アルバム感想『COSMIC EXPLORER』/ Perfume

COSMIC EXPLORER
『COSMIC EXPLORER』/ Perfume
2016.4.6
★★★★★★★★☆☆

01. Navigate
02. Cosmic Explorer ★★★★★★★★★★
03. Miracle Worker ★★★★★★★★★☆
04. Next Stage with YOU ★★★★★★★★☆☆
05. STORY ★★★★★★★☆☆☆
06. FLASH (Album-mix) ★★★★★★★★☆☆
07. Sweet Refrain (Album-mix) ★★★★★★★★☆☆
08. Baby Face ★★★★★★★★☆☆
09. TOKIMEKI LIGHTS (Album-mix) ★★★★★★☆☆☆☆
10. STAR TRAIN (Album-mix) ★★★★★★★☆☆☆
11. Relax In The City ★★★★★★★★★☆
12. Pick Me Up ★★★★★★★★☆☆
13. Cling Cling (Album-mix) ★★★★★★★★☆☆
14. Hold Your Hand ★★★★★★★☆☆☆

 

スポンサーリンク



 

 前作から約2年半ぶりとなる6thアルバム。

 ということで、だいぶ久々となる作品なのですが、これといって特に真新しい音を鳴らしているという感じはなく、それどころかサウンドの方向性的にも前作との大きな差異はありません。

 基本的には 鋭利で厚みのあるハードなデジタルサウンドと キャッチーな歌メロを備えたポップスとのハイブリッド。曲によっては、エッジの効いた音を採用していながらも、ポップだったりコミカルだったり有機的だったりと ハードさとは対照的な音色を取り込むことで相対的な柔らかさを演出しています。

 

 フックに歌メロを宛がわない『Cosmic Explorer』、メロが1つしかない『Miracle Worker』、メロが2つだけで そのうち一つはコーラスを軽く乗っけてるだけの『Next Stage with YOU』と、序盤の3曲はハードなデジタルサウンドを鳴らしつつも、”Aメロ→Bメロ→サビ(Cメロ)”という日本の歌謡ポップスのマナーを破り歌メロに依存しない曲展開を繰り広げていながらも思っきしキャッチーでポップに聴こえるという ystkサスガの手腕が発揮されておりば。

 個人的にはここがハイライトで、『Cosmic Explorer』の「ぅう~うう~ううううう~うう~ううううう~うう~鵜々々々々~鵜々~♪」と『Miracle Worker』の「ふぅ~鵜々々~♪」というちょっとしたコーラスワークが萌え萌えなのも何気に高いポイント。

 

 本作で唯一フロア仕様に特化した硬質でスペーシーな広がりをも有した『STORY』、思っきしエレクトロコーティングを施していながら和風メロを携え風雅な薫りを漂わせた『FLASH』きゃりーぱみゅぱみゅ風情の楽曲をバッキバキにコーティングしたも同然な『Cling Cling』というハードな質感のものも、ハンドクラップを取り込み音数控えめでシンプルに仕立てた作風と お姉さん気取りな歌詞が新鮮な『Baby Face』、大仰なアプローチに着手せずスケール感と終わりなき旅路感を醸成している『STAR TRAIN』、打ち込みのダンサブルなリズム感と歌メロの弾んだグルーヴ感が優しげで爽やかな音色と相俟って心地よい『Relax In The City』という柔らかなタッチのものも粒が揃っている上にアルバム全体の流れもいい。

 

 『TOKIMEKI LIGHTS』は単体だと可もなく不可もなくって感じだけど、流れ的にはまああったほうがいいかなって感じだし。
 あと『Sweet Refrain』はアルバムミックスもいいけど、重低音が効いてる分オリジナルテイクのほうに軍配があがるかな。Bメロのブーストしたシンセベースとかカッコいいですからね。

 

 とっつきやすさと刺激のバランスとしては全パフュ作の中でもこれが最もニュートラルに近い位置づけかも。私的には これよりも幾分 刺激が強めな『GAME』のほうが好みだけど、このアルバムもなかなか。力作であります。てゆーか、とにかく『Cosmic Explorer』が名曲すぎる。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です