アルバム感想『One World』/ ぱすぽ☆

One World(初回限定盤)(ファーストクラス盤)(DVD付)
『One World』/ ぱすぽ☆
2012.11.14
★★★★★★★★★☆

01. Departure ★★★★★★★☆☆☆
02. Next Flight ★★★★★★★★★☆
03. Final Vision ★★★★★★★☆☆☆
04. Love Diary ★★★★★★★★☆☆
05. WING ★★★★★★★★★★
06. WANTED!! ★★★★★★★★★☆
07. 夏空HANABI ★★★★★★★★☆☆
08. 君は僕を好きになる ★★★★★★★☆☆☆
09. 2DAYS ★★★★★★★★★☆
10. Tap My Toe ★★★★★★★★☆☆
11. Pock☆Star ★★★★★★★★★☆
12. ピンクのパラシュート ★★★★★★★★☆☆
13. 君色のサンバ ★★★★★★★★☆☆
14. With XXXX ★★★★★★★★☆☆
15. Dear My Friends ★★★★★★★★☆☆

 

 

 約11ヵ月ぶりとなる2ndアルバム。9人組ユニットとなってからは初となるアルバムリリースとなります。

 

 前作までとは明らかに感触が違います。「世界中のロックを歌うエアライン3部作」なるコンセプチュアルなシングルリリースを機にロック色が一気に強まりました。楽曲の質を落とすことなく、それまで打ち込みだったものをほとんどの楽曲で生演奏に切り替え、メンバーのボーカルもパワーを増したことで、「ガールズロックユニット」の名に恥じぬアイドルに成り上がり、「みんなで踊れるロック」の名に違わぬアルバムを見事に作り上げておりば。礎となっているのは相も変わらずアイドルポップスで、ロック色を強めながらもアイドル要素は減退せずに絶妙なバランスを保ってるのが良いっすな。

 




 

 アイドル感皆無のダイナミックなLAメタルサウンドをバックに 勇ましく溌剌とした歌唱を響かせる『Next Flight』、耽美性を纏ったブレイブリーなハードロック『WING』、DOES+SCANDALってな感じの『WANTED!!』、JITTERIN’ JINN『夏祭り』の系譜を継いだ 和風パンクナンバー『夏空HANABI』、仄かに熱い歌メロ、大陸的な広がりを魅せる 清々しいギターサウンド、生々しく躍動するドラミングが心地よく胸に響くミドルナンバー『2DAYS』、ゴリゴリのリフで爆走する 本作中でも特に攻撃力が高いハードロック『Pock☆Star』、カラッとしたストレートな青春パンク『Dear My Friends』あたりがロックの割合が比較的高めなナンバーなんですけど、彼女たちのボーカルが乗っかるとちゃんとアイドルっぽくなるんですよね。カッコよさとかパワフルさとかを損なうことなく。

 

 ギターソロによる前半とホイッスルによる後半の二部構成となっている間奏でもロックとアイドルの要素を混在させているハネモノ系アップ『Love Diary』、単なる反復に終止せず 徐々に熱を高めていく演奏や 要所要所で変化をつけているボーカルワークが耳を惹くダンサブルナンバー『Tap My Toe』、可愛さアピールばっちりな疾走ピコピコロック『ピンクのパラシュート』といったアイドル寄りのナンバーも軒並み良い出来。生演奏が楽曲に有用してるし、ボーカルの表現力が向上したからか、前作までの楽曲よりもアイドル感がアップしてやがる。

 

 

 

 青春まさかり爽快アップ『君は僕を好きになる』、感傷的なメロディが胸にグッと来るミドルナンバー『With XXXX』は、エアライン3部作より前にリリースされた楽曲。ということで、前作の作風をまんま継承した打ち込みスタイルです。いくらロック色が強くなったっつっても、前述通り あくまでアイドルポップスが礎となってるアルバムなので、アクセントになってると とれんでもないか。まあそれ言ったら、まっさらな新曲のシャッフル系ダンスナンバー『Final Vision』も打ち込みスタイルの楽曲だし。

 

 ひとつ贅沢を言わせてもらうと、シングル3部作でようやくユニットのコンセプトを本格的に活かすようになったんだから、アルバムでもその流れを汲んだアプローチを魅せてほしかったなと思いました。通しで聴いて多国籍感を満喫出来るアプローチっていうんですかね。本作だと『君色のサンバ』で見事にそれを実行してるじゃないですか。ラテン風味の哀愁漂うギターサウンドとトロピカルな鍵盤の音色が南国をイメージさせる佳曲ですよ。

 

 ガールズロックユニットとして本格的な第一歩を踏み出したことが窺える一枚。素晴らしい!ていうかこのアルバム、間違いなくスタジオミュージシャンが演奏で参加してるはずなのに、なんでそういうクレジットの記載が一切ないんだ?あと、ジャケ裏に曲番の誤植(01.Final Vision→正しくは03.Final Vision)がありますけど、これはファーストクラス盤のみの仕様っすか?

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です