アルバム感想『LOVE FANTASTIC』/ 大塚愛

LOVE FANTASTIC (CD+DVD)
『LOVE FANTASTIC』/ 大塚愛
2014.7.16
★★★★★★★☆☆☆

01. LOVE FANTASTIC ★★★★★★★★☆☆
02. モアモア ★★★★★★★☆☆☆
03. LUCKY☆STAR ★★★★★★★☆☆☆
04. CHU×CHU ★★★★★★★☆☆☆
05. ごめんね。 ★★★★★★★★☆☆
06. マワリ廻るマワレバ回ろ ★★★★★★★☆☆☆
07. ライライ ★★★★★★★☆☆☆
08. アクション10.5 ★★★★★★★★★☆
09. 9 ★★★★★★★★☆☆
10. ゾッ婚ディション ★★★★★★★☆☆☆
11. I love ××× ★★★★★★★☆☆☆
12. Re:NAME ★★★★★★★☆☆☆

 

 

 

 前作『LOVE LETTER』から約5年半ぶりという どこぞの外タレばりに長っげーブランクを経てリリースされた、大塚愛ちゃんの6thオリジナルアルバム。

 長いブランクがあった割りに 作風はこれまでとさほど大きな変化がなかったことにちょっと驚き。もっと落ち着いた感じというか 全体的に しっとりまったりと大人しめな感じなるのかなと思ってたんですけどね。

 

 開放的かつ躍動的なポップソング『LOVE FANTASTIC』、横ノリブラスポップ『モアモア』、露骨な性的スメルを嫌味のないチャーミングさでカバーした至近距離なラブソング『CHU×CHU』、バックトラックがやけにラウドなロストラブバラード『ごめんね。』、海中をたゆたうイメージの浮遊ミドルスロー『マワリ廻るマワレバ回ろ』、スペーシーなデジタルポップス『アクション10.5』、浮遊感を有した ちょっとディスコティックなポップス『9』など、ここに収められているアルバム曲は、ガチなファンでなくても「あーこれマジ大塚愛っぽい」と感じる楽曲ばかり。で、着地点が絶妙なんですよね。全盛期ばりのテンションと可愛らしさを押し通すなんて無茶はせず、振る舞いはいずれの楽曲も割かし自然体に近い感じだし、アレンジも薄味にならず、かといって やたらド派手に着飾ったりなんてこともないし(『ごめんね。』のバックはちょっとうるさいけど)。

 

 

 曲の出来にしても、名曲と言いたくなるようなものはないけど、まあまあ好感触。ボーカルは、『LOVE FANTASTIC』での歌唱がちょっと鼻詰まりっぽいとか、『ライライ』などでのファルセットが苦しそうとか、ちょいちょい難点はありましたけど、思ってたよりも「大塚愛」を堅持していて良かったです。

 

 ビジュアルやキャラに関しても同様。ちょっと前に「さんまのまんま」で大塚さんを観たんですけど、やっぱり大塚さんは大塚愛でしたよ。可愛い顔して中身は結構ババ臭い感じの人ですからね、あんま年喰ったな~って感じはなかったっすね。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です