラ ★★★★★★★☆☆☆
11. A new one for all,All for the new one ★★★★★★☆☆☆☆

 

スポンサーリンク



 

 今 日本で最も勢いがあるといっても過言ではない4人組ロックバンド・ONE OK ROCKのメジャーデビューアルバム。

 演ってることは直線的なエモロックがメインで時々オルタナやミクスチャー系の楽曲が顔を覗かせることも。ちなみに当時のメンバーの平均年齢はまだ19歳。そんなこともあり、全体的に青いっす。デビューシングル曲でもある1曲目の『内秘心書』を再生した瞬間から青臭さで溢れてますよ。

 

 2007年の時点で演奏力も熱量も十分ではあるものの、これといって特に目立った見せ場があるわけでもないし、粗削りでサウンドプロダクションもあまりよくはないので、演奏に関してはさほど惹きつけられはしなかったんですけど、メロディはこの頃から良いものが多い。

 

 歌詞は、大人への不信感や反抗心を剥き出しにした サイレントマジョリティーの代弁者的なものだったり、彼ら自身を含めた孤独なドリーマーを鼓舞するようなものだったり、いかにも中高生向けって感じのものがほとんど。そこをターゲットにしたというより、これが当時の彼らにとって等身大でリアルな言葉だっただけってことだと思うけど、それはつまりガチで中二病を患っていたということですね。

 

 『カゲロウ』を最初聴いたときは驚きましたけどね。大きく括りゃこれも中高生向けってことになるんですけど、少女漫画というかラノベというかケータイ小説というかそんな感じのラブソングで、いわゆる青春まさかりってやつですわ。ていうか「別にって態度で話流したり」の件は当時の沢尻エリカちゃん意識か何か?

 あとこれエモロックっちゃエモロックだけど、なんかガールズバンドがやってそうな感じの曲なのよね。糖分多めのメロディアスな歌メロ、そしてそれをなぞるTakaのあどけなさ残るボーカルがなんともくすぐったいわけですが、表現力がまだ足りておらず、声自体もまだ成熟していないこの時だからこその旨味が出ている曲だなって感じがしますね。今じゃもう歌えないなこれは。

 

 『エトセトラ』も歌詞が凄いです。どう見ても加藤ミリヤじゃねーかと。曲そのものは良さげなんですけどねえ、演奏の厚みやボーカルの迫力・表現力が追い付いてない感じがするんですよね、曲が欲しているであろうレベルに。歌詞が加藤ミリヤ風情だから音がフレーズのインパクトに負けちゃってる感があるというか。MVはなかなか迫力があるんですけどね、それと併せて見聴きすると余計に物足りなさを感じてしまうっていう。

 

 爽快な疾走サウンドに乗せて若造の胸の内を吐露した『内秘心書』『Borderline』のようなエモロックや本作唯一の疾走ハードロック『Lujo』の他にも、ファンキーで
ダンサブルな『努努-ゆめゆめ-』とか、NEWS時代の自身を清算してこのバンドに人生を賭けてることが窺えるキャンプファイアーソング『欲望に満ちた青年団』とか、本作中ではイレギュラーにあたる楽曲もなかなか良い。ちなみに『欲望に満ちた青年団』は山本彩ちゃんの1stツアーの開演前のSEで流されていたことがありました…どうでもいいかこんな情報。

 

 色んな意味での10代らしさが詰まっており、そしてこの時点でさっそくワンオクらしさの基礎が既に固まっていたことが窺えるアルバムであります。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です