アルバム感想『LOVE PUNCH』/ 大塚愛


『LOVE PUNCH』/ 大塚愛
2004.3.31
★★★★★★★★☆☆

01. pretty voice ★★★★★★★★☆☆
02. 桃ノ花ビラ ★★★★★★★★★☆
03. さくらんぼ ★★★★★★★★★☆
04. GIRLY ★★★★★★★☆☆☆
05. 雨の中のメロディー ★★★★★★★☆☆☆
06. しゃぼん玉 ★★★★★★★★★☆
07. 石川大阪友好条約 ★★★★★★★★☆☆
08. 片想いダイヤル ★★★★★★★★★☆
09. ハニー ★★★★☆☆☆☆☆☆
10. 甘えんぼ ★★★★★☆☆☆☆☆
11. Always Together ★★★★★★★★☆☆

 

 

 

 大阪出身の女性シンガーソングライター・大塚愛ちゃんの1stアルバム。

 ざっくり言っちゃうと2000年代版ガールポップって感じですね。自身のキュートなビジュアルを活かしつつ、キャッチーなメロディ、過去のヒット曲に非常に忠実に倣った曲構成、合いの手などのカラオケ映えしそうな要素の注入と、とにかく売れること、大量に消費されることを多分に意識して制作されたことが見てとれるラインナップ。

 

 特に『さくらんぼ』は凄いっすよね。今挙げた要素がまんべんなく活用されてるし、「イェイッ!」だの「もう一回!」だの あざといまでにカラオケ映え要素がめいっぱい散りばめられてるし、萌え要素はあれどさほど強烈ではなく、彼女のボーカルも可愛げはあるけどロリロリしてる感じは特にないというキュートさの配分が実に絶妙。

 

 

 疾走感ある景気の良いポップロック『pretty voice』、沖縄民謡とレゲエを混ぜてキュートなポップソングとして落とし込んだ『桃ノ花ビラ』、スキップ感覚のノリで弾けるポップロック『GIRLY』、陰気なミドルバラード『雨の中のメロディー』、美メロが本作でもとりわけ絶品すぎるノスタルジックで儚げなミドルバラード『しゃぼん玉』、RIP SLYMEよりもさらにユルくポップに寄ったパチもんヒップホップ『石川大阪友好条約』、まるでキキララのような世界観のガーリーな胸キュンデジポップ『片想いダイヤル』、ほんわかしすぎな『ハニー』、甘々すぎて全身痒くなっちゃいそうなバラード『甘えんぼ』、温かみある大団円的バラード『Always Together』と…

 

 

 楽曲一つ一つを取り上げてみてもアルバム全体を俯瞰しても標準ラインど真ん中のJ-POPをしっかり貫いてます。サウンドプロダクションが可もなく不可もなくなのも含めて、本当にエイベックスのイメージそのまんまのアルバム。なんて言うとあまり聞こえは良くないかもしれないけど、本人が売れ線にしっかり照準をあてて制作してるのは間違いないし、それがちゃんと狙い通り及第点に達した上で完成されてるし、セールス的にも好成績を収めたんだから そりゃもう立派なもんですよ。実際私は今でもたまにこのアルバム聴きたくなったりするし。良い作品です。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です