アルバム感想『pure elements』/ RO-KYU-BU!

RO-KYU-BU! 1st Album 「pure elements」
『pure elements』/ RO-KYU-BU!
2011.10.5
★★★★★★★☆☆☆

01. ギンギラ☆エール ★★★★★★★★☆☆
02. SHOOT! ★★★★★★★★★☆
03. フリースローなLOVEにしてくれっ ★★★★★☆☆☆☆☆
04. ね、コンビニでアイス買ってこ。 ★★★★★★★☆☆☆
05. ギャオす!!!!! ★★★★★★☆☆☆☆
06. だいすき コネクション ★★★★★★★☆☆☆
07. 空想ドラマチックガール ★★★★★★★★★☆
08. Party Love~おっきくなりたい~(Album ver.)★★★★★★★☆☆☆
09. You&I ★★★★★★★★★★
10. RO-KYU-BU! ★★★★★★★☆☆☆

 

 

 声優アイドルユニット(と言っていいのか?)RO-KYU-BU!の1stアルバム。ネッサとか秋山澪ちゃんとかインデックスさんとかラストオーダーとか初音ミク-Project DIVA-でモーションやってる子とかが居るユニットですね。

 

 「ユメじゃないか!」「アイじゃないか!」というサビメロから、第2期イカ娘OP曲なるタイアップをスフィア(正確にはミュージックレイン?)と争奪した結果、惜しくも敗れてしまったという勝手な想像をしてしまうロッキッシュなアイドルポップ『ギンギラ☆エール』、ラップパートはPVを観ないと誰がどこを担当してるのかサッパリわかんねえっていう(私的にこのラップはアリだと思います)非エイベックスなデジタルポップス『SHOOT!』、本当は★10個つけたいくらいの佳曲なのにサビメロで頸椎がズレたかの如く不自然な繋ぎ目があってマジありえねー!な事態になっちゃってる不良品トラック『フリースローなLOVEにしてくれっ』、「恋は永遠じゃない」だの「終わってゆく今日がすこし懐かしい」だの、小学生にしてはいくらなんでも老成しすぎじゃね?っていう、感情の起伏激しめソング『ね、コンビニでアイス買ってこ。』、ヲタ芸に手を出さず ちゃんと指定された席でマナーを守って正しくハイテンションではっちゃけてる、といった印象のアップナンバー『ギャオす!!!!!』、ポップに落とし込んだ電波系サウンドとロリ系ヴォーカルの組み合わせに間違いはないという好例ともいえるナンバー『だいすき コネクション』、”中高生の初恋ストーリー in カントリー” なエロゲ的シチュエーションが容易に浮かんでくるピュアネスソング『空想ドラマチックガール』、ざーさん&あいりちゃんへの当てつけとしか思えんハイテンションナンバー『Party Love~おっきくなりたい~』、熱く切ない青春メロディとサビ内転調が異常に冴えてる fripSide八木沼先生提供ナンバー『You&I』、ギターサウンドがギンギン効いた青春まさかりのアイドルロック『RO-KYU-BU!』と、声優アイドルユニットらしい曲しか入ってない超ジャストな一枚となってます。

 

 アニメ「ロウきゅーぶ!」から発信されたユニットだけあって、楽曲や歌詞は5人の声優さんにではなく、作品に登場するキャラやストーリー、世界観と何かしらのカタチでリンクした内容になってます。割合としてはスポコン成分よりロリータ成分のほうが多めですが、やっぱりこのアルバムのハイライトはスポコン成分に該当する『You&I』でしょう。「八木沼先生、そんなめっちゃイイ曲が書けるならfripSideで演ってくださいよ!」と言いたくなるほどの出来栄えで、シングルとして切らなかったのは販売戦略として正しい判断だと思います。『SHOOT!』はすごく気に入ってるけどまだ買ってないやって人は、シングルをスルーしてアルバムをとったほうが絶対いいっすよ。『You&I』を聴くためにも。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です