アルバム感想『CHECK-IN』/ ぱすぽ☆

CHECK-IN(初回限定盤)(DVD付)
『CHECK-IN』/ ぱすぽ☆
2011.12.7
★★★★★★★★☆☆

01. Boarding ※※※※※※※※※※
02. 少女飛行 ★★★★★★★★☆☆
03. キス=スキ ★★★★★★★☆☆☆
04. Hello ★★★★★★★★☆☆
05. Street Fighter ★★★★★★★☆☆☆
06. Turn Around ★★★★★★★★★☆
07. マテリアルGirl ★★★★★★★★☆☆
08. ウハエ! ★★★★★★☆☆☆☆
09. Starting Over ★★★★★★★★☆☆
10. ViVi夏 ★★★★★★★★★☆
11. じゃあね… ★★★★★★★★★☆
12. ハカナ ★★★★★★★★☆☆
13. ROCK DA WEEK ★★★★★★★★☆☆
14. See You Again ★★★★★★★★★☆
15. 晴れるよ ★★★★★★★★☆☆

 

 

 2011年5月に『少女飛行』でメジャーデビューし、無名のアイドルながら いきなりオリコン週間チャート初登場1位という偉業を相当なムチャをして成し遂げたりなんてことがあった後にリリースされたメジャー1stアルバム。

 

 ぶっちゃけ演ってることは前作と大して変わんないっす。今回も、激しい打ち込みを下地とし ギターサウンドが前面に出たロッキッシュなアイドルポップスが基軸となってますが、曲の出来は総合的にこっちのほうが上。アレンジがほぼ無味無臭に近かった前作に比べれば、こっちは色分けやトーンの違いなども出せているし、ほんとに若干レベルですけど振れ幅が広がり、かつ全体の流れ的に緩急がついていて、アルバムそのものの印象としても前作より良くなってます。

 




 『Let It Go!!』に代わり 彼女たちの新たな代名詞ソングとなった 空高く突き抜けるような感触のアップナンバー『少女飛行』、ハイテンションなアイドルポップス『Hello』、どこか影を帯びたクールなミドルポップス『Street Fighter』、ZONE+スフィアといった印象の『Turn Around』、本作で最も活発少女なロッキッシュアップ『マテリアルGirl』、開放感、爽快感、軽快さをバッチリ押さえた ダンサブルなロッキッシュアップ『ViVi夏』、本作ではちょっと異色のファンクナンバー『ROCK DA WEEK』など、アクティブなナンバーはいずれもいい感じですが、今作に関しては、明るくもちょっぴり切ないキラキラエモーショナルアップ『じゃあね…』、ちょいと凛々しさを覗かせた裏打ちミドルアップ『ハカナ』、サビのハイトーンで切なさをより倍加させるミドルナンバー『See You Again』、ラストナンバーらしい夕暮れミドル『晴れるよ』といった 胸をくすぐる切ないメロディが映える曲のほうが好感触。

 

 難を言うなら、曲数が多めってことと、生演奏にしたほうがより曲の魅力が引き出されるものあるし、アルバム全体におけるやや画一的な印象の回避にも繋がるんじゃないかなあってことかな。キャビンアテンダントを意識したようなコンセプトもアルバムには特に盛り込まれてませんが、楽曲は粒ぞろい。流れもまあ良き。ゆえに良作。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です