アルバム感想『センチメンタルマキアート』/ シド

センチメンタルマキアート
『センチメンタルマキアート』/ シド
2008.2.20
★★★★★★★☆☆☆

01. 証言 ★★★★★★★★☆☆
02. 夏恋 ★★★★★★★★★★
03. 右手のスプーンと初恋とナイフ ★★★★★★★★☆☆
04. 蜜指~ミツユビ~ ★★★★★★★★★☆
05. 誘感コレクション ★★★★★★★☆☆☆
06. and boyfriend ★★★★★★★★★★
07. orion ★★★★★★★★☆☆
08. マスカラ ★★★★★★☆☆☆☆
09. smile ★★★★★★★☆☆☆
10. Dear Tokyo ★★★★★★★☆☆☆
11. 涙の温度 ★★★★★★★☆☆☆

 

 

 

 約1年3か月ぶりとなる4thアルバム。インディーズ発のオリアルはこれが最後になります。

 

 2nd『星の都』からシドを聴くようになった私でも 流石にこれはポップ過ぎるわと思いました。いい曲はいっぱいありますけども、アルバム一枚を通し聴きした時に何か物足りなさを覚えてしまうというか。ちょっと「マオにゃん」成分が強すぎるんじゃないかって気がする。そういうのは福神漬け程度の存在感で十分なのに、変拍子の叙情的ミドルロック『証言』、ジャジーでエロティックな歌謡ロック『蜜指~ミツユビ~』といった「らしさ」を打ち出せる曲・適性の高い曲が逆に申し訳程度にしか用意されてないのがちょっとな。

 

 

 とかなんとか言っときながら、本作で特に気に入ってる曲は『夏恋』『and boyfriend』というどちらもマオにゃん系のポップソングだったりするんですけど。同じ女性目線でも、陰湿レディコミ系ではなく、マーガレットや花ゆめといった少女漫画系の歌詞、そして バンド感を核にしながらその詞世界を音像化したファニーで胸キュンな楽曲。いつもぼっちで非リア充なわたしですが、こういう中高生のリア充ライフ的な楽曲が意外と好みなようで。そういうものに対する憧れみたいなもんがあるからなんでしょうか。

 

 

 他にも、ドロドロ系ハードロック『右手のスプーンと初恋とナイフ』とかラテン風味のダンスロック『誘感コレクション』、ブラスポップな『smile』、煌びやかなギターロック『Dear Tokyo』、ベッタベタな良質バラード『涙の温度』など、単品で聴けばいいものばっかなんですけどねえ、いざ寄せ集めてみたら汎J-POP的なアルバム、という感想に収束してしまうのがなんとも痛いです。アルバム単位で聴くよりも、一つ一つ摘み食いする聴き方のほうがいいかもしれません。

 

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です