アルバム感想『LIGHT>DARKNESS』/ RYUJI IMAICHI


『LIGHT>DARKNESS』/ RYUJI IMAICHI
2018.8.1
★★★★★★★★★☆

01. INTRO ~LIGHT>DARKNESS~
02. Catch my Light ★★★★★★★★☆☆
03. LOVE THIEF ★★★★★★★★★☆
04. Angel ★★★★★★★★★☆
05. THROWBACK ★★★★★★★★★★
06. Diamond Dance ★★★★★★★★☆☆
07. Interlude ~RILY~
08. ONE DAY ★★★★★★★★★☆
09. Alter Ego ★★★★★★★★☆☆
10. Out of the Darkness ★★★★★★★★★☆
11. Trick World ★★★★★★☆☆☆☆
12. SHINING / RYUJI IMAICHI feat. Ne-Yo ★★★★★★★★☆☆
13. LOVE HURTS / RYUJI IMAICHI feat. Brian McKnight ★★★★★★★★☆☆
14. Thank you ★★★★★★★☆☆☆

 

 

 

 三代目J Soul Brothersのボーカリスト・今市隆二がRYUJI IMAICHI名義でリリースした初のソロアルバム。
 本作よりも先にリリースされた三代目のアルバム『FUTURE』に収録のソロナンバー全曲に新曲8曲をプラスした作品ということで、公式では「コンプリート・アルバム」と称しているようです。

 

 R&Bやファンク、ソウルなどのブラックミュージックに重点を置いたラインナップであります。そして作家陣がまた豪華!STY、T.Kura、T-SK、TAKANORI(LL BROTHERS)・ALLY、JAY’ED、Ne-Yo、Brian McKnight、The Weekendなどを手掛けたイランジェロ、ジャニーズやK-POP勢などへの楽曲提供でお馴染みのSteven Leeなど、国内外からこんだけのメンツが集っておりば。

 

 いやもう見事に私の期待に応えてくれました。こんなん絶対 三代目じゃ有り得ないことだし、本体は本体で良いんだけども、彼の歌い手としての真価を発揮するならやっぱこの路線でしょうと思ってましたからね。

 

 ブラスアレンジを盛り込んだゴージャスなファンクナンバー『Catch my Light』、煌びやかでスタイリッシュなダンスナンバー『LOVE THIEF』、ファンキーなカッティングギターに心浮き立つディスコティックアップ『Angel』と、序盤からすこぶる快調。やっぱこの手のサウンドだと、彼の歌唱における身のこなしの しなやかさがより顕著になりますな。

 

 

 STY提供の『THROWBACK』とかほんと最高!私の大好きなニュージャックスウィングを演ってくれちゃってる上に、このジャンルが特に隆盛を迎えていたアーリー90sあたりを思わせるヒット音をガンガン鳴らしちゃうとかマジ胸ときめく。チャーミー今市のボーカルも活きがいいし、こりゃ本作随一の名曲っしょ。

 

 そして、甘美なミドルスロー『Diamond Dance』では彼自身が作詞を手掛けています。「弾けるchampagne」だの「星達はお休み」だの「君がそこにいる 信じられる?奇跡を見ているみたい」だの、花ゆめ系少女漫画のようなフレーズを自身で綴り、それを臆面なくスウィーティーに歌い上げるチャーミー今市。この男マジで天然ロマンチスト。ガテン系イケメンのツラしてこんなん歌ってるから萌え萌えせずにはいられんのよな。

 

 ほんで後半。「inspired by エリック・ベネイ」なソウルナンバー『ONE DAY』は、ジャズアレンジも然ることながら、彼の甘く艶やかなファルセットが耳を惹きます。かなりハードルの高いチャレンジですけど、色男の素振りで聴き手を魅了しにかかっていて これもいい感じ。つーかブリッジパートの「I could trade all~」がどう聴いても「赤ちゃん」にしか聴こえんのですけど。こんな上品な香りが立ち昇るトラックで一体何歌ってやがんだチャーミー今市よ!

 

 

 アンビエントなアプローチに臨んだR&Bナンバー『Alter Ego』、80sタッチの音触りとトレンド感が交錯した ミステリアスなミドルアップ『Out of the Darkness』、トロピカルハウスを取り入れた開放感と清涼感に溢れたアップナンバー『SHINING / RYUJI IMAICHI feat. Ne-Yo』と、後半のナンバーも軒並み好感触。

 

 

 ただ『Trick World』だけはちょっと。根幹となっているのがヒロイックなダンストラックなのですが、そこにフューチャリスティックなアレンジを被せちゃってるのが実にうざったい。まあブラックミュージックがメインのアルバムでヒーローもののアップナンバーを演られても、質の良し悪しに関わらず悪目立ちするのは目に見えてるし、それを演るなら案外 三代目本体のアルバムのほうがしっくりくるんじゃねーか?的な(適当)。

 

 

 徐々に盛り上がりを魅せるトラックと二人の歌唱でドラマティックさを醸成したバラード『LOVE HURTS / RYUJI IMAICHI feat. Brian McKnight』、彼のピュアさが浮き彫りになったオーソドックスなバラード『Thank you』はどちらも良きかな。

 

 R&Bへの愛情やこだわりが高い質を以て楽曲としてアウトプットされた素晴らしき一枚であります。そこに 三代目の作品以上にチャーミー今市節もしっかり刻み込まれていて、そんな細かいトコまで込みで私の高すぎる期待に見事応えてくれたことに我 感激。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です