アルバム感想『人生×僕=』 / ONE OK ROCK

人生x僕=(初回盤)(DVD付)
『人生×僕=』 / ONE OK ROCK
2013.3.6
★★★★★★★★☆☆

01. Introduction ~Where idiot should go~
02. Ending Story?? ★★★★★★★★☆☆
03. ONION! ★★★★★★★★★☆
04. The Beginning ★★★★★★★★☆☆
05. Clock Strikes ★★★★★★★☆☆☆
06. Be the light ★★★★★★★☆☆☆
07. Nothing Helps ★★★★★★★☆☆☆
08. Juvenile ★★★★★★★☆☆☆
09. All Mine ★★★★★★★★☆☆
10. Smiling down ★★★★★★★★★☆
11. Deeper Deeper ★★★★★★★★★☆
12. 69 ★★★★★★★★☆☆
13. the same as… ★★★★★★★★☆☆
Secret Track. ONE OK ROCK劇場 ★★★★★★★★★☆

 

 約1年半ぶりにリリースされた6thアルバム。ここでもまた セールスやチャートアクション面でさらなる飛躍を遂げたようです。

 前作ではこれまで(特に前々作)よりも洗練されたと同時に落ち着いてしまった感がありましたが、今は洗練ぶりはそのままに前々作の目ん玉血走った的なヒリヒリ感とはまた違った方向でのアップデートを果たしてます。各メンバーの成長だけでなく、ミキシングやサウンドプロダクションの向上なども手伝ってサウンドの奥行きやスケール感が向上した感じが。

 

 あと、この辺りから海外のトレンドに則った打ち込みを絡めてくるようになったのも特徴的で、それが単純にカッコ良かったり、グルーヴ感の加味に繋がってるものもあったり。んで今考えてみると、この作品あたりが、中二病を患っていた頃のワンオクと海外市場への意識が表面化したワンオクが比較的 偏りなくブレンドされていた時期だったかなって。

 といってもこの時点で既に後者のほうが多めに配分されてるんで、初期~『Nicheシンドローム』あたりまでの彼らこそがワンオクと信じて止まない人の中には違和感や苦手意識を感じてる人も多いかも。

 

 張り詰めた緊張感の中で開幕する『Ending Story??』、打ち込みを混ぜつつもドラム演奏が躍動感とパワフルさを兼備して炸裂している『ONION!』、情熱を滾らせながらもクール&スマートな佇まいの疾走アップ『The Beginning』、上物はお馴染みのワンオク節ながら 淡泊で無機的なリフが軸となっている『Nothing Helps』、打ち込みを絡めたことで重みある演奏の中でチャラいノリと余裕シャクシャク的軽やかな振る舞いがを打ち出した『Deeper Deeper』など、これまでのワンオクにアップデートとプラスアルファが重なったような楽曲が多く、いずれもカッコいい仕上がり。

 

 あえてヴァースにメロディを乗せることを放棄し演説をぶち込んだマニフェストナンバー『69』も曲自体は前述の楽曲群と同様の類で、英語詞偏重になっても根本はやはり以前からのワンオクのまんまだなということが窺えます。中二病を患ったまま大人になっちまった的な演説で。ちなみに、演説パートに関しては全て日本語です。

 

 外タレ感丸出しのシンガロング発動ロッカバラード『Clock Strikes』、サウンドプロダクションがより一層クリアになったことでメロディの美しさや歌声に潜む繊細さが際立った『Be the light』、バンド演奏をセーブしてピアノ+チェロで臨んだ『All Mine』、ダイナミズム溢れる演奏と歌謡メロで惹きつける『Smiling down』といったバラード群も軒並み出色。

 

 そして恒例の隠しトラック『ONE OK ROCK劇場』。前々作から始まっている学園モノの続編ですが、アルバム本編と同様こちらもおふざけのアップデートがされていて相変わらず面白いし最後のキャンプファイアーソング的なやつもいい。

 

 これは良いアルバム。海外市場向けに完全シフトされた今のワンオクを聴きこんだ今あらためて聴いてもカッコいいし、物足りないと感じるところもないし。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です