アルバム感想『TAKE☆OFF』/ ぱすぽ☆

TAKE☆OFF
『TAKE☆OFF』/ ぱすぽ☆
2010.12.8
★★★★★★★☆☆☆

01. Let It Go!! ★★★★★★★★☆☆
02. GPP ★★★★★★☆☆☆☆
03. Go On A Highway ★★★★★★★★☆☆
04. Pretty Lie ★★★★★★★☆☆☆
05. 無敵GIRL ★★★★★★☆☆☆☆
06. BREAK OUT!! ★★★★★★★☆☆☆
07. LA LA LOVE TRAIN~恋の片道切符~ ★★★★★★★☆☆☆
08. ハレルヤ ★★★★★★★☆☆☆
09. 夏空ダッシュ ★★★★★★★★★☆
10. 夢パスポート ★★★★★★★★☆☆
11. サクラ色 ★★★★★★☆☆☆☆

-Bonus Track-
12. Let It Go!!(ピアノVer)★★★☆☆☆☆☆☆☆
13. Let It Go!!(オルゴールVer)★★★☆☆☆☆☆☆☆
14. サクラ色(ピアノVer)★★★★★★★★☆☆

 

 

 10人組女性アイドル、ガールズロックユニット・ぱすぽ☆がインディーズ期にリリースしたアルバム。

 

 「みんなで踊れるロック」を音楽性として掲げており、本作以降もずっとこの姿勢は貫徹されていますが、この時期の楽曲の大半は、ギターサウンドを前面に出し、激しい打ち込みリズムを導入したロッキッシュなアイドルポップスといった感じ。
 ゆえに、ロック色はさほど強くはなく、アレンジも薄味で個性に乏しいし、ぶっちゃけ「ガールズロックユニット」「みんなで踊れるロック」と謳うには色々とまだまだ弱いなといったところ。
 さらに言うと、バリエーションもそんなに広くはないです。『LA LA LOVE TRAIN~恋の片道切符~』でちょっとサンバっぽいリズムが敷かれてるとか、ほんとにその程度の違った味付けがあるくらい。
 ただ、当時からメロディセンスは割かし良質でキャッチー、ボーカルにしても目立った不安定さや破綻もなく 溌溂としていて好感触。

 



 本作、そして当時のぱすぽ☆の代名詞的な爽快アップナンバー『Let It Go!!』、限りなくスフィアに近いロッキッシュなアイドルポップス『夏空ダッシュ』、シャッフルビートのダンサブルアップ『夢パスポート』が私的には特に良かった。『サクラ色』はメロディの美しさだけとれば本作随一。でもこれはロッキッシュなアプローチ、特にギターサウンドでせっかくのメロの美しさを台無しにしちゃってて、そこが勿体ないっす。この曲に関してはボートラ収録のピアノVerのほうが良さげ。

 

 楽曲だけで多くのリスナーを惹きつけるほど求心力が備わってるとは言い難いけども、私的にはまあまあいい感じ。スフィアが好きな人は聴いてみてもいいかも。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です